外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

面接まで見越した「熱意」が肝。外資系投資銀行に響く「ESの志望動機」の書き方

こんにちは、外資就活 外銀チームです。

今回は外資系投資銀行の投資銀行部門(以下外銀IBD)において、サマーインターン選考の際に提出するESが、実はそれ以降の選考にも大きな影響を与える非常に重要なものだということについてお伝えします。

また本記事では、サマーインターンだけでなく本選考のESにも通ずる内容や志望動機の作り方についてもご紹介します。「外銀に興味はあるけれど、金融知識がないから選考を受けようか迷っている」という方も、「既に業界分析・企業分析に取り組み始め、選考対策を進めている」という方もぜひご確認ください。

内定への近道はサマーインターンに参加すること

まず、サマーインターンに参加するほうが本選考で圧倒的に有利になります。実際に外銀IBDの内定者に占めるサマーインターン参加者の比率は非常に高く、内定者の9割がサマーインターン参加者という企業もあるそうです。

もちろんサマーインターンに参加していない学生にも、ウインターインターンへの参加を経由すれば本選考の門戸は開かれていますが、その場合はウインターインターンで相当なインパクトを残す必要があることを肝に銘じて選考に臨むべきです。

サマーインターンの参加者であれば「サマーインターンで実務に触れ、外銀IBDへの志望度が上がった」「実際に社員と交流して、カルチャーフィットを感じた」など、本選考の志望動機をより具体的に、納得感のあるものにできます。一方でサマーインターンに参加していない場合、「なぜIBDを志望しているのか」「なぜこの会社なのか」について納得感のある内容を書くのが難しくなるのは、想像に難くないでしょう。

また、企業がサマーインターンを開催する背景には、学生の性格や能力、資質をなるべく早い段階から時間をかけて把握したいという企業側の意図があります。外銀IBDで新卒採用を行なっている多くの企業において、サマーインターン後にいわゆる「囲い込み」(注:優秀層を対象にリクルーターがついて選考対策のアドバイスを行なったり、クローズドの食事会を行うこと)が行われている点にも、この意図が表れています。

本選考が終わった後、春に追加募集が行われる場合もありますが、このような募集の実施は内々定者が辞退した場合などの特例ケースに限られますので、完全に運次第です。確実に外銀IBDの内定を得るためには、まずサマーインターンに参加することを目標にしましょう。

サマーインターンに参加するには、余裕を持って志望動機を練る必要があると心得よう

ESには洗練された志望動機を記載する必要があるため、作成にはある程度時間がかかります。そのため、自分が受ける企業のESの締切日をあらかじめ把握しておきましょう。また外銀IBDではESの提出と同時にWebテストやテストセンターでの筆記試験が課せられることも多いですので、テスト対策の時間も加味して予定を立てましょう。

ESは、

① とりあえず書いてみる
② 書いたESを客観的に見直す
 具体的には、
 ・一行ごとに「本当に?」「なぜ?」を問いかける
 ・同じ内容をより短い言葉で表現できないかチェックする
 ・インパクトある表現が使えないかチェックする
③ 書いたESを他者に添削してもらう(内定者に頼むのが望ましい)
④ 添削の結果を受け、再度書き直す

の四つのプロセスを繰り返すことが望ましいですが、このプロセスを行うには相応の時間がかかります。つまり提出期限から逆算し、早めに準備しないと間に合わないのです。

これはインターン・本選考いずれの対策においても言えることです。なぜならインターンの志望理由に求められるのは「インターンへ興味を持ち、参加したいと思った理由」であるのに対し、本選考の志望理由に求められるのは「外銀IBDで働きたいと思い、その会社でないといけない理由」であり、それぞれ求められる内容が異なるからです。

そのため本選考のESを書く際は、サマーインターン参加者であっても早めに準備をする必要があります(この点に関しては、記事後半のESのポイント解説の部分で詳しくお伝えします)。

サマーインターンで一定の評価を得た学生は、一般的に公開されている本選考スケジュールとは異なる優遇ルートに招待される場合があります。優遇ルートではランチ会やフォローアップ面談を経て11~12月に内々定獲得、という選考フローですので、その場合は本選考用にESを作成する必要がなくなります。

ただし、この場合でも面接では必ず志望動機を聞かれることに加え、優遇ルートに乗るにはそもそもサマーインターンへの参加が必須ですので、早めのES準備が欠かせないことには変わりありません。

コンサルと違い、外銀IBDではESも大きな選考材料

外銀IBD志望の高学歴学生が陥りがちなミスとして、ESを軽視してしまうことが挙げられます。ES作成の際に油断して手を抜いてしまったがために、面接すら受けられずに散っていく姿をよく目にします。なぜならコンサルとは違い、外銀IBDの選考ではESの内容がかなりしっかり見られているからです。

近年の外銀のESでは多くの文字数が求められ、より抽象度の高い設問が出されるようになってきました。そのため、優秀な学生であっても企業に対する志望度の高さをうまく伝えることができずに落とされることは多くなっています。

例えば2020年卒のゴールドマン・サックス(GS)のESでは「応募部門を希望する理由をご記入ください。(600文字以下)」という設問が出題されました。これだけの文字数が課されているということは、「なぜ金融業界、殊に投資銀行部門を志望しているのか」、また「投資銀行の中でもなぜGSに行きたいのか」について全て論理的に分かりやすく記述するよう求められていることが容易に推測できます。

最近ではこのように、外銀IBDにおいても応募学生の熱意や志望度、論理的思考力などをESから探ろうとする企業が増えています。以前よりも外銀が人気業界になり応募人数が増えたために、企業側も効率的に足切りをしたいと考えているのではないでしょうか。

外銀IBD選考のESの肝は「熱意」

外銀IBDの選考突破に最も必要なのは、説得力のある志望動機を熱意を持って説明することです。

確かにコンサルティングファームの選考では、さほど熱意のこもった志望動機でなくても内定を得られることがあるようです。一方で、外銀IBDではその学生が他のIBDとの違いやIBD業務そのものについてしっかりと理解できているかを確かめるため、選考中にたびたび志望動機を確認します。

そもそもIBDでは新卒社員の採用数が非常に少ないこともあり、学生が内定を辞退して他のIBD、もしくは戦略コンサルや商社などの他業界に流れないかを見極める必要があります。内定辞退者が出ると今までの採用活動で学生を厳選するために割いてきた多大な労力が無駄になるだけでなく、追加の採用活動も必要となってしまうからです。

ESの段階ではもちろんのこと、志望動機は面接でもほぼ必ず聞かれます。そのため、志望動機を作る際は面接の場で面接官から深掘りされても揺らがないように仕上げておくことに加え、その会社への志望度の高さが伝わるものになっていることが重要になります。

既に薄い内容のままでESを提出してしまったという方は、面接までに穴のない説明ができるようにしっかりと準備しておきましょう。特に熱意については面接本番でも伝えることができますので、挽回の余地があります。また、これからESを書き始めるという方は、ESが最終面接まで選考に影響し、さまざまな社員の目に留まるものであるということを常に意識してください。

志望動機の伝え方の四つのポイント

もし自分では「完璧な志望動機を作り上げられた」と思っていたとしても、慢心してはいけません。志望動機を伝えるときのポイントは主に四つあります。ESを書く前、書いた後、面接の前のどのタイミングにおいても以下のポイントを意識するようにしてください。

① ESには「熱意を持って」志望動機を伝える
② 選考プロセスの段階に応じて志望動機の伝え方を変える 
③ 相手の社員の年次・タイトルに応じて話す内容を微妙に変える
④ 企業によって志望動機をマイナーチェンジする

そして、ESに書く際には下記の三点が伝わるように意識しましょう。

① なぜ外銀IBDに興味を持ったのか
② 他の学生にはない自分の強みは何か
③ なぜ貴社でなければいけないのか

補足:選考の段階や面接官によって「求められる志望動機」も異なる

志望動機が評価される観点は、選考段階や面接官の年次・タイトルによって異なります。そのため志望動機の伝え方も、これらに応じて適切に変えるべきでしょう。

例えば、ESや若手社員との一次面接といった選考プロセスの序盤では「今までのどのような経験から外銀の業務に興味を持ったのか」「なぜその会社がよいのか」を中心に伝えることを推奨します。

この段階から自分の能力の高さや将来の夢ばかりを伝えてしまう学生も非常に多く見受けられます。しかし企業側は選考の初期段階では、その学生に最低限の良識があるか、上席者にその学生を通しても問題ないか、などをチェックしていることがほとんどです。

そのため、ESに限らず若手社員との一次面接など選考の初期段階では、自分がしっかりと準備して選考に臨んでいるということをアピールできるように意識しましょう。

ESを書く段階で「大学で学んだファイナンスに関する知識を生かす業務に就きたい」といった風に、外銀IBDを志望するに至った原体験や根拠を省略してしまう学生をよく目にします。

しかしそれだけでその学生の詳しい人となりが読み手に伝わることはありません。また、もしESに通ったとしても面接でしっかりとした印象を残すことはできませんので、もう一歩踏み込んだ内容を盛り込みたいところです(ちなみに先ほどの例では、「なぜ大学でファイナンスを学ぼうと思ったのか」「なぜ知識を生かした業務に取り組みたいと思ったのか」を書く必要があります)。

それ以上に自分の経験や熱意を絡めて、「なぜ貴社なのか」「なぜ自分でなければいけないのか」のロジックを詰めておく方が効果的です。

外銀IBDのES選考では、たとえこれ以上ないほどの高学歴の学生であっても容赦なく落とされます。なぜなら、選考では学生の現状の能力よりもこれからの伸びしろが評価される傾向にあるからです。

特に外資系企業は日系と比べ中途採用の割合が高いため、即戦力が必要であれば中途採用をすればよいのです。それにも関わらず新卒を採用しているということは、企業が新卒ならではの強みである「素直さ」「まだ色がついていない状態」「仕事への意欲」などの点を求めていることが想像できます。また実際、そのように語る採用担当の方も多いです。

そのため、ESにおいてはしっかりと熱意を伝え、素直さを示すことが重要です。

まとめ

外銀IBDの選考で一番大事なのは、英語力・金融知識などのハードスキルではなく、ソフト面、特に「外銀IBDに対する熱意の伝わる志望動機を練ってESに反映させること」であることをお伝えしました。

まずは企業研究をし「なぜ貴社なのか」「自分は何に優れているか」を整理して志望動機に盛り込んでみましょう。さらにそれを他者に添削してもらい、より完成度の高い内容に仕上げることも重視し、堂々と面接に臨めるようにしましょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)