外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【最終面接】本音で面接に臨むことの3つのメリット

はじめに

選考が進むにつれ、気になってくるのが最終面接。業種によって異なりますが、最終面接で脱落する人数も決して少なくはないため、最後まで気を抜くことはできません。
今回は、そんな最終面接の場はもちろん、最終に至るまでの面接においても重要な、「本音」で面接に臨むことの重要性についてご紹介します。

最終面接は“学生と企業のマッチング”を見極める場

最終面接まで順調に進んだけれど最後の最後で不採用になった という声をよく耳にします。

この原因として、最終面接とそれ以外の面接で面接官の立場が異なること、さらに面接官が学生を見る際に重視するポイントも違ってくるということが考えられます。

選考の序盤で実施される面接では、その学生が企業に合っているか(マッチング)も大切ですが、どちらかというと第一印象やコミュニケーション能力、論理的思考力など主に基礎の部分を見ている場合が多いです。

「なかなか頭が良さそうだな」「なんとなく一緒に働きたいな」と思わせることができれば通過は難しくないでしょう。

一方で、最終面接というのは、その人を採用するか・しないかを決定するという採用において最も重要な場であるため、企業と学生とのマッチングが選考の鍵となります。

せっかく厳しい選考を勝ち抜いたのですから、是非内定をいただきたいところですよね。

ここでは面接全般、特に最終段階の面接において、話の内容を無理に誇張したり嘘をついたりせず、本音で面接に臨むことのメリットについて書きたいと思います。

本音で就活することのメリット

面接での行き過ぎた「盛り」はすぐにばれる、嘘をつくと話を掘り下げられたときに答えられないなど、当サイトでは過去の記事でも本音での就活をお勧めしてきました。

集団面接で見たすぐバレる「盛り」
面接に通る自己PRをするための3つのコツ

就活中の皆さんであれば、当サイトに限らずあらゆる場所で、耳にタコができるほど「ありのままの自分を見せるのが1番!」という話を聞いてきていることだと思います。

では、「本音を話すこと」には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下、順番に説明していきたいと思います。

1.自信に満ちた魅力的な人物に見える

まず、どんなに掘り下げる質問をされても動じることなく答えられることが挙げられます。

話を少しでも誇張してしまったりすると、面接官と会話をする際にどうしても辻褄が合わなくなってきます。そうなると「まずい…」という焦る気持ちが相手にも伝わってしまい、自信なさげに話している印象を与えかねません。

誇張・捏造をするのであれば、
事前によほど緻密に妄想し、細部まで完璧に作り上げておく必要があります。
(おそらく、作り話で内定を貰ったという人はここの作業にぬかりがないはずです。)

これはなかなかに骨の折れる作業です。
妄想している時間があるならば、正直に、ありのままの自分を堂々とアピールする方法を考える方が効率的でしょう。

2.ご縁がなかったとしても納得できる

全て本音で話したうえで、残念ながらご縁がないということも時にはあります。

もし本音ではなく嘘をついたり、本来の自分とは違う姿を見せた面接で不採用と言われた場合、何がいけなかったのかを明らかにするのが困難になります。
嘘のエピソードや志望動機が悪かったのか、自分の話し方が悪かったのか、ひょっとして本音で話していれば採用されたんじゃないか…など、悩むことでしょう。

数回の面接を突破して終盤の選考まで進んできたということは、それなりのポテンシャルを持っていると判断されているわけですから、自信を持って自分の考えを面接官に伝えていくべきです。
その結果万が一、ご縁がなかったとしても「あの会社には自分は合わなかっただけだ」と納得でき、過度に悩み落ち込む必要もありません。

3.企業とのマッチングがうまくいく

嘘偽りなく自分の考え・気持ちを面接で伝えることができれば、自分も入りたいし企業側も自分を欲してくれる、相思相愛の就職ができる可能性も高まります。
先ほど本音で話した上で不採用になった場合は「会社が自分に合わなかっただけ」と納得できると書きましたが、その逆も然りです。
ありのままの自分を面接でアピールし、結果として内定をいただけるのであればこんなに良いことはありません。

就活で行き詰ってしまった時は、「自分はダメな人間だから内定を貰えないんじゃないか…」とネガティブな考えに陥りがちですが、いくら優秀な人であっても企業とのマッチングがうまくいかなければ内定を貰うのは難しいものです。
採用する側も、高いお金をかけて新人を採用していますから、「この学生はうちには合わないな、すぐ辞めてしまいそうだな」と感じる人は採りたくないでしょう。

グループディスカッションや1次面接は通過するのに終盤になるとうまくいかないと感じる方は、このマッチングがうまくいっていない可能性が高いです。

自分はどういう人間なのか、何がやりたいか、今後どうしていきたいかをもう1度考え、志望業界・企業・職種の幅を広げて応募してみると、今まで気付かなかった「自分に合った就職先」に出会えるかもしれません。

最終面接で自分がどういう人間なのかに迷いが生じたときは、下記の書籍も参考になると思います。「何を自分が大事にしているか」がエニアグラムといった考え方で明らかになります。筆者も軸がぶれていた時期にこれを読んだことで、自分の価値観を改めて見つめ直すことができました。

おわりに

特に外資系企業ではtalk straight(上司・部下に関わらず自分の意見をはっきり述べること)を求められることが多いため、かしこまって当たり障りのない話をする人よりも、自分の考えを率直に伝えることができる人材を欲しがる傾向にあるようです。

また、「正直に話すにしても、自分にアピールできるものが無い場合はどうすれば?」という質問もときどき受けます。
よく考えれば色々なアピールポイントが出てくる場合も多いのですが、それでも何も出てこないというのであれば、「何故アピールできないのか」をとことん考えてみるのも1つのやり方ではないかと思います。

例えば、


・「すごい経験をしてこなかった」
「それは何故?どうすれば経験できたのか?」

・「周りの人が優秀で遅れを感じてしまう」
「何故遅れを感じるのか?差を埋めるため今後はどうしていきたいか?」

という具合に、「今はこんな自分だけれど、これからはこんな風に行動し、こんな自分になっていきたい」と明確に語れれば、それは非常にやる気に満ちたアピールとなるでしょう。
本音で話すべきというのは、「嘘はいけない」といった綺麗ごとで言っているわけではありません。

自分を偽って就職した後、「やっぱり合わない、やりたいことが出来ない、もう辞めたい…」と不満やストレスが募らせ、企業にとっても自分にとっても良くない結果となることを避けるためです。
企業とのマッチングをよく見極め、等身大の自分で選考に挑みましょう。


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
Pick Up ! PR
コミュニティの新着質問