外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

外資就活経験者が注意すべき、日系就活・外資就活3つの違い

はじめに

こんにちは、外資就活 編集部です。

早期から外資系企業への就活を経験されている学生のなかには、既にある程度選考慣れしているという方も多いと思います。そうした方は、日系企業の選考開始時に就活を始める方と比べて、「経験値」という点において大きなアドバンテージがあるといえます。

しかし、「外資系のハードな選考に比べたら日系の選考なんて余裕でしょ?」と慢心し、日系企業の就活に苦労される外資就活経験者が毎年多く見受けられるのも事実です。

そこで今回は、日系企業への就活と外資系への就活の3つの違いを紹介したいと思います。日系と外資の双方を視野に入れている方は是非参考にしてください。

日系就活と外資系就活は、どういったところが異なるのか?

1.会社ごとに明確な志望動機が必要

外資系のコンサルティングファームや投資銀行、外資メーカーなどの企業の多くは、職種別に採用をしています。

こうした企業の面接では、「なぜこの業界?」「なぜこの部門か?」など、職種に関する質問は多く投げかけられる一方で、「なぜこの会社を志望するのか?」など、企業への志望動機についてはあまり深掘りされないことが少なからずあります。

一方日系企業の面接は、部門別採用でないところがほとんどですので、各企業に対する志望動機を徹底的に深掘りされることになります。

特に業界二番手以降の企業では、「なんで業界一位の○○社が第一志望じゃないの?」と、いじわるな質問をされることもあるため、業界研究以上に企業研究が重要になります。

上記の質問に対する答え方としては、
「御社は●●に課題を抱えています。私は入社してこの課題を解決し、御社を業界トップにしたいと考えています」
「御社は業界では三位ながらも、今後成長が見込まれる△△の分野ではトップシェアをもっているので将来性を感じています」
などが一例としてあげられます。

その企業や生み出す商品のファンといった立場で話すのではなく、「自分だったらどうするか」といった視点で考えることが特に重要です。

ベースとなる知識を固めるために、各社WEBサイトやGoogle検索結果の閲覧、関連書籍を読むといった基本的な部分はもちろんのこと、後述するOB訪問や各説明会を通して、同じ業界のなかでも企業ごとにどういった違いがあるのかをよく理解しましょう。

特に企業間で差が出るのが、社風や社員の人柄です。こうした情報に関しては足を使わないと集められないものなので、とにかく社員に会うように心がけてください。

こうしたナマの情報とそれに対して感じたことは、企業の志望動機を述べるうえで強い論拠となるため、積極的に情報を集めていきましょう。

また、ネット記事や新聞などのインタビューにおいて、日系企業の社長や役員クラスの社員が求める人材要件を明確に発言しているケースもあるため、そうした情報も上手に活用しましょう。

2.説明会、OB訪問への参加が必須

外資系企業では説明会への参加が必須ではないことも多く、ジョブや面接を通して企業に関する理解を深めていきます。また、選考結果にOB訪問の有無が関係することもありません。

しかし日系企業の場合、説明会に参加しなければエントリーシートを出すことができなかったり、面接に進むことができなかったりと、説明会への参加が強制となっている場合があります。また、説明会の参加回数が多いと、志望度が高いと判断され、その後の選考が有利に進むような企業も存在します。

さらに、日系企業の就活ではOB訪問も重要になります。企業によっては面接時にOB訪問の回数を尋ねられることがあり、志望度のバロメーターとして判断される場合も多いです。

OB訪問は会社のことを知る貴重なチャンスですので積極的に活用し、会社への理解を深めましょう。以下の記事も参考になります。

3.協調性がより重視される

外資系の選考では、ウインタージョブ、スプリングジョブといった複数日程に渡るインターンを行うコンサルティングファーム、面接回数の多い投資銀行、インターンからの採用も多い外資系メーカーなど、どの企業も学生に対して接触機会を多く設けています。

一方日系企業の多くは、3~6回程度の面接ですべてを判断するため、学生個々人にじっくり時間をかけるのは難しい状況です。そのため、短い時間の面接でも自分の人当たりの良さや人間性をアピールできるよう、簡潔に話すことが重要になります。

また面接のみならずGDにおいても、外資系企業では論理性や主体性が特に重視される一方で、日系企業では協調性や人間性が重視されます。

選考全般を俯瞰すると、外資系は”Diversity”をモットーにバラエティに富んだ人材を積極的に採りに行く傾向が日系に比べ顕著です。

日系企業の中でも、大手代理店や総合商社など様々なキャラクターの社員が所属する企業もある一方で、「異端児は排して、同質の人で構成したい」といったザ・日系企業も多くあります。

それぞれの社員の方から醸し出される雰囲気を読み取り、面接官に「あの部署のあのひとっぽいなあ」と思わせることができれば、日系就活は成功だといえるでしょう。

外資系企業の就活経験はどのようなことが生かせるか?

外資系企業の就活で得た力のなかで日系企業の就活に生かせるものは主に以下の3つです。

・プレッシャーの中で物事を考え抜く力
・積極的に発言する力
・まわりのハイスペックに動じない精神力

1.プレッシャーの中で物事を考え抜く力

外資系の選考では、プレッシャーの中で物事を考えなければならない場面が多くあります。

例えばコンサルティングファームではケース面接では、難しいお題に対して頭をフル回転させながら答えを出さなければなりません。また、面接官から幾度となく論理の瑕疵を指摘されるため、そのような重圧に耐える力も求められます。

そのようなプレッシャーのかかる状況で、物事を考え抜いてアウトプットを出した経験は、思考能力を高めてくれますし自信にも繋がります。圧迫面接などの過度に圧がかけられる場面に立たされたとしても、外資系企業の就活で培った経験を生かして乗り切れるでしょう。

2.積極的に発言する力

外資系の選考では自分よりも遥かに優秀な社員や学生と議論する場があり、そうした場面では発言することすら一苦労ということもあります。しかし、発言しなければ評価してもらえないため、厳しい環境の中でも積極的な発言を心掛けた方も多いのではないでしょうか。

そういった厳しい選考を経験した学生は、自分を積極的にアピールすることへの抵抗がなくなっている方が多いです。そして、こうした積極性は日系就活においても大いに役立ちます。
例えば説明会や選考において積極的に発言すれば、社員に対して他の学生よりも強い印象を残すことが可能になります。こうした姿勢を忘れることなく今後の選考に臨んでみるとよいのではないでしょうか。

3.まわりのハイスペックに動じない精神力

外資系企業はスペックの高い学生が多く志望するため、GDや集団面接の場で華々しい経験を持つ学生と遭遇することもあります。実際に筆者も起業経験のある方や途上国の教育支援に携わった方など、びっくりするような経歴を持つ方々と同じグループになったことが度々ありました。

しかし、経歴は華々しくとも話してみれば普通の就活生です。謙虚な姿勢は保ちつつ絶対に選考を突破するという強い意志をもって臨むことで、彼らに対して恐れを抱くようなことは次第に少なくなってきました。それからは初対面で肩書がビッグな方にも恐れることなく、自分をアピールすることができるようになりました。

日系企業の選考においても、目を引くような経歴を持つ学生に遭遇することはあるかと思いますが、外資就活を経験された皆さんであれば、臆することなく自分の力を発揮することができるでしょう。まわりに流されることなく自分自身をしっかりPRすることが選考突破への近道です。

おわりに

冒頭でも示したように、外資系就活を経験しているからといって慢心すると足をすくわれることになります。日系就活ではどのようなことが求められるのかを理解したうえで、外資就活での経験を生かして頑張ってください。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)