外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【3分選考対策】ATカーニーのインターン・ジョブ対策まとめ

目次

ATカーニーに内定する3つのポイント

こんにちは、外資就活 コンサルチームです。

今回は代表的な戦略コンサルティングファームであるATカーニーに内定するための選考対策について、以下の3点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・個人でワークをやり通す力
・相手の意見を上手く取り入れる
・最後まで考え続ける姿勢

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」から抽出しています。

【過去の選考体験記はこちら】
ATカーニー 選考体験記

個人でワークをやり通す力

ATカーニーはジョブ選考が完全な個人ワークで行われます。チームで行うのであれば、自分が苦手な仕事はチームメイトに任せ、得意な仕事に注力すれば問題ありません。

しかし、個人ワークである以上、ワークの一連の作業を1人で全てこなす必要があります。課題の特定、仮説構築、仮説検証、資料作成、発表、質疑応答のどれが欠けてもいけません。

他のジョブなどにおけるグループワークを通して、ジョブ慣れをするとともに、自分の苦手な仕事を克服してからATカーニーのジョブに臨むことをお勧めします。

相手の意見を上手く取り入れる

ATカーニーがケース面接で出すお題は抽象的なものが多いです。そのため自分では完璧だと思っても、面接官とのディスカッション中に自分の考えに抜け漏れがあることに気づかされる可能性が高いです。

その際、面接官が提示してきた考えを上手く取り入れ、より良いアウトプットを出すことが求められます。そのためには思考の柔軟さが不可欠です。これはジョブにおいても同じで、コンサルタントのFBをいかに自分のアウトプットに活かせるかが見られています。常に柔軟さを持つよう気を付けてください。

「これが正解だ」ではなく「いろいろな考え方ができるはずだ」という意識で選考に臨むようにしてください。

最後まで考え続ける姿勢

とある内定者は「ジョブ3日目にして、内容を根本から変更する必要のあるフィードバックを受けた。徹夜で内容を修正し、最終プレゼンに臨んだところ、タフさや目標へのこだわりが高く評価された。」といっていました。

個人ワークという他者に責任を押し付けられない状況において、逃げずに最後まで考え続ける姿勢を見せるよう心がけましょう。

選考フロー

エントリーシート → 筆記試験・WEBテスト・適性検査 → 1次面接 → 2次面接 → その他の選考(ジョブ・インターンなど)→3次面接→内定

選考フローは上記の通りです。以下で詳しく解説したいと思います。

エントリーシート:論理的な文章を意識する

選考内容
・設問内容:1問目ー恋人との「モズク観の不一致」(恋人も自分もモズクが好物であるが、恋人はモズクを最後に食べ、自分は最初に食べるということにこだわりを持っている)に対して、恋人にどのような主張をして、どのように説得するか。(600字以内)
2問目ー特筆すべきインターン経験、或いはアルバイト経験(200字以内)
・結果通知方法:一週間以内にマイページ上で通知

論理的な文章を意識する

ATカーニーのエントリーシートでは「論理的に文章を書けているか」に気をつけましょう。

ATカーニーをはじめとする戦略コンサルティングファームでは、エントリーシートをあまり重視しない傾向にあります。ただし選考の途中でアイスブレイクのような形で、エントリーシートを確認される場合はあります。

いざエントリーシートを見られた際、論理性に欠けた文章だと、相手に悪印象を与えてしまう可能性があります。そういったことがないよう、論理的な文章を書くように心がけましょう。

設問が重めなので、早めに書き始めること

ATカーニーのエントリーシートは例年設問が重めです。22卒のインターン選考では『のらぼう菜」の新しい名前について1000字の設問でした。字数が多いのも特徴です。

直前になってから慌てて書くと間に合わない可能性があるので、前々から準備を進め、できれば社会人に見てもらうなどするとよいでしょう。

通過者感想例:
・基本的にESで落とされている人はいなかった。
・論理的・構造的な文章を展開することを心がけた。
・主張と理由が紐づくように整理をして書いた。

筆記試験:高難易度の筆記試験、解ける問題をしっかり解く

選考内容
・試験形式:独自形式(マーク式)、1問3点、不正解-1点、無回答は0点
・試験内容:判断推理&数的推理が5割、言語が1割、GMATが4割くらいの配分。GMATは日本語版、英語版両方あり、critical reasoning だけでなくdata sufficiencyも出題される。
・時間:40分(17問)
・合格ボーダー:6~6.5割、満点だと落ちるので注意
・結果通知方法:1週間前後でメールにて連絡

解ける問題をしっかり解く

ATカーニーの筆記試験では時間の使い方に気をつけましょう。

問題の難易度は他のファームに比べ格段に高いうえ、制限時間も十分とはいえないです。そのため、解けない問題に悩み、時間を使ってしまうと、解けたはずの問題も落としてしまいます。

最初に全ての問題を一通り見たうえで、解けそうな問題から始めましょう。

間違えると減点だが、3択まで絞れるなら回答するべき

ATカーニーの筆記試験では、正解すると3点、無回答は0点、不正解だと‐1点されてしまいます。そのため、自信のない問題に関しては、白紙で提出したほうが無難です。

ただ、確実に間違いであろう選択肢を消し、3択まで来たのであれば、期待値(※)が0を超えるため、回答した方がよいです。
※ 3 × 1/3 + (-1) × 2/3 = 1/3 > 0

通過者感想例:
・ボーダーは7.8割な感覚がある。
・対策法としては、判断推理やTG-WEBなどでWebテストの対策をしながら、過去問例などの演習を通して問題慣れをした。
・難易度はかなり高く、時間内に全て解き切るのは困難。入念な学習が必要

1次面接:推定の筋道をしっかり考える

選考内容
・形式:学生1人、社員1~2人のケース面接
・時間:約1時間
・内容:メールで最初に問題が送付され、10分間の思考時間の後Skypeによるビデオ通話で発表、質疑応答を行った
(質問内容)
・コロナ禍で長期休校が発生し、学習の遅れが問題となっている。義務教育の柔軟性を高めるためにはオンライン教育の導入が求められているが、導入を加速するために、政府としてどのような施策を打つべきか
・「コロナウイルスの影響を受けて、2025年時点で「東京の一極集中」のトレンドはどのようになると思うか?」という問いで、人の地域間移動に関する定量データ及び定性的なヒアリングデータ付きの資料が同封されていた。
・結果通知方法:1週間以内にマイページにて通知

推定の道筋をしっかり考える

ATカーニーの1次面接では推定の道筋をしっかりと考えるようにしましょう。

将来予測を含むフェルミ推定など、かなり難易度の高いお題が出題されます。そういったお題に対して、いきなり教科書で学んだような式を当てはめにいくと失敗する可能性が高いです。

まず初めに、「そもそも〇〇の定義はなにか」「この数はどのようにしたら推定できるだろうか」「他により良い推定法はないか」などをしっかりと考え、推定の道筋を建てましょう。

構造化し、どの要素に変化が起こるかを明らかにする

将来予測系のフェルミ推定において、いきなり将来の数字から推定しようとすると、現在からの変化を大雑把に捉えてしまいがちです。

それを防ぐために、まず現状の数値について構造的に把握しましょう。そして、その構造のどの要素が、将来どのように変化するかを明らかにすることで、将来の数を求めることをお勧めします

通過者感想例:
・事前に考える時間はあるものの、結論を出す必要はないとのことだった。正確な答えが出せる問題ではないので、おそらくどれだけ様々な要素を考慮できるかが重要となるだろう。
・ホワイトボードに書いた内容への質問の他、「今まで話した以外にどんな可能性があるか」なども聞かれた。
・終始和やかな雰囲気であった。発言への反応も良く、建設的な議論ができた。
・ファーストアウトプットにこだわりすぎない姿勢が重要であるように感じた。最初の発表の質よりも、その後の面接官とのディスカッションの質や姿勢が重視されていると思われる。

2次面接:具体例から抽象化する

選考内容
・形式:学生1人、社員1~2人のケース面接
・時間:1次面接と全く同じ形式であった
・内容:ケース面接およびそれに類するもの
(質問内容)
・「コロナ禍で外出機会が減り、ゲームへの人気が高まっている。他方で、ゲームのしすぎで生活リズムが崩れている子供がいる懸念から、香川県ではゲームのプレイ時間に規制がかけられた。ではゲームへの規制は行うべきか。」という設問で、こちらも一次面接同様に簡単な定量・定性データが併せて送られてきた。
・結果通知方法:2~4日後、メールにて通知

個人ワークの時間は思考の幅だしに使う

2次面接においても個人ワークに10~20分という時間が与えられています。この時間で答まで出すことも可能かもしれませんが、抽象的なお題では、答えが1つでない場合が殆どなので、その後のディスカッションへ向けた思考の幅だしをすることをお勧めします。

たとえ結論らしきものが出ても、「本当にこれだけか」「ほかに考えるべき要素はないか」という風に意図的に批判的な目線で考えてみましょう。

通過者感想例:
・抽象的なお題なので、まずはじめに議論が発散しないように枠組みを提示した点が大きく評価されていた。
・話に詰まってもいいので深く考えてほしい、と強調された。なじみの薄いテーマでも思考停止せずに様々な角度から考えることが重視されるようだった。
・自分の出来る範囲で考えたことを理路整然と伝えるように心がけた。

ジョブ:フィードバックを活かしきる

選考内容
・期間:4日間
・人数:10人程度(個人ワークなのでジョブは1人で行う)
・テーマ:具体的な企業を挙げてその企業の抱える課題を解決する。企業によってお題も様々で、毎回テーマは変わる。
・インターンの概要:全体でタームごとに10人ほどの参加者。個人ワークなのでグループには分けられない。・タイムテーブル
1日目:午前はインプット講義(コンサルスキルをインプットするもの)があり、その後課題発表があり、午後から個人ワーク。
2日目:個人ワーク。夕方にメンターとのFB面談。
3日目:2日目と同じ
4日目:午前中に資料提出で、午後にプレゼン。終了後にメンターとのFB面談。打ち上げも行う。
・結果通知方法:2週間以内に電話かメールで連絡

フィードバックを活かしきる

ATカーニーのジョブではフィードバックを活かしきるよう心がけましょう。

ATカーニーのジョブは個人ワークという特殊なものです。自分の考えたものに対して、コンサルタントよりフィードバックをもらう機会が定期的に設けられているので、もらったフィードバックをいかに活かせるかがカギになります。

また有意義なフィードバックをもらうためにも、コンサルタントに意見を求める際は、必ず、自分の仮説を持っていき、「私は○○だと考えていますが、どう思いますか」というような聞き方ができるとよいでしょう。

プレゼンのクオリティに妥協しない

途中経過を見られておらず、その都度のFB面談と最終プレゼンのみが評価対象となっているため、最終プレゼンはその評価に大きなウェイトを占めます。

わかりやすい伝え方などの基礎スキルはもちろんのこと、鋭い質問に対しても動じず冷静に対応できるよう、自分のアウトプットを高めておきましょう。

通過者感想例:
・個性が強い学生が集まっていた。
・コンサルタントとの相談時間をいかに有効活用するかが重要なので、必ず仮説を持っていくよう心がけた。
・最終発表では初めて見る社員さんが入れ替わり立ち替わり聞きに来るので少し緊張する。

内定者の情報

・内定者数:5~10人程度
・学歴:東大から早慶まで

ATカーニーの研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録