外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【3分選考対策】アクセンチュア(戦略)のインターン・選考対策まとめ

目次

アクセンチュアに内定する3つのポイント

こんにちは、外資就活コンサルチームです。

今回は代表的なコンサルティングファームであるアクセンチュアに内定するための選考対策について、以下の3点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・なぜをひたすら突き詰める
・思考するのが好きだと面接官に思わせる
・チームでタスクをやり遂げようとする姿勢

なぜをひたすら突き詰める

アクセンチュアに限らずですが、面接で重要なのはひたすらなぜを突き詰める姿勢です。特に、フレームワークにおぼれたり、頼ったりしてしまう就活生が本番になると多発します。こういった就活生は総じて落ちるリスクがあるので、気をつけてください。

フレームワークはあくまで道具です。実際に今回アクセンチュアの内定者にインタビューしたところ、同じグループでフレームワークを下手に用いた就活生は総じて落ちて言ったそうです。

例えば、〇〇の中期経営計画を考えてくださいなどの議題が出たとき、即座に「売上は単価と〇〇に分けられるので…」等フレームワークを用いるのではなく、背景をもっと見ることができるようになりましょう。

なんでそれやるの?何のためにそれやる必要があるんだっけ?など常にお題に対して疑問を持つ姿勢を持ちましょう。

思考するのが好きだと面接官に思わせる

思考するのが好きだと面接官に思わせるのも手段の一つです。
コンサルティングファームでは、思考体力などを見られていることが多く、そうした際にそもそも思考をすることが好きなのかどうかといった点は非常に重要な視点だと内定者のAさんは語ります。
例えば、ケース面接を行う際などにも楽しみながらディスカッションをし、面接官から与えられたヒントを元にプラスアルファでアウトプットする姿勢が求められます。

チームでタスクをやり遂げようとする姿勢

アクセンチュアのJOBではチームでタスクをやり遂げる姿勢が求められます。
コンサルティングファームでクライアントの課題を解決する際に、決して一人で課題に取り組むわけではありません。いかにチーム全体でより質の高いアウトプットをすることが出来るのかが見られます。

アクセンチュア内定者のAさんによると、みんなが言ってるからいいやではなくとことん議論し、自分が納得しないものに関しては、しっかりと相手の意見を聞きつつ自分の意見を主張するべきだと言っています。議論をする際には、論理的に考えて相手の意見に反対か賛成かを判断軸に持っているに考えると良いでしょう。

また、チームでやるときはバックグラウンドが豊富です。自分とは異なる考え方の人が多いため、一部でも使えないか。周りの意見を少しでも利用できないかと考えてみるとよいでしょう。そのような積極的な姿勢がチームで取り組むワークでは求められます。

選考フロー

説明会 → エントリーシート → 筆記試験・WEBテスト・適性検査 → 1次面接 → 2次面接→インターン→最終面接

ES:論理的な文章を意識する

選考内容:400-500字のお題を2つ与えられる。
出題例:
・ご自身の将来的なキャリアの展望について、短期的・長期的な視点でそれぞれどのように考えているかをご記入ください。(500-600字)
・そのキャリアの展望を実現するために、戦略コンサルタント育成プログラムで何を学び、その経験をどう活かしていきたいと思っているかをご記入ください。(300-400字)
合格通知:数日後にメール。

論理的な文章を意識する

コンサルティングファームで求められている能力の一部に論理的かどうかがあります。
そのため、エントリーシートでも論理的な文章を意識して、自分が論理的に考えることのできる人物であることをアピールしましょう。

アクセンチュアのESの特徴

コンサルティングファームではほとんど、エントリーシートが見られていないと言われる中、アクセンチュアは比較的志望動機などの内容を見られると内定者のAさんは語ります。
なぜアクセンチュアなのか答えられる状態に仕上げておきましょう。

筆記試験:ここで落ちるようではコンサルには不向き

試験内容:Webテストで玉手箱形式の内容となっている。具体的には、言語、非言語、性格の3つとなっている。
時間:60分
合格ボーダーライン:6割程度といわれており、比較的低め。
結果連絡:数日後メール
対策:市販の玉手箱の対策本で対策する

アクセンチュアの筆記試験はWebテストで玉手箱のような内容になっています。
言語・非言語・表の読み取りを問う問題となっているようです。
内容は簡単なので、ミスをしないように集中して取り組みましょう。

通過者感想例
・そこまで難しくなかった。
・玉手箱解いたことなくて不安な人は市販の対策本やっておくと良い

一次面接(GD):問題の背景を考える

形式:学生7人程度面接官1人
時間:40分
内容:GD
問題例:企業の○年の中期経営計画を策定
・満員電車を減らすには?
・酒に関するベンチャーの立ち上げ
・百貨店の売り上げを伸ばすには?
対策:市販のケース対策本をやる。

一次面接ではグループディスカッションが課せられます。
内容は例年変化するため一概に傾向があるとは言い難いものの、問題の背景や本質を考える力があるかどうかが見られていると言えます。
抽象的な問題になってくればなるほど、前提確認が重要になってきます。また、議論の内容がずれやすくなるため注意しましょう。
選考突破率はグループ中で7人に1人通るか通らないか程度の確率になっていると内定者のAさんは語っており、通過率がかなり低いためここを乗り切れるかどうかがキモになります。

通過者感想例
・フレームワークに頼っていた人は落とされていた
・議論の方向性がずれないように注意してワークに取り組んだ
・グループ内で1人通るかどうかの通過率だった

2次面接(ケース面接):考えることを楽しめる姿勢を見せる

形式:1対1
内容:お題の書かれた紙を渡され15分程度で個人でまとめた後に1対1で面接
時間:5分でプレゼン、20分で面接(ケース面接10分・普通の面接10分)
テーマ:無駄な100当番通報を減らす方法を考えろ
○○のイベントに来る人を増やす方法
ある企業のSNSのフォロワーを1ヶ月で○○○人増やす
結果通知方法:数日後にメール

二次面接はケースと普通の面接

二次面接ではケース面接と普通の面接の二つが選考内容となっています。

アクセンチュアのケース面接では変わったお題がでます。そこで焦らず、しっかり問題の背景をイメージすることと、本質がどこにあるのか考えることを意識して選考に挑みましょう。例えば、SNSのフォロワーを増やすのであれば、なぜSNSのフォロワーを増やす必要があるのか。その部分から考えていく姿勢が求められます。ケース面接では、面接官となんどもやりとりするため、そこで面接官から頂いたアドバイスを活かしてプラスαの答えを出すことを意識しましょう。また、面接官にわかりやすく伝えられるかどうかも重要な点です。

一方で普通の面接では、学生時代どんなことを頑張ったのか、チームを巻き込んだ経験にはどのようなものがあるのか、なぜアクセンチュアなのかなどが問われます。
ここでアクセンチュアを志望する理由、アクセンチュアでのキャリアプランのイメージをしっかり述べられるような状態にしておきましょう。

通過者の感想例
問題の背景から考えることを意識した
ケースだけでなく普通の面接もされた

インターン(JOB):3日間通して求められているものをアウトプットし続ける

期間:3日
人数:人数:5人1組 6チーム 3ターム 100人くらい
内容:初日の午前中あたりに、お題が発表される。そのお題について3日間かけて完成させ最終日に役員クラスの社員に向けてプレゼンする
・タイムテーブル
1日目:午前中に課題発表・ひたすらグループワーク
2日目:グループワーク
3日目:プレゼン発表お題の例:
・新しい異業種フィナンシャル・グループの提案
・テクノロジーと自販機を活用した新規事業提案

チームで取り組むことを重要視する

インターンでは5人1組で3日間グループワークを行い、最終的にパートナークラスの方に向けてプレゼンするという内容になっています。
初日から3日間通してメンターの社員さんが1人つくことも特徴の1つです。メンターも常にワークをみているので、その中で自分が思考体力があり、考えることが好きだという事、また、チームでも活躍することが出来るという事をアピールしましょう。

3日間という中でいかに自分がチームのアウトプットをより良いものにすることが出来るのか意識して取り組むことが重要になってきます。全体を俯瞰して、チームのアウトプットをより良いものにしようとする学生が高評価を得るためそれを意識してワークに取り組みましょう。

内定者AさんによるとJOBが山場だと感じられたそうです。
アクセンチュアが評価する人物像をしっかり押さえておくことが選考を有利に進めることになります。
インターンに参加する前にアクセンチュアが求める人物像について理解しておくようにしましょう。

通過者の感想例
会議室が閉まったあとも時間を有効活用する必要があるため、作業できる場所を見つけておくべき
腑に落ちないところはとことん議論することを心がけた
様々な考え方が出てくるので、他者の意見も取り入れること、聞くことを心がけた

最終面接:最終面接では落とされないように気をつける

内容:最終面接
テーマ:普通の面接。コンサルの志望動機の深堀など
時間:20分ー25分くらい
人数:1対1
選考結果通知:1週間から1ヵ月後に連絡
最終面接の最後の日程から1週間後

インターン終了後、優秀者のみが最終面接に呼ばれます。
最終面接は普通の面接内容となっており、志望動機などを深掘りされます。
ここまできたら後はアクセンチュアに入社したい理由をしっかりと伝えましょう。
面接官もここで見ているのは能力面より性格面の部分です。
一緒に働きたいと思われるような自分をしっかりと面接官に伝えることが重要です。
実際に、ここで落とされる人はほとんどいないため、やはり山場は3日間のインターンだと考えられます。

内定者情報

内定者数:年間で30~40名程度
内定者学歴:東大、京大、早慶、一橋大など

アクセンチュアの研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)