外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【20卒内定者に聞く選考対策まとめ】住友商事

はじめに

こんにちは、外資就活 商社チームです。今回は総合商社の中で、特に人気の住友商事の選考対策についてまとめました。

20卒内定者の方のインタビューを基に、選考の各フェーズを掘り下げていきます。是非参考にしてみてください!

総合商社

選考STEP

1.WEBテスト

実施時期:4月上旬~4月中旬
試験内容:テストセンターにてGABを受験。内容は言語、計数、英語、性格診断。
倍率:総合商社の中で最も高い、ボーダーは7割程度
結果連絡(時期、連絡手段):4月下旬、メールにて通知

◎内定者の感想

・体感で、言語と計数が8割、英語が6割で、ボーダーは7割くらい。
・性格検査の結果はあまり重視していないと思う。
・スピード重視で迷わず解くことを意識した。

◎選考の重要ポイント

 5大総合商社の中で最も倍率が高いWEBテスト

形式はテストセンターでのGABですが、ボーダーは7割以上と非常に高めに設定されています。多くの学生がこの段階で落ちているため、WEBテストが苦手な方は対策必須です。

◎外資就活からのアドバイス

 玉手箱を計算機なしで解けるようにしよう

GABと問題の形式が類似している玉手箱の対策本にて問題に慣れることや、玉手箱を採用している企業を練習として受けることが有効です。また、住友商事のWEBテストはテストセンターで受けるため、計算機を持ち込むことはできないので、計算機なしで解くことにも慣れておきましょう。

 GAB形式のテストセンターを採用している企業で練習しよう

住友不動産やサントリーもGAB形式のテストセンターを採用しています。内定者もこの2つの企業を練習として受けていたそうです。実際のテスト形式に慣れるためにも他企業で練習することをオススメします。

2. 一次面接

実施時期:6月上旬
形式:若めの営業社員2人と学生2人のグループ面接
時間:30分ほど
会場:大手町にある貸会議室のブース(広い会場にある1つのブース)
雰囲気:面接官はフランクで笑顔で話を聞いてくれる。終始和やかな面接。会場の雰囲気は、会場に多くの面接用ブースがあるため非常にガヤガヤしている。
倍率:2倍(グループ面接の2人のどちらか一方のみ)
結果連絡(所要時間、連絡手段):面接2時間後、メールにて通知

◎進め方

面接前:面接の控室で待ち、人事部の社員が面接をする場所に案内をしてくれる。
面接内容:軽く自己紹介を行った後、20分程度ESに沿った質問や社員がその場で気になったことを聞かれる。最後に逆質問もしくは伝え忘れたことを話す時間が5分程度用意されている。

◎質問内容

・自己紹介
・学生時代に頑張ったこと(1人約7分ほど)
・日本企業の問題点(時事問題 ※面接官によって異なる)
・隣の人のエピソードについて
・逆質問or伝え忘れたこと

◎内定者の感想

・多くのブースがあるため、違うグル―プの面接の声がよく聞こえるため、大きな声で話す必要があった。
・自分の持ち時間が少ないので端的に答えることを意識した。
・隣の人のエピソードについても聞くことを心がけた。
・少なく見積もっても半分は通っている印象。

◎選考の重要ポイント

 どちらかが落とされるグループ面接

一次面接は、基本2人1組のグループ面接です。通過率が比較的高く半分以上の学生が通過していますが、グループ2人の内どちらかが通過し、どちらかが落とされます。そのため一緒のグループとなった学生との対抗戦のように感じますが、住友商事は「協調性」を非常に重視しているため。対抗心は見せないように気を付けましょう。

 隣の人のエピソードに対して意見を求められるので注意

一次面接は、他の学生のエピソードや面接官からの質問に対する受け答えも聞くことになります。住友商事は「自分の意見を持つこと」や「周囲との協働(協調性)」を重視していることから、他の学生の話に耳を傾けているかも見ています。ある内定者は、隣の人のエピソードに対してあなたならどうするか、と意見を求められたそうです。ここでは自分なりの意見を話すことが最も良いですが、否定的な意見は控えておきましょう。

◎外資就活からのアドバイス

 端的に分かりやすくエピソードを話すことと面接に慣れておくことが大事

一次面接は、他社の面接と比べると学生1人当たりの持ち時間が少なく、学生時代のエピソードが主に聞かれます。そのため、学生時代のエピソードはあらかじめ短い時間で説明できるようにしておきましょう。また学生時代のエピソードに関してはそこまで深く問われていません。そのため、最低限のパフォーマンスを発揮できれば通過できると考えられます。無難にこなすために、他社の面接を受けるなど面接慣れはある程度しておきましょう。

 時事問題やニュースに事前に触れておこう

住友商事は、面接にて時事問題やニュースについて頻繁に触れています。また、それらのニュースに対しての感想や意見が求められていることが多いです。意見や感想の質に関しては深く問われていないですが、時事問題をしっかりと理解できているか、それらに対し自分の意見を持てているかについて見ています。定期的に新聞やニュースをチェックして自分なりの意見が言えるようにしておきましょう。

 最後の質問は伝え忘れたことか、逆質問のどちらか

一次面接だけでなく住友商事の全ての面接に通ずることですが、面接の最後は「伝え忘れたこと」もしくは「逆質問」として時間を設けられます。「伝え忘れたこと」の場合は、アピールを出来ていない部分をアピールできる話をしましょう。実際にある内定者は、住友商事に対する志望度をあまりアピールできていなったため、住友商事の事業につながるエピソードについて話し、志望度の高さをアピールしたそうです。「逆質問の場合は、事前に調べたことに対して仮説を立て、その仮説が合っているかを確かめる質問が好ましいです。この仮説検証型の質問をできるように、事前に準備しておきましょう。

3. 二次面接

実施時期:6月上旬
形式:中堅の営業社員2人と学生2人のグループ面接
時間:30分ほど
会場:本社ビル内の小会議室orブース
雰囲気:穏やかな面接であるが、一次面接と比べて若干厳か
倍率:2倍(グループ面接の2人のどちらか一方のみ)
結果連絡(所要時間、連絡手段):面接2時間後、メールにて通知

◎進め方

面接前:一次面接と同じ
面接内容:一次面接と同様の構成で、面接の最初に自己紹介を行い、その後20分程度面接官がESや自己紹介から気になったことを中心に質問をする。最後に5分ほど逆質問もしくは伝え忘れたことを話す時間がある。

◎質問内容

・1分間の自己紹介
・自己紹介の中で面接官が気になったことの深堀り(10分)
・自己紹介以外で学生時代に頑張ったこと
・志望動機
・外国人と接する上で気をつけるべきこと
・自分が会社(住友商事)にて活躍できるポイントは?
・好きな本
・伝え忘れたことor逆質問

◎内定者の感想

・雰囲気は穏やかで、詰めたりせず、話をしている際はうなずいてくれた
・自分の持ち時間が少ないので端的に答えることを意識した。
・面接にて伝えたいことは一貫するようにした

◎選考の重要ポイント

 一次面接と面接の構成はほぼ同じ

二次面接は一次面接と同様に基本2人1組のグループ面接で、2人の内どちらかが通過しどちらかが落とされます。また、面接の構成も一次面接とそこまで大きく変わらないため、気を付けるべきポイントも一次面接と同じです。
ですが、一次面接はランダムで2人を組まれたのに対し、二次面接は自分と似たタイプの学生と組まれます。そのため、一次面接以上に自分の印象をしっかりと残すことが重要です。

 全てのエピソードに一貫性を持たせよう

二次面接では、学生時代のエピソードや志望動機に加え、面接官がチョイスした質問がいくつかあり様々な事が聞かれます。これらの質問で面接官が見ているのは学生の性格面です。面接において一貫性がない場合や突然の質問に対してアピールしたいこととずれた回答をすると、面接官に偽りの姿を見せていると思われてしまい誠実性がないと判断されてしまいます。そのため、自分の性格や強みなどをしっかりと伝えられるように、面接でアピールしたいことは一貫しておきましょう。エピソードや志望動機などを事前に深掘りしておくことも大切ですが、住友商事の求めている人材に一致できるようにアピールすべき点を寄せておくことも重要です。

◎外資就活からのアドバイス

 端的に分かりやすくエピソードを話すことが大事(再掲)

二次面接もグループ面接であるため、学生1人当たりの持ち時間が少ないです。また二次面接では学生時代のエピソード、志望動機、時事問題など少ない時間で多くの質問を聞かれます。そのため、学生時代のエピソードと志望動機はあらかじめ、短い時間で説明できるようにしておきましょう。

 時事問題やニュースに事前に触れておこう(再掲)

住友商事は、面接にて時事問題やニュースについて頻繁に触れています。また、それらのニュースに対しての感想や意見が求められていることが多いです。意見や感想の質に関しては深く問われていないですが、しっかりと時事問題を理解できているか、それらに対し自分の意見を持てているかについて見ています。事前に新聞やニュースをチェックして自分なりの意見が言えるようにしておきましょう。

4. 三次面接

実施時期:6月上旬
形式:社員2人(役員と人事)と学生2~3人のグループ面接
時間:30分ほど
会場:本社の小会議室
雰囲気:非常に厳かで緊張感のある面接。話している内容に関して深掘りされる。
倍率:4倍
結果連絡(所要時間、連絡手段):面接2時間後、電話にて通知

◎進め方

面接前:面接の控室で待ち、面接官が面接の部屋まで案内してくれる。
面接内容:一次と二次と面接の構成はほぼ同様で、自己紹介から始まり、その後は25分ほど面接官から様々な質問がくる。最後に5分ほど逆質問もしくは伝え忘れたことを話す時間がある。

◎質問内容

・2分間の自己紹介(学生時代のエピソードと志望動機を含む)
・自己紹介の中で面接官が気になったことの深堀り(10分)
・新卒一括採用と通年採用のどちらが望ましいか(時事問題 ※面接官によって異なる)
・伝え忘れたことor逆質問

◎内定者の感想

・面接の雰囲気は一次・二次面接と比べて厳かで、納得いかないところは深く問われた。
・志望動機を深く問われなかったので、違うエピソードにて志望動機に繋がるように話しアピールした
・3人のグループ面接であったため、いつも以上に端的に話すように心掛けた

◎選考の重要ポイント

 本選考ルート最大の難関である三次面接

三次面接の倍率は本選考ルートの中で最も高く4倍近くあり、一次面接や二次面接とは異なり2人グループの片方が通る面接ではありません。また、役員クラスと人事社員が面接官を担当し、緊張感のある面接となっており、納得いかない部分は深く問われるようです。ですが、形式や聞かれる質問は一次・二次面接とほぼ同様であるため、これまで通りのコミュニケーションを心掛けましょう。

 志望度の高さをしっかりアピールしよう

三次面接は、自己紹介時に志望動機を話す機会がありますが、学生によっては学生時代のエピソードのみ深掘りされ、志望動機は深く問われません。そのため、他の話と絡めて「なぜ住友商事を志望しているのか」をしっかりアピールできるようにしましょう。実際にある内定者は、学生時代のエピソードの深掘り時にこの経験が住友商事を志望する理由に繋がっていると話し、志望理由と繋げて志望度が高いことをアピールしたそうです。改めて、なぜ住友商事を志望しているかを面接前に確認しておきましょう。

 面接後の面接結果を伝える電話に気を付けよう

三次面接後、面接を通過した学生は電話にて結果が通知されます。三次面接を通過すると次は最終面接となり内定目前です。そのため、住友商事側は内定を出した場合に内定を承諾し入社してくれるのかを学生と確認をする必要があります。通常の場合面接にて入社意思を確かめますが、住友商事の場合は学生の本音を聞き出したいため面接の結果連絡の際に確かめます。実際にある内定者は、「他の5大総合商社の選考状況はどうなっているか」、「どこの会社から内定を出した場合、内定を承諾するか」といった質問を電話で聞かれたそうです。この電話も選考の一部と捉え、住友商事に対して入社意思があることをしっかりアピールしましょう。

◎外資就活からのアドバイス

 時事問題やニュースに対してしっかり自分の意見を持とう

三次面接は、二次面接と同様に時事問題やニュースに対して意見を求めた質問を用意しています。この時事問題のテーマは面接官によって異なるため、その年に起こった出来事や最近注目されていることを中心に、幅広くニュースを確認しておきましょう。その上で、自分の意見を相手にしっかりと伝えられるようにしておくことをおススメします。

 住友商事でどのように活躍できるかを話せるように

住友商事はポテンシャル採用の傾向があり、三次面接までは学生の能力面を非常に重要視しています。特に三次面接は、「この学生が本当に住友商事で活躍できるのか」、「住友商事でこの学生の強みを活かすことができるのか」といった面を見ています。そのため、一次面接や二次面接以上に学生時代のエピソードを深く問われます。面接前に学生時代のエピソードを深掘りしておく必要もありますが、そのエピソードから読み取れる自分の強みは住友商事でどのように活かすことができるのかについても考えておきましょう。

5.四次面接(最終面接)

実施時期:6月上旬
形式:年次の高い人事社員1人と学生1人。面接前か面接後に小論文あり。
時間:20分~30分ほど
会場:本社ビルの小会議室
雰囲気:非常に穏やかで、雑談に近い感じ
倍率:1.4倍
結果連絡(所要時間、連絡手段):面接当日~2日後、電話にて通知

◎進め方

面接前:面接の控室にて小論文200字を15分ほどで書き提出。その後、面接室に案内される。
面接内容:自己紹介をした後に25分ほどお話しをする。面接において質問される内容については、学生や面接官によって異なる。

◎質問内容

・小論文:これまでの面接で言いそびれたこと、なりたい自分の将来像、学生自体のエピソードなど学生によって課されるお題は異なる。この小論文については面接では使用されない。
・2分間の自己紹介(学生時代のエピソードとガクチカを含む)
・自己紹介の内容について(5分ほど)
・自分の就活を点数化すると何点か
・各商社(他の5大総合商社)の印象
・他の会社の選考状況
・第一志望の会社はどこか
・なぜ住友商事かを一言で表してほしい
・幼少期の経験に基づいて自分の性格を一言で
・逆質問

◎内定者の感想

・面接の雰囲気は非常に穏やかだった
・倍率は他の選考に比べて低く、4次面接に進んだ学生のほとんどは内定が出ていた
・入社意思をチェックされていたので、なぜ住友商事なのかを話し、志望度が高いことをアピールした。

◎選考の重要ポイント

 最終確認の場である四次面接

四次面接は部長クラスの人事社員との面接で、事実上の最終面接です。倍率は他の選考に比べて低くなっていますが、1.4倍近くあります。その四次面接で面接官が主に見ているのは、どのような学生であるか(住友商事の社風に合うか)という点と、内定を出した場合に住友商事に入社してくれるかという点の2つです。この2つについてしっかりと理解してもらえるように、エピソードを簡潔に話せるようにしておきましょう。

 カフェでのトークセッションに要注意

学生によっては、面接後にカフェにて住友商事の社員とフランクにお話をする機会が設けられます。この会は、住友商事についてより知ってもらう会となっていますが、社員から志望度をチェックされていることがあります。実際にある内定者によると、志望度を疑われている学生がこのトークセッションに呼ばれており、住友商事が第一志望ではないと答えていた学生は落とされていたそうです。フランクな場ではありますが、気を抜かずに臨みましょう。

◎外資就活からのアドバイス

 なぜ住友商事であるのかを明確に答えられるようにしておこう

四次面接では、他の5大総合商社の印象を聞くなど、住友商事に入社する意思があるかどうかを特に見ています。これまでの選考で高い評価を受けていた学生も、志望度の高さを四次面接にてアピールできなかった学生は落とされています。そのため、自分の経験談を基になぜ自分は総合商社を志望し、なぜ他の会社ではなく住友商事なのかをしっかり話せるように準備しておきましょう。

6. 内定後について

内定連絡時期:6月上旬
選考中・内定後の拘束状況:特になし
内定後の課題:TOEIC730点以上の取得、簿記3級の取得
内定者について:全体的に落ち着いた人が多い。体育会も多い。

◎住友商事に入社を決意した理由

①総合商社を希望していたから
②ベンチャー投資ができるから
③総合商社で受かった唯一の企業だったから

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)