外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【3分選考対策】三菱商事の本選考対策まとめ

目次

三菱商事に内定する2つのポイント

こんにちは、外資就活 商社チームです。

今回は、総合商社業界のトップを走り続け、資源/非資源を問わず安定した高収入を実現する三菱商事

実際に働く社員の質の高さや、仕事の内容や規模、転職市場でも高く評価されているポテンシャル等、ファーストキャリアとして最高の環境の一つです。

新卒採用市場でも例年、約150人程度の狭き門を1万人単位の学生が叩き、倍率は150~200倍を下りません。ではどのようにすれば三菱商事への道を開くことが出来るのでしょうか。以下の2点を中心に解説します。

・オーソドックスな面接対策
・なぜ三菱商事に行きたいのか

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」及び18卒総合商社内定者からのヒアリングを基に構成しています。

【過去の選考体験記はこちら】
三菱商事の選考体験記

オーソドックスな面接対策

三菱商事では、いわゆるトリッキーな内容を面接で聞かれることは、ほとんどありません。

奇をてらった振る舞いや、悪目立ちはむしろマイナス評価に繋がるといえます。

自分の持つ経験や強みが、いかに三菱商事にふさわしく、その上でなぜ三菱商事で働きたいのか。そのような基本的な内容を、真摯に自信を持って伝えるような王道な面接が必要です。

身だしなみを始めとする基本的なマナーに加えて、「自分の話し方、話す時のクセにおかしなところはないか」を徹底的にチェックする必要があります。

特に後者の面接での話す様子を1人でチェックするのは困難です。例えば、内定者の中には友人達と毎日のように集まって模擬面接を行い、面接の基礎を徹底的に練習したという話もありました。面接には慣れが必要であると言われていますが、実際に多くの練習とフィードバックを受け、内定を獲得した内定者もいますので、自分の面接を友人達と共に洗練させていくのは良い対策になるといえます。

なぜ三菱商事に行きたいのか

多くの学生が就職を希望する三菱商事ですが、「なぜ三菱商事に行きたいのか」という質問に対して明確に答えられる学生は実は少ないようです。

その理由は「多様な事業を抱える総合商社という業態への志望動機が難しいこと」「総合商社は比較が難しく、三菱商事を特に志望する理由が難しいこと」がいえます。

これは総合商社を志望する上で多くの人が悩む課題ですが、これに対する1つの解決策はOB訪問です。

就活人気で例年、日本トップクラスの企業ではありますが、外資系企業やメガベンチャーなど様々な選択肢がある現代では、危機感から「なぜ、あえて三菱商事?」と感じる社員さんもいらっしゃいます。これに対して、「三菱商事の人に惹かれ、一緒に働きたいと思った」という気持ちには一定の説得力があるといえます。OB訪問を通じて、リアルな三菱商事の社員の一体どこに惹かれたのか、その人達と共に自分がどのように成長していきたのかを志望動機にしっかりと織り込む必要があるといえます。

選考フロー

OB訪問→エントリーシート(ES)→筆記試験→1次面接→2次面接(筆記試験 + ケース面接)→3次面接→内定

選考フローは上記の通りです。以下で詳しく解説したいと思います。

OB訪問:選考への関連度は低めだが必須

なぜ三菱商事に行きたのかを作り込む

非常に精鋭部隊的印象の強い三菱商事においても、「なぜ三菱商事で働きたいのか」「三菱商事と合うかどうか」は重視されています。

そのような企業とのフィット感においては、面接官との相性のような、統制不可能な要因も働いてきます。特に三菱商事では、比較的容易に基礎能力が高い人が集めやすいため、+ αとしてのフィット感は非常に内定を左右する要因となりうるでしょう。

しかし「合う合わない」は、ある一つの要素についてだけ問われるものではありません。そのため自分が~な点で三菱商事が合っているのだ、という情報を集め、伝えるためにはOB訪問が最適であるといえます。

実際にどのような社員が働いているのか、自分と同じ考え方なのは何か、反対に異なるのは何か(モチベーション、働き方、キャリア等々において)を確かめてみるべきであるといえます

ES:奇策は不要。基本に忠実な伝わりやすい構成を

ES
・時期
4月上旬
・設問内容
これまでの学生生活の中で挙げた実績や経験を教えてください。部活、サークル、趣味、ボランティア、インターンなど何でも結構です。(50文字以下×4)
あなたがリーダーシップを発揮した経験の中で、最もインパクトの大きなものについて、関係者とどのように信頼関係を築いたのかという点を含めて、具体的に記してください。(400文字以下)
あなたが自分の殻を破って成長したと思う経験のうち、最も困難を伴ったものについて、途中でチャレンジを諦めなかった理由も含めて、具体的に記して下さい。(400文字以下)
三菱商事の「中期経営戦略2018」を踏まえ、三菱商事だからこそ実現できると考える、あなたの夢や目標について記して下さい。 250文字以下
あなたらしさが最も表れている写真(できるだけあなた自身が写っているもの)を2枚添付し、それぞれのエピソードを説明して下さい。(100文字以下×2)・結果通知方法:締め切り後1週間程度でマイページに連絡

通過率は高めのES。最終面接まで使われる点を意識する

三菱商事のESは他の総合商社のESに比べて分量が多く、書き上げるのに苦労していた学生が多かったようです。

例えば(2)では、明確に「リーダシップ」を中心に書くことが求められています。そのため、今まで伝えてきたエピソードのどの部分を強調すれば良いか、反対に削るべきかを考えてみる必要がありそうです。

(4)では内定者の中にはかなり中期経営計画を読み込んだ上で書いたという意見も見られましたが、一方で中期経営計画の軸となっているエッセンス(例えば、経営人材育成など)を抽出し、自分の志望動機とすり合わせたことで十分だと話す内定者もいました。

本質的には「三菱商事で長期的に活躍できる人材」を求めていることが伺える設問ですので、「今、三菱商事が求めているものは何か」という問いに対して自分なりの解答を最低限用意すれば、通過レベルは満たす内容となるでしょう。

また、内定者のESにおける(5)では奇をてらった内容にするのではなく、シンプルに日常生活の一場面を切り取っているものにしている人が多い印象を受けます。
例えば部活の練習中や大会、サークル、また高校時代のボランティア活動を使った内定者もいました。

一方で、全体として三菱商事では最終面接までの倍率はそこまで高いものではなく、通過しやすいESであるといえますが、最終面接においてもESに添った質問(なぜ、この写真なの?など)が行われておりますので、最終面接までを強く意識して書くことが必要であるといえます。

通過者感想例:
・面接官がその場で50字×4の記述を読んで/写真を見て、会いたいと思ってもらえるような、分かりやすい記述を心がけた。
・面接はESに沿って行われるので、面接で聞いて欲しいことを丁寧に書いた。

筆記試験:難易度は総合商社では低め。最低限の準備を丁寧に。

筆記試験(SPI)
・時期:
ESと同時に提出
・試験形式:
SPI
・試験会場:
テストセンター
・合格ボーダー:
7~8割
・結果通知方法:
ESと同時に

総合商社のESは非常に難関だと言われていますが、三菱商事の筆記試験のハードルは、そこまで高いものではありません。

もちろん最低限の対策は必要ですが、他の企業が普通に通過するレベルの内容であれば問題は無いと思われます。

通過者感想例:
・周囲で落ちたという人をあまり見なかったので、他の商社と比べてそこまでボーダーは高くないのかもしれない。
・周りで落ちている人はほとんどいなかった。
・毎年ボーダーが高いと言われているが、周りの友人を見てもその高さは感じなかった。総合商社の中で最も提出期限が遅いので、他の会社で受けたテストを使い回した。

1次面接:ネガティブチェック的1次面接。基本的な対応があれば問題なし。

選考内容
・時期:
6月上旬
・社員、学生の人数:
学生1人:社員2人(年次はそれなりに高い。中堅以上であり、40代〜のイメージ。)
・時間:
20分
・内容:
受付後、多くの学生が待つ部屋に案内される。某メーカーの飲み物が自由に飲め、円卓に6人の学生が座れるため歓談も可能。全員がスーツのため、一見すると結婚披露宴のようにも見える。社員が1人ずつ学生を呼び、その社員(面接官のうちの1人)と共に面接会場へ移動する。移動は徒歩で1~2分程度だが、明るく話しかけてくれて緊張をほぐしてくれる。
ブースは高く仕切られており、他の学生や面接官の様子は分からない。面接後に逆質問の時間がある。(質問内容)
・ESに書いたエピソードについて具体的にどこが大変だったか
・部活において、どんな活動をしてきたか、どんな役割を担っていたか
・法学部ならば法務部、コーポレートを志望しているのか
・エピソードにおける工夫
など
・結果通知方法:
当日中にメールで通知

面接の基本を徹底するべき

三菱商事の1次面接では、突飛な内容を聞かれたという例はほとんど見受けられませんでした。実際に通過率も高く、基本的なコミュニケーションは可能かどうか、ESから受ける印象と話している印象が大きく離れていないかといった、ネガティブチェック的位置付けに感じた人が多いようです。

そのため、基本的な面接での所作や自分の伝えたい内容や、その伝え方について精査してみる必要があるでしょう。

しかしながら、人によって通過連絡のタイミングが異なっていた事実もあります。

やはり通過連絡は早い場合の方が評価は高いと推測できるため、上記のような面接の基本だけで安心するのではなく、最終面接でも通用するレベルでの「三菱商事に合う理由」を随所でアピール出来るような準備はしておくべきであるといえます。

通過者感想例:
・最低限のコミュニケーション能力があるかどうかが見られていたと思う。
・非常にオーソドックスな面接で、志望動機などは一切聞かれない。
・自分がかつてどう行動したか、イメージがわくように分かりやすく説明した。

2次面接:特殊な選考。だが、気を張りすぎる必要はない。

選考内容
・時期:6月上旬
・社員、学生の人数:学生1人:社員2人
・時間:30分(筆記試験) + 30分(ケース面接)
・内容:
前回とは異なり、学校の教室のようなスペースで横並びに着席する。まだまだ、この段階では多くの学生がいる印象。時間になると簡単な説明の後に、筆記試験が開始される。内容は三綱領に関するものと、簡単なSPI的な問題。これが終わると1次面接と同様に、社員が学生を1人ずつ呼びに来る。やはり大きな会場にブースが設置されており、他の面接の内容は分からない。ケース面接を行う旨が伝えられ、用意されている紙とペンは自由に使って良い。3分で自分の答えを考え、社員に伝える。残りの時間でディスカッションと逆質問を行う。(ケース問題内容)
・個人経営の花屋の売り上げを上げるには
・自転車屋を再建するにはどうしたらよいか
・塾の経営を立て直すためには
・通学、通勤による満員電車を解消するための施策
など(質問内容)
・この方法だと違うリスクが生じるがどうするか?
・こういった工夫もできるが、どう考えるか?
・施策の妥当性
など・結果通知方法:
当日中に電話かメールで通知

アイディアも重要だが、重要なのはディスカッション

2次面接では、筆記試験とケース面接が2年連続で行われました。筆記試験に関しては、18年卒では三綱領に関する内容(※三綱領については注釈があるため、暗記の必要はない)と、簡単な知能テストでしたが、結果的に選考への重要度は低いと感じた人が多いです。しかしながら、全くもってヒドい内容は問題外ですので、一般的なSPI等の筆記試験対策を行い、三綱領に関する論説文については柔軟に対処し、最低限の論理的な文章を心がけましょう。

その後に続く、特徴的な2次面接におけるケース面接ですが、特別深く詰められるものではなかったという話が多く、素地となる思考力を問いている印象です。

単純に社員がケース面接をし慣れていないのではないか、そのため案件を進める上での上司とのコミュニケーションを見ているのではないかという声もあります。

また、人によっては二次面接の結果が30分程度で電話で通過連絡が来ていることから、あくまでこの段階では受けた学生に対する絶対評価で進めていることがいえます。

最低限の準備は以下のような外資系コンサルティング企業に向けたケース面接対策で十分といえるでしょう。

通過者感想例:
・理想像を現実にするための具体的な策がユニークだったこと。
・ケース課題の打ち手の提案に至った背景にも自分の経験を混ぜることで、打ち手の説得力を増すことができたと考えています。
・外資コンサルのケース面接に比べるとかなり詰め方は緩く、一緒に議論を進めていこうという感じ。

3次面接:最終面接だが、最大の関門

選考内容
・時期:6月上旬
・社員、学生の人数:学生1人:社員2人
・時間:30分
・内容:
最終面接ではあるが、人は多い。これまでよりも豪華で広い会議室が控え室となる。映像には三菱商事のプロジェクトビデオ等が流れている。今までと異なり、人事主導で面接会場へ移動する。少ない人数で行なっているからか、もしくは面接官となる部長クラスの方々を待たせないためか、気持ち忙しそうに案内される印象。面接会場では、今までよりも役職が高い社員2人と面接。基本的な流れに変更点はないが、「三菱商事に合うかどうか」を深く見られている。面接終了後には、事前に案内されていた第2控え室へ移動する。簡単なアンケートを書きながら、部屋にいる社員と同じく面接が終了した雑談が出来る。ここにいらっしゃる社員は全くもって評価を行なっておらず、某メーカーのジュースが沢山置いてあるので、どんどん飲みなさいと勧められる。その後は1人ずつ呼ばれて人事2人と面談。実際の志望度が問われたりするが、どの程度が選考に関わるかは不明。面談後に、人事から名刺をもらい「もしもオワハラ等で相談を受けた場合は、気軽に相談して欲しい」と伝えられる。(質問内容)
・学生時代頑張ったこと
・留学について
・留学先と日本との違いを感じたエピソード
・新しく趣味を作るとしたら
・好きな国
・やりたい事業
・志望理由
・入社後何をしたいか、なぜか
など・結果通知方法:
主に当日中に電話で通知

実は最も倍率が高い最終面接。今一度の最終チェックを

上述したように、三菱商事では二次面接にケース面接(能力チェック)を置いていることからも、一次面接はあくまでネガティブチェック(三菱商事として最低限の基準を満たしているか)であると考えられます。

そのため一次と二次で最低ラインの能力と人間性をクリアした後に、「三菱商事とフィットするかどうか」を最終面接で深く見ています。選考体験記においても最終面接で涙を呑んだ方が多く、「最終面接の倍率が最も高い」と言われるのは深い人物チェックが残されているからであると言い換えることも出来ます。

他の総合商社では選考を重ねる中でフィット感を徐々に確認していく中で、最後にまとめてフィット感を確かめているのは非常に特徴的であり、結果として「組織の三菱」にふさわしい、三菱商事らしい人材が多く集めることが出来る方法であるといえるでしょう。

通過者感想例:
・想定外の質問も多かったので、とにかく話が長くなりすぎないように、面接官と対話をすることを心がけた。
・奇抜なアイデアが求められているのではなく、論理立った回答をするように心がけた。
・最終面接では、あまり自分を飾らず、自分の考えたことを伝えたのが良かった。
・最終面接なので、三菱商事で働きたいという強い覚悟を示すことを意識して選考に臨んだ。

三菱商事の研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)