外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

「この子本当に商社いきたいの?」と思われないために! OB訪問前にやっておくべき最低限の準備

はじめに

こんにちは。外資就活ドットコム総合商社チームです。

「給与が高く、世界中を飛び回り、大きなビジネスを動かしている……。」そんな華々しいイメージゆえに、総合商社に憧れを抱く就活生は非常に多いです。

しかし、倍率約100倍と言われる選考を勝ち抜くためには憧れだけではどうにもなりません。計画的かつ戦略的に、準備をすることがとても重要です。

今回は、準備の一環として必ず行ってほしい「企業研究」について取り上げます。

自分なりに各企業の違いを理解しておかなければ、面接本番で「この子本当に総合商社で働きたいのかな?」と疑われ、落とされてしまいます。さらに、どの企業が自分に適しているのかを知っておくことで、入社後の後悔を防ぐことができます。

また、今後各企業のセミナーや座談会、OB・OG訪問に参加する際における最低限の礼儀としても、それぞれの企業の目標、強みと弱みくらいは把握したいものです。

この記事では、皆さんが今後リサーチを進める上で取っ掛かりとなる、各企業の目指す方向性を知るための方法をお伝えします。

リサーチの進め方

まず皆さんに目を通してほしいのが、各企業のホームページです。企業のホームページの中には必ず、①中期経営計画/短期経営計画、②事業紹介、③プレスリリースの三つのコンテンツが掲載されています。

それらを見て、自分なりにそれぞれの企業が今後どうなっていくか、またどうなるべきか、仮説を立ててみましょう。

それを行うまでは各企業の社員の方々と「話す権利がない」くらいに思っても良いかもしれません。

①中期経営計画を通じてその会社の大まかな目標を掴み
②事業紹介とプレスリリースで具体的な計画達成のアプローチ方法を探る

上記の流れでリサーチを進めることで、各社の特徴が見えてきます。

こうして得られた情報を基に、仮説をもって臨むことで有意義なOB・OG訪問ができます。

中期経営計画/短期経営計画

繰り返しになりますが、上記三つのコンテンツから得たい情報は企業の目指す方向性です。当然どの事業分野でも多くの利益を上げることが理想ですが、企業それぞれに得手不得手があります。

それらと向き合い、得意な分野はより得意に、苦手な分野は克服して得意にするための計画を説明したものが中期経営計画/短期経営計画(中計)なのです。

企業ごとに書き方の個性はありますが、総合商社はほとんどの企業が(1)既存ビジネスの強化、(2)新規ビジネスの創出を軸としており、それらを実現するために組織改編とデジタル化を推進する形を取っています。

各社のオリジナリティーが出るのは、事業別の目標や業績、組織改編・デジタル化の具体的な進め方です。これらの情報を見て、自分なりに分析することが必要です。

以下に中計の基本的な構成をまとめておりますので、参考にしてみてください。

上記の「数字」の一部としてキャッシュフロー(CF)、配当、ROE/ROAなどといった単語が出てきますが、これらは流し読みする程度で大丈夫です。もちろん分かっているに越したことはないですが、現時点でこれらを読み解くのに時間を割く必要はありません。

企業が何に力を入れているのかをざっくりと理解し、自分の頭で将来を予測することが一番の目的であるのを忘れないようにしてください。

事業紹介とプレスリリース

中計を通じてその企業の得意・不得意分野がなんとなく分かってきたら、事業紹介とプレスリリースを見てさらなるリサーチを行いましょう。

事業紹介では文字通り、各分野の具体的な事業例を紹介しています。得意な分野・苦手な分野、それぞれの事業例を見て、それらの事業がどうすれば伸びそうか考えてみると良いでしょう。

プレスリリースでは、各部署の最新の動きを学べます。「スタートアップと提携した」「新しいサービスをリリースした」というようなニュースを見ることで、どのようにビジネスを拡大しようとしているのか知見が得られるでしょう。

総合商社 企業ホームページ リンク集

おわりに

中計で大まかな目標を把握したあと、事業紹介とプレスリリースで具体的なアプローチ方法を探る。

この流れでリサーチを進めれば、それぞれの企業の特徴が見えてくるはずです。

もちろんここで終える必要は全くありません。インターネットで総合商社と検索しただけでも特集記事がごまんと出てきます。

経済系の週刊誌などでも度々商社特集が組まれるため、それらを参考にすればより深い企業研究ができます。リサーチの過程で疑問がたくさん湧いてくるはずなので、それらをOB・OG訪問で聞いてみると良いでしょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)