外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【必見!】ES提出前のチェックポイント5選

会員登録するとこのコラムを保存して、いつでも見返せます

こんにちは、外資就活 コラムチームです。

今回はエントリーシート(以下、ES)提出前のチェックポイント5選を解説します。
ESで落ちてしまうと、今までのwebテスト対策や面接対策が無駄になってしまうので、通過するために提出前に必ず確認を行いましょう。

文章の内容や構成に気を配るのはもちろんですが、「ESが面接の際に再度使われる」という認識も忘れないでください。

以下で5つのポイントを順番に解説していきます。

ESチェックポイント①:結論ファーストになっているか

文章を書く時の原則は結論を最初に書くことです。
なぜなら『文章の結論や構造について、読み手は知らずに頭から読んでいる』からです。

「色々と書いているが、結局のところ質問に対する答えがどこに書かれているのかよくわからない」と読み手に思わせてしまう文章は最悪です。
何百、何千枚ものESを読んでいる企業担当者は、読む気を失くしてしまうことでしょう。
締め切りに追われて文章の構成を決めないまま書き始めると、そのようなESになりがちです。

結論を「」(かぎかっこ)で囲う。
など、目立たせるのもコツの一つです。そこから具体的なエピソードやきっかけについて書いていきましょう。

ESチェックポイント②:質問に的確に答えているか

問われている質問にストレートに答えず、質問内容とは全然関係のない自己アピールに終始しているESをよく見かけます。どうしても伝えたい内容があるのはわかりますが、企業側が聞きたいのはその話ではありません。

聞かれたことと関係のない記述は読み飛ばされるので時間の無駄ですし、「聞かれたことにちゃんと答えられない、非論理的な人のようだ」と思われたら、倍率の高いES選考で落ちてしまうでしょう。

また、一つのエントリーシートで複数の点について問われている場合にも注意が必要です。このような場合、ES内の各まとまりの中でどの点に対応しているのか明示すべきです。

見出しをつけることはESの形式上難しいかもしれませんが、「ここから○○の理由について説明します。」のような仕切り表現を用いると良いです。
特に、外資系投資銀行やコンサルティングファームでは一つの設問につき800~1000字で回答することもあるので、このような工夫は必須です。

ESチェックポイント③:構成や言葉の使い方にこだわっているか

書き終わった文章は必ず2~3回、頭から終わりまで論理を追いかけながら音読して、以下をチェックしましょう。

・誤字脱字の有無
・主語と述語の関係はおかしくないか
・一文が長すぎないか
・結論は明確か
・口語表現がないか
・論理の飛躍はないか

特に、主語を省いた文章を多用したESを多く見かけます。
日本語は主語を明確にしなくても良い特殊な言語ですが、可能な限り主語をきっちり書いた方がわかりやすい文章になります。

一文が長くなり、主語と述語の組み合わせが分かりづらくなっている場合、文章を短く分割しましょう。
そうすることで、主語と述語を必然的に意識することができ、読みやすい文章にすることが出来ます。

また、なるべく文章は具体的な自分の言葉 で表現するようにしましょう。
「ググったら検索にたくさん引っかかるような文章」は書くべきではありません。
ESを添削していると、「成長したい」「日本のために働きたい」「貴社に貢献したい」といった言葉をよく見かけます。
このような言葉は、検索してみればこの世の中に溢れていることがわかると思います。
そのような言葉は読む側の人間には響きません。
「自分にとって成長ってどういうこと?」「貢献って何?」などと何度も何度も考えて、『自分の言葉』で表現するようにしましょう。

ESチェックポイント④:自分について書いているか

文章の中に、「新興国に市場をもつ圧倒的な潜在力を意識し、海外進出を進める貴社は~」や、「顧客第一、という方針のもとビジネスを展開しておられることから~」といった、「見聞きしただけのつまらない事実」を入れるのはおすすめしません。必要な場合も最小限にしましょう。

会社が知りたがっているのは、『あなたという人間』はとある事実についてどう考えるか、何を感じたか、ということです。
出来る限りつまらない事実それ自体を書くことは避け、自分の考えを詰め込むのが、密度の高い優れたESを作るためのポイントです。

そうすることで、他の人と同じようなESになってしまうことを防ぐことが出来ます。
「何百人、何千人とエントリーしてくる中で他の学生と少し違うことが書いてあると、通したくなってしまう」と話す企業担当者は少なくありません。

ESチェックポイント⑤:面接の問答に耐えうる内容になっているか

ESは選考初期段階で使用されるだけでなく、その後の面接での話のタネとして用いられます。
そこまで想定していないケースが多いのですが、何度も話をしなければならないことを想定し、面接に耐えうる内容かどうか確認してください。

「文字数を埋めるのがやっとで・・・」という気持ちはよくわかりますが、面接の際に突っ込まれた際に、中身が全くないと結果的には面接で落とされることになりかねません。

逆に、他社の面接時に盛り上がったという話があれば、ESを書く際に優先的に書いてみるのもおすすめです。

ESをクリアして就活を有利に進めよう

いかがだったでしょうか。

ESは選考の比較的早い段階で設けられていることが多いため、人気企業であればあるほど選考官は膨大な数のESに目を通すことになります。
そういった選考官の立場に立ってみて、「どのようなESだったら通したくなるのか」を考えて書くことが、より良いESを作成することに繋がります。

インターンや本選考のエントリー時期は多くのESを作成する必要があるため、大変な側面もありますが、「読み手の立場に立つ」ということを意識して下さい。
そのようなマインドを持って作成することできっと選考通過率が上がります。
頑張って下さい!応援しています!

最後に、下記は文章力を高める上でとても参考になる本です。
付け焼刃ではない本物の文章力+ロジカルシンキングを学ぶことができますので、一度目を通してみることをお勧めします。


マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員限定コンテンツ多数!

無料会員登録はこちら