外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

早期選考迫る!日系投資銀行各社の特色(強み・教育制度・年収)まとめ<各社比較編Part1>

日系投資銀行各社の強み・教育制度・年収を比較

こんにちは。外資就活 金融チームです。

今回はPart1とPart2に分け、日系証券会社5社の投資銀行部門(以下、日系投資銀行)について、

①強み
②教育制度
③年収

の観点からご紹介します。

日系投資銀行は選考において業務・業界・自社への理解度を評価項目にしている企業が多く、事前に各社の特徴について理解してから選考に臨む必要があります。

本コラムで各社の特徴をしっかりつかんだうえで、選考の準備を進めましょう。

Part1の本コラムでは、以下の3社をご紹介します(<各社比較編Part2>では、みずほ証券と大和証券についてご紹介します)。

・野村證券
・SMBC日興証券
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券

各社の特徴を要約して表にまとめたものがこちらです。

それでは、各社について詳しく見ていきましょう。

野村證券の特色:強み・教育制度・年収

言わずと知れた国内最大の証券会社です。

他の日系投資銀行がメガバンクや海外投資銀行との提携をしている中、独立を貫きながらも国内市場リーグテーブルでは常にトップクラスをキープしており、日本を代表する投資銀行であると言えます。

強み

・証券会社国内最大手としての国内ネットワークと、リーマン・ブラザーズ(アジア・EMEA)買収等で獲得したグローバルネットワーク
・豊富な国内・クロスボーダーM&A案件実績

野村證券はリーマン・ブラザーズ(アジア・EMEA)買収によって獲得したグローバルネットワークと、国内での圧倒的な顧客ネットワークを活かして、M&AアドバイザリーやECM・DCM業務を行っています。

特に、M&Aアドバイザリーでは、セクターを問わず数十億円案件~数兆円案件まで様々な規模感の案件実績があり、国内市場では大きな存在感を放っています。また、社員の方の話によると、他の日系投資銀行よりも多くのクロスボーダー案件を扱っており、外資系投資銀行と遜色ない経験ができるそうです。

教育

・インストラクター制度
・カバレッジ部署とプロダクト部署をローテーションによって両方経験できること

野村證券には、若手バンカーの成長を会社全体でサポートする社風があります。

野村證券特有の教育制度としては、新入社員に先輩社員が一定期間インストラクターとして付いて教育を担当する、インストラクター制度(通称「イントラ制度」)が挙げられます。
新卒で入社した社員はインストラクターの先輩社員から、社会人としてのマナーから仕事の進め方、取り組む姿勢や飲み会での振る舞い方に至るまで、丁寧に幅広く教わることになります。

また、社員の方の話によると、アナリストの間にカバレッジ部署とプロダクト部署(M&Aアドバイザリーを行う企業情報部や、ECM部、DCM部など)の両方にローテーションで配属させられるとのことで、オリジネーションからエグゼキューションまで幅広く経験を積める点は魅力的と言えます。

年収

・外資系に近い高待遇

野村證券(投資銀行部門)の給与水準は、他の日系投資銀行と比較しても頭一つ抜け出しています。
総合職C社員という雇用体系はなくなったものの、残業代・家賃手当が付くようになったため、トータルでは600~700万円と旧総合職C社員時代に近しい水準と考えられます。

詳しくは「野村證券(投資銀行部門)の年収・初任給・給与制」を参考にしてください。

SMBC日興証券の特色:強み・教育制度・年収

SMBC日興証券はシティグループ傘下時代を経て、現在の三井住友フィナンシャルグループの傘下に入った経緯から、さまざまなバックグラウンドを持ったバンカーが多いことが特徴です。

「旧日興證券出身者、ソロモン・ブラザーズ出身者、シティグループ出身者、三井住友銀行からの出向者などがおり、同じ会社内でバックグラウンドの異なる彼らと協働することで多くの学びが得られる」と話す社員の方もいることから、さまざまな知識を吸収できる環境であると言えます。

強み

・中型M&AやECMでの豊富な案件実績
・海外投資銀行(ジェフリーズ・グループやモーリス・アンド・カンパニーなど)との提携によるグローバルネットワーク

中型M&Aでの豊富な案件実績に加え、日本関連株式リーグテーブルでは2019年度に1位になるなどECMでも際立った実績を残しています。また、各プロダクトで案件数が多いため、若手のうちから豊富な案件経験を積むことができる環境であると言えます。

また、米国証券会社のジェフリーズ・グループや、米国ブティック投資銀行のモーリス・アンド・カンパニーなどと提携しています。これは、クロスボーダー案件において有利に働くことは勿論、後述する研修制度にも繋がっています。

教育


・豊富な研修制度
・NIB制度

SMBC日興証券の投資銀行部門では、入社後最初の2年間は下積み期間として位置づけられており、その期間は語学研修やMBAプログラム、米国モーリス・アンド・カンパニーとの提携に基づきニューヨークで実施される合同研修プログラムや海外トレーニーなどに参加できます。
ここでは会計、ファイナンス、モデリング等の知識に加え、クロスボーダー案件の際に重要となるニューヨークチームとのリレーションを築くことができます。他にも投資銀行出身者や大学教授等を講師として迎え、投資銀行業務の基礎となる財務、会計、ファイナンス、バリュエーション等の基礎的な知識を習得するプログラムが受講できたりと、豊富な研修プログラムが用意されています。

教育とは少し異なりますが、SMBC日興証券でのキャリアを考える上で無視できないのはNIB制度です。
NIB制度とは、投資銀行部門での採用後2年間アナリストとして勤務した後に、3年目に投資銀行部門での業務を続けるか、他の部門や部署でキャリアを積むかを選択できるシステムです。

3年目以降も投資銀行部門での勤務を継続する場合、多少の倍率はあるものの、選抜に通れば「NIBコース社員(旧・特定専門職社員)」としてグローバルスタンダードと個人の成果を反映した給与体系の下で働くことができます。したがって、2年間の評価が良ければ、3年目以降は外資系投資銀行に近い報酬を得ることができるのです。

社員のキャリア形成を特に重視している点から、自分に合ったキャリアを追及できる環境であると言えます。

年収

・NIBコース社員に認定されれば外資系クラスの高待遇も

新卒1年目の給与はベース月給28.7万円(前払退職金込み)に残業代・賞与・住宅補助が加わり、トータル500~600万円程度になるようです。

また、3年目以降に年俸制の「NIBコース社員」として認定されれば、年収1,000万円の大台に乗り、その後も外資系投資銀行クラスの高年収が期待できます。

詳しくは「SMBC日興証券(投資銀行部門)の年収・初任給・給与制度」を参考にしてください。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の特色:強み・教育制度・年収

三菱UFJモルガン・スタンレー証券(以下、MUMSS)は、国内金融グループの最大手である三菱UFJフィナンシャルグループに属する証券会社です。外資系投資銀行の雄であるモルガン・スタンレーとジョイントベンチャーを組んで投資銀行業務を行っています。

MUMSSにはモルガン・スタンレー側での採用窓口と三菱側での採用窓口があり、外資系のモルガン・スタンレー側で採用されると投資銀行第一部に、日系の三菱側で採用されると投資銀行第二部へ配属されることになります。

強み

・MUFGの国内ネットワーク
・モルガン・スタンレーの海外ネットワーク

MUMSSは国内最大の旧財閥グループの三菱の名を冠しており、顧客からの信頼は抜群です。幅広い顧客網を有していることに加え、これまで交流のなかった新規クライアントに対してM&Aや資金調達の提案をする際も、三菱の看板のおかげでスムーズに提案に漕ぎつける事例が多々あるようです。

こうして獲得したクライアントに対し、モルガン・スタンレーの持つ海外の知見・ネットワークを活かして国境を越えた様々なソリューションを提供できる点は大きな強みでしょう。

教育

・モルガン・スタンレー側への派遣制度(通称「スマイル制度」)
・同一プロダクト内でのキャリア形成

MUMSS特有の教育制度として、モルガン・スタンレー側への派遣制度が挙げられます。この制度は三菱側での採用後、モルガン・スタンレー側に出向できる制度です。
世界トップレベルの投資銀行でキャリアを積めるため、自分の市場価値を大幅に高めることができると言えます。

この他にも、MUFGグループの海外での証券業務を担当する「MUFG Securities」社などに出向できる等、海外出向の機会が豊富なことも魅力の一つです。

また、MUMSSはプロダクト別に採用が進みます。
そのため、採用プロセスでM&Aアドバイザリーを志望して採用された人は入社後もM&Aアドバイザリーの部署で働くこととなり、DCMを志望して採用された人は入社後もDCMの部署で働くこととなるなど、一貫したキャリア形成が可能です(※同一プロダクト内での部署異動や、上記の出向などはあります)。

年収

・戦略職への転換後は外資系クラスの高待遇も

新卒1年目の給与はベース月給25.5万円に残業代・賞与・家賃補助が加わり、トータル500~600万円程度になるようです。

入社後にある程度経験を積むと、専門職型の給与体系にアプライすることができるようになります。MUMSSでは「戦略職」と呼ばれており、転換後は個人のパフォーマンスを反映した年俸制に移行します。
社員の方によれば、時期は30歳前後で、倍率はあるもののそこまで高くはないとのことです。

おわりに

いかがでしたか。

各企業の違いはご理解いただけたでしょうか。外資系投資銀行とは異なり、日系投資現行では業界・企業への志望動機がかなり重視されます。是非、このコラムをリクルーター面談、早期選考でのES作成や面接などにお役立てください。

みずほ証券・大和証券はこちら⇒早期選考迫る!日系投資銀行の魅力・特徴まとめ②<各社比較編Part2>

また、日系のみならず、外資を含めた投資銀行業界の業界・業務の研究の際は以下のコラムを参考にしてみてください。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録