外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

新卒2年で年収650万!ITコンサルタントの仕事内容と入社して得られる3つのメリット

ITコンサルタントの仕事内容とメリットを分かりやすく解説

こんにちは。外資系ITコンサルティングファームに勤務するTASKと申します。

皆さんは、ITコンサルタントという仕事をご存知でしょうか? 仕事は刺激的で面白いものの、学生の皆さんからするとイメージがつかみづらい業種であることは確かです。私もなんとなく魅力は感じていたものの、5~6人のOBの方々に会うまでは明確なイメージが持てませんでした。

この記事では、ITコンサルタントの仕事内容と実際に丸2年働いてみて明確化されてきたITコンサルティングファームに入るメリットを以下3つのメリットからお伝えします。

・総合商社と並ぶ高収入
・若いうちに叩き込まれる「コンサルタントのマインド」
・システムに限らず広範な業務を経験できる

ITコンサルタントの仕事内容

「システム設計」から「企業戦略」まで

ITコンサルタントとは、

・新しいテクノロジーを活用した経営戦略策定
・CRM/ERP/SCMの導入
・業務やシステムの設計、開発及びテストなどのマネジメント

などを行うコンサルタントのことです。

つまり、業務に必要なシステムの設計と構築の支援のみを行うこともあれば、システムを活用した戦略策定までかかわることもあるということです。

代表的なITコンサルティングファームとして、アクセンチュアアビームコンサルティングIBM野村総研などが挙げられます。

ERPの導入業務についての就活コラムはこちら

なぜITコンサルタントが必要とされるのか

基本的には、コンサルタントは社内の人が持ち合わせていないような豊富な知識と経験を提供することを期待されます。

特にITコンサルタントは、ITやシステムに関する専門知識を持ち、IT戦略の立案や事業のシステム化などを通じて会社の経営に貢献することが求められます。

つまり、クライアントが求めるシステムをただ受注して作るのではなく、クライアントの抱える課題を汲み取りながらITコンサルタントの持つ知見を提案していくのです。

ITコンサルタントの役割についての就活コラムはこちら

ITコンサルタントに求められるスキル

上述のように、ITコンサルタントの仕事は自身の専門分野への知識を生かして会社の経営に貢献することです。従って、ITに関する高度な知識はもちろん、経営の課題を発見し対策を考える問題解決能力も必要になります(ただし、必ずしも入社前からこれらのスキルを備えていることが求められているわけではありません)。

ITコンサルに入る3つのメリット

では、ITコンサルのメリットについて見ていきましょう。

総合商社と並ぶ高収入

就職活動をする際に、気にならない振りをしても一番気になるのが給料のことでしょう。

企業サイトに通り一遍のことは書いてありますが、実態は外から見ていてもほとんどわかりません。OB訪問でも、「給料いくらですか?」とズバリ聞くのはなかなか気が引けるものがあります。

ITコンサルティングファームは、世間一般の平均から見るとかなり高収入の部類に入ります。戦略コンサルティングファームと違い、残業代が出る(こともある)のがインパクト大です。

しかし、ボーナスが出なかったり、出ても雀の涙ほどだったりするので、戦略コンサルティングファームや大手総合商社と最終的にはあまり変わりません。比較すると外資系投資銀行はやはり一段階レベルの違う収入と言えます。

入社2~3年目の年収を概観すると以下のようになります。


1位:外資系投資銀行
年収:1200万円(ベース1000万円+ボーナス)
月収:100万円

2位:戦略コンサルティングファーム
年収:850万円(ベース700万円+ボーナス)
月収:70万円

3位:ITコンサルティングファーム、大手総合商社
年収:650万円(ITコンサル:ベース530万円+ボーナス+残業代)(大手商社:ベース360万円+ボーナス+残業代)
月収:54万円

投資銀行も戦略コンサルティングファームも大手総合商社も、入社難易度は非常に高いです。チャレンジングな仕事ができる、グローバル、高収入等のイメージが学生に広く知れ渡っていることで、志望者が多いことがその原因です。

上記に比べ、ITコンサルティングファームは比較的入りやすいです。 業務内容がつかみづらかったり、「理系じゃないと出来ない仕事が多そう」などのマイナスイメージが先行しがちで、採用人数に比べて志望者が少ない穴場と言えます。

ITコンサルはベースは高いですが、その後の伸び率が若干いまひとつであるというデメリットもあります。

もちろん活躍する人は20代で1000万を超えますが、なかなかマネージャークラスになれずに辞めていく人が最近多いようです。 ですが、入社時点の年収は相当高いので、給料を真の志望動機に置いている人は一度受けてみても良いかもしれません。

<参考記事>
ITコンサルタントの年収のファーム別比較の就活コラムはこちら

各ファームの給与詳細はこちら
アクセンチュア(ビジネス・デジタルコンサルタント)の年収・初任給・給与制度
デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度
PwC(コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度
アビームコンサルティング株式会社(コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度
日本IBM(コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度
野村総合研究所・NRI(コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度

若いうちに叩き込まれる「コンサルタントのマインド」

ITコンサルティングファームでは、入社直後から「コンサルたるものかくあるべし」というマインドや仕事のやり方を叩き込まれます。いずれのファームでも以下2つの価値観は必ず重視しています。

クライアントファースト:今やっていることは、本当にクライアントのためになっているのか
バリューベース:自分がクライアントから1時間当たりに貰っている金以上の価値を出しているか

上記のような考え方に基づいた行動を常に求められるのは、戦略コンサルでもITコンサルでも同じでしょう。

大学を卒業し、どのようなことをやるのか想像すらできないまま、いきなり現場に放り込まれ、いわゆる「バリュー」を出すことを求められます。

私の最初の経験は、グローバル会計システム構築プロジェクトでした。システムや会計の知識など皆無で、英語も少々旅行したことがある程度。そもそもエクセルやパワーポイントすらまともに使ったこともない。

そんな何もできない状態から「明日からこんなプロジェクトに入ってもらうから。がんばってね」と人事から通達され、緊張しながら出社したことを覚えています。

もともと要領が悪かった私には、非常に大変な経験でした。 システムテストのコンディションを作成するため、インドやイギリスのコンサルタントが作成したシナリオ(もちろんすべて英語)を読み、先輩から怒られながらエクセルやパワーポイントと格闘しました。

全然理解できず、悔しくて涙を流した経験もあります。 そのような中で、マネージャーや先輩から、仕事のスタンスを学ぶことができました。

その後のプロジェクトでも、自分の都合より仕事を優先する人の割合が高いと感じました。 それを良しとするかどうかは個々人によりますが、いわゆる「やりがい」を求める人には合っている雰囲気は確実に存在します。

システムに限らず広範な業務を経験できる

個人的には、ITコンサルに入ることによる一番のメリットはこれだと思います。

20そこそこの大学生が、「やりたいこと」などわかるはずがない。まずはとことん仕事ができる環境に行き、いろんな経験を積むことで、自分の志向が明確化されていくのではないでしょうか。

そういう前提を置くと、さまざまな業務経験を積めるITコンサルはかなりおススメ度が高いです。 2年ほど働いてきた中で、下記のようなことをしてきました。

・各SIerが実施しているテストの進捗管理
・WindowsバッチによるIFインフラシステム構築
・Visual Basicによるエラー感知システム構築
・工場での業務デューデリジェンス
・ネットワーク構築PJで、技術チームとテスト実施チーム(インド人)との橋渡し
・クライアント既存業務に対するBPO提案

システムが絡む業務は大体2/3ぐらい、他はクライアントの業務分析・提案でシステムに関わらない仕事でした。

部署にもよりますが、「理系でないと出来ない!」という仕事はそこまで多くない、というのが実感としてあります。 もちろん何かしらシステム的な強みがあると仕事になじむスピードは速くなるでしょう。

ですが、文系学部生の同期も目覚ましい活躍をしている人は多いので、絶対条件ではありません。 若いうちからかなりの権限を与えられ、多種多様な仕事に取り組めるのは大きなメリットです。

そのように仕事をしていると、だんだんと自分の向き不向きがわかってきます。

私は学生時代にシステムエンジニアになることも一つの選択肢に入れていましたが、実際にある程度の規模のプログラミングを経験してみて、「ならなくてよかった」と正直思いました。

もちろんプログラムを組んで想定通りの動きをしたときは嬉しいのですが、自分よりも経験豊富で適性がある人はたくさんいることがわかったのです。

それよりも、クライアントやSIerと交渉し、工数を管理し、ときには英語も使いながらプロジェクトを回していく仕事の方が楽しいです。 そのようなことがわかったのも、早いうちから多くの仕事を任せてくれた会社のおかげだと考えています。

3つのメリットに魅力を感じたらITコンサルにエントリーしよう

謎に包まれているITコンサルティングファームの魅力を3つにまとめてお伝えしました。

もし上記3つのメリットの中で響くものがありましたら、ぜひITコンサルティングファームにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

TASK
都内にある某リア充私大卒業後、某ITコンサルティングファームで働いて3年目。
本人はいたって非リア。最近の趣味はブログを書くこと。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)