外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

グループディスカッション初心者のためのtips

はじめに

先日、某学生団体のスタートダッシュセミナーに当サイトのスタッフが参加しました。

皆さん初めてのグループディスカッション(以下、GD)で苦労されているようなので、GDでチームとして優れた結果を出すのに役立つコツのようなものを今日は紹介したいと思います。

GDの概要については「グループディスカッション対策」で書かれています。

また、「どのように問題を分解するか?」「どのようなフレームワークで解決策を考えるか?」というような、ケース面接と共通の問題については、ケース面接やロジカルシンキングの対策本を読むと学ぶことができます。

今日はそれらを踏まえた上で、「チームプレイとしての」GDを上手にこなすために覚えておくべきことを紹介します。

GDにおいては、各人が一人でなんらかの答えを出せることは前提条件であり、みんなで話し合うことでさらに良い答えが出てはじめて成功と言えるでしょう。

以下のポイントを押さえることで、無駄な押し問答やアウトプットに貢献しない発言が減り、GDがより成功に近付くと思います。

グループディスカッションを成功させる6つのtips

人数が増えるほど難しくなる。最初に時間配分を決めよ

GDはだいたい4人から8人程度で行われますが、人数が多くなるほど、迷走して何も決まらないまま終わる確率が高まります。

それを防ぐためには、最初に問題を定義し、大まかな時間配分(全体の時間を2~3つに分ける)を決めたうえで、基本的にはその時間配分を厳守することが有効です。

タイムキープは一人に頼らず、全員が時間を意識しながら進めましょう(そもそも時間がない議論だというのに、時間について意識していないメンバーが一人でも混じっていることが論外です)。

こうやって「今自分たちは何について議論しているのか」を明確にすることで、脱線を阻止することができます。

全員で時間配分を決めたにも関わらず前の話を蒸し返したり、ずれた話をする人に対しては、きちんとその旨を(嫌みのない形で)指摘しましょう。

書記を有効活用して、議論を共有せよ

GDに慣れていないチームでよく見られるのが、各自がいい発言はするのですが、それをきちんとまとめている人が一人もおらず、各自が手元の紙などに何かを書いているような状況です。

これはあとでまとめ直さないといけないし、せっかく誰かが重要なことを言っても聞き逃されることが多いので非常にもったいない。

真ん中に置いた一枚の紙なりホワイトボードに出た意見をまとめ、全員がいつでも確認できるようにしましょう。

みんなの発言をフレームワークにまとめ、全員がわかりやすいように整理する書記は重要な役割です。

問題解決型のテーマは、「誰がやる?」「期間は?」「予算は?」を意識せよ

「~にはどうしたらいいか?」というような話題を扱う時、誰がその行動の主体となるのか(国か、地方か、企業か…)、期間(1~2年のスパンか、10年近い長期スパンなのか)、予算(どの程度費用をかけていいのか) をイメージすることは重要です。

これらが決まらないと意見の現実性について討論することが不可能なので、全く地に足のついた議論ができません。

例えば「米の消費量を1.5倍にするにはどうしたらいい?」という問題に対する、「米の消費量を増やすには、米の価格を下げればいい」という意見は、それが国家による米の価格規制を意味するのか、自社一社の米販売価格値下げを意味するのかによって全く意味合いが異なってきます。

誰も確認しなかったら必ず指摘しましょう。

消費者を機械のように見てないか?リアルな消費者をイメージせよ

GDをしていると「こうすれば消費者はこう動くだろう」と、安直な仮定を置いた意見がよく見られます。

例えば「米の消費量を1.5倍にするにはどうしたらいい?」という問いに「米の価格を半分にすればよい」とか「もっと広告宣伝で米をアピールすればよい」という意見を出す場合、まず最も単純なレベルでは自分に置き換えて考えてみればいいと思います。

すなわち、「米の値段が半分になったら、自分は1.5倍米を食べるだろうか?」「毎日米の広告が出ていたら、自分は米を1.5倍食べるだろうか?」ということです。僕にはこれがリアルに感じられません。

自分以外にも、自分のまわりの主婦、異性、お年寄りや子供等、様々な消費者を頭の中でリアルにイメージしながら、「もしこういうことをしたら、彼ら彼女らはどういう行動をするだろう?」とイメージすると、より地に足のついた説得力のある施策が提案できると思います。

リーダーは自らの視野の狭さを自覚せよ

意見を出すのもまとめるのも議論を引っ張るのも一人でやりたがる人が時々いますが、それは非常に危険なことです。

何回かそのような経験をしないとわからないことですが、GDの中でそういうマルチタスクをしている時、自分の視野は確実に狭まっています。

失敗GDのよくある例として、そういう視野の狭い「暴君」が、全体の議論に取り入れる意見と取り入れない意見を勝手に選り分けながら勝手に自分の意見を入れ、チーム全体のアウトプットをダメにしてしまうケースがあります。

そういう傾向のある人は、議論を引っ張る立ち位置から一歩離れて見ることで、自らの視野の広がりを実感できるでしょう。

リーダーは議論を引っ張る仕事にエネルギーが割かれて自らの視野が狭まっていることを自覚し、いつもよりも三倍積極的に人の話を聞いてください。

時には戻る勇気も必要

みんなでそれなりに時間をかけて至った結論が、後に明らかな失敗ないし間違いであったことが判明することが、GDでは時々あります。

時間がないので間違いを自覚しながらも前に進めたいところだと思いますが、間違った前提の上に立って進められた議論などは何の意味も持たず、特にコンサルタントはそういうごまかしを嫌います。

議論時間の1/2を費やして間違いが判明した時にはもはや手遅れですが、例えば1/3を費やして至った結論が間違いであれば、時には後戻りして正しい前提に立ち返る姿勢を忘れないのがよい議論だと僕は思います。

おわりにー参考リンク

以下のサイトもチェックすると、グループディスカッションについてより深く理解できると思います。

しかし、グループディスカッションは毎回変わるメンバーやテーマが内容を大きく左右しますので、インターンや採用のかかった実戦を繰り返すのが最良の練習方法です。

多くの会社に申し込んで経験を積み、秋以降の本採用選考で優れたパフォーマンスが出せるように頑張りましょう。

グループディスカッション対策」-外資就活ドットコム

未経験者のためのGD講座-かねどーの日記


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問