外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【3分選考対策】三菱UFJモルガン・スタンレー証券(投資銀行部門)のインターン対策まとめ

目次

三菱UFJモルガン・スタンレー証券(投資銀行部門)インターンの2つのポイント

こんにちは、外資就活 金融チームです。

今回は代表的な投資銀行である三菱UFJモルガン・スタンレー証券(以下、MUMSS)の投資銀行部門のインターン選考を突破するための対策について、以下の2点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・自分の主張を簡潔かつ論理的にまとめる
・投資銀行業務への関心をアピールする

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」から抽出しています。

自分の主張を簡潔かつ論理的にまとめる

まず自分の主張を簡潔かつ論理的にまとめることが必要です。

MUMSSだけに限った話ではありませんが、投資銀行の選考は人事部ではなく現役のバンカー達が行うため、忙しい彼らの時間を出来るだけ奪わないスマートな回答がESや面接に求められるという事情があるためです。

また、能力を見る際にも彼らは端的に物事が言えるか、論理的に破綻していない話ができるかといったことを最低限の評価指標にもしています。

そのため、ESでも面接でもオーソドックスなことが問われるだけに、それをいかに簡潔かつ論理的に書いたり話したりできるかが差別化のポイントになります。

ES・面接のそれぞれのフローで意識すべきことは下部により詳しくまとめてあります。

投資銀行業務への関心をアピールする

次に投資銀行業務への関心をアピールすることが必要です。

金融に関する専門知識が要求される投資銀行部門では、選考の段階から投資銀行業務への理解が求められます。そして、ESの設問や実際にインターンに参加した学生の声から、MUMSSにおいては(他の日系投資銀行と比べて)特にその傾向が強いことが分かります。

というのも、MUMSSは競合他社よりも部署を先に決めて採用する傾向があるので、カバレッジ志望ならカバレッジの部署社員が、M&Aアドバイザリー志望ならM&Aアドバイザリーの社員が面接を行うためです。

後に投資銀行業務について学ぶ方法を紹介するので、何をしたらよいかわからない人は参考にしてください。

選考フロー

エントリーシート(ES)→筆記試験・WEBテスト→面接→インターン参加

選考フローは上記の通りです。以下で詳しく解説したいと思います。

ES:投資銀行業務への関心を伝えたい

選考内容
・時期:1月中旬
・設問内容:
(1)三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資銀行部門のWinter Internshipを志望する理由を教えてください。 (日本語400文字以内)
(2)これまでの人生で、あなたが特に頑張って取り組んだことと、それによってあなたが得た成果を教えてください。(日本語400文字以内)
(3)投資銀行部門において最も関心のある業務を教えて下さい、そしてその業務を選んだ理由を教えてください。(日本語300文字以内)・結果通知方法:1週間以内に電話で連絡

投資銀行業務への関心を自分の言葉で伝える

MUMSSのESには関心がある投資銀行業務を問う設問がありますが、これは部署別で採用する傾向があるMUMSS特有の設問であり、他の日系投資銀行には無い設問です。インターンシップの段階で投資銀行の業務に関して問うことから、MUMSSは特に投資銀行業務への理解を求めていることがわかります。

しかし、これは決して実務家である社員と同等のレベルまで詳しく理解しなければならないということではありません。実際に、通過者の中には金融について事前知識がほとんど無かったという人もいます。

あくまで投資銀行業務の概要を理解し、そこで興味を持ったことを自分の言葉で伝えることができれば十分かと思われます。

投資銀行業務の概要の理解にあたっては、各投資銀行のホームページや以下のコラムを参考にすることをおすすめします。

また実際にESを書くにあたっては、関心を持った業務について自分の性格や学生生活での取り組みと結び付けて書けるとよいと思います

記述は簡潔かつ論理的に

どこの会社の選考にも共通して言えることですが、特に投資銀行においては、読みやすいESが好ましいことは明らかです。というのも、リクルーティング活動を行っている社員が激務の合間を縫って大量のESに目を通すことが想像できるからです。

特に志望動機と学生時代に頑張ったことを問う(1)と(2)は、オーソドックスで誰もが書き慣れているような質問です。簡潔で論理的な記述で差別化したいところです。

結論を最初に書く、1つの項目に主張を詰め込みすぎないように気をつける、主張をサポートする経験や具体例などを織り込む、など、当たり前のことをしっかりと意識して書きましょう。

通過者感想例:
・投資銀行でのインターンは初めてだったので、就職活動が本格化する前に「投資銀行やその具体的な業務内容を理解したい」という率直な思いを素直に綴るようにした。
・関心のある業務では他者との差別化のためにMAやカバレッジではなく資金調達にフォーカスした。
・論理的であることと社員の方が読みやすいように結論から書くことは心掛けた。
・読み手の社員もおそらく(実際そのようだったが)激務の合間を縫ってリクルーティングの仕事に当たっているだろうと思ったので、とにかく読みやすさを心がけた。

筆記試験:市販の参考書で万全の対策を

選考内容
・試験形式:TAL(性格検査)・玉手箱
・合格ボーダー:7割~8割
・結果通知方法:ESと同じタイミング

市販の参考書で万全の対策を

性格検査のみの年もあれば玉手箱が課される年もあります。玉手箱が課された場合にも、通過者の多くは特に対策をしていなかったようです。

ボーダーは決して高くありませんが、万全の状態で臨みたいならば、市販の参考書を一通り解くことをおすすめします。他社で同様の対策を行っている場合は、新たな対策は不要でしょう。

通過者感想例:
・特に対策はしていない。
・どれ位できたかは分からないがおそらく7、8割できれば十分以上と思われる。

面接:プレッシャーに負けず要点を簡潔に伝える準備を

選考内容
・時期:1月中旬
・社員、学生の人数:学生1人:社員1人×2
・時間:20分程度×2
・内容:
雑談形式で、穏やかに進む
ただし、社員によってはプレッシャーをかけられることも
(質問内容)
・なぜ投資銀行部門に興味を持ったか
・投資銀行部門の中でもどの業務に興味があるか
・最近気になったM&Aの案件
・学生時代に頑張ったこと
・大学で学んでいること
など
・結果通知方法:1週間以内に電話で通知

プレッシャーに負けず要点を簡潔に伝える準備を

20分程度の面接が2回に分けて行われます。

雰囲気は非常に穏やかで、面接というよりは雑談に近いようです。質問も、学生時代に頑張ったことや大学で学んでいることなど典型的なものが多いです。

一方で、「学生に重圧をかけてその時の振る舞いを見極めていた」という参加者もいました。重圧に負けずに面接を乗り切るために、
・ESの内容やよく聞かれる質問への回答の構成の再整理(紙に書き出すなど)
・重圧をかけられるという心の準備
などをしておくとよいでしょう。

投資銀行業務に関連した質問への対策も忘れずに

関心のある投資銀行業務や興味を持ったM&A案件など、投資銀行部門特有の質問には準備が必要です。

投資銀行全般に関する知識のインプットは、ESと同様に企業ページや以下のコラムを参考にしてみてください。

他に、ニュースなどで最近行われたM&A案件に対する自分の意見をまとめて臨むことをおすすめします。

通過者感想例:
・和やかに進んだ
・終始穏やかだったが、投げられる質問、質問に回答している私に向けられる視線はとにかく鋭く、あえて学生に重圧をかけている印象。(インターン参加後に重圧をかけられた際の反応を見る意図があったことを明かされた)
IBの業務に対する理解が深いことや、IBの志望理由を論理的に語れることは、面接での高評価を得るためのポイントだと思った。

インターン:投資銀行業務への関心をアピールしよう

選考内容
・期間:5日間
・人数:40人程度(5人チーム×8)
・テーマ:「M&A戦略の提案」
・インターンの概要:
実在の企業を想定し、買収企業の選定・買収後の戦略・資金調達方法を含めたM&A戦略を提案する

グループワークを通じて投資銀行業務への関心をアピールしよう

グループワークの内容には買収企業の選定からバリュエーションまで含まれており、知識不足を感じることもあるかもしれません。

しかし、ここまでの選考フローから明らかなように、MUMSSのインターンでは決して投資銀行業務への深い理解は求められていません。

従って、たとえ専門知識が不足していても、買収後の戦略の策定について積極的に議論したりわからない点は積極的に社員に聞いたりして、投資銀行業務への興味・関心をアピールするべきです。

通過者感想例:
・いつもIBのインターンで見るような人ではなく、初めてIBのインターンに参加したような学生が多かった印象がある。
・バリュエーション等、専門性が高く初めての人にはやや難しい内容については、社員の方が常に質問を受け付けて下さった。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)