外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【3分選考対策】野村総合研究所・NRI(経営コンサルタント部門)のインターン・ジョブ対策まとめ

目次

野村総合研究所(経営コンサルタント部門)のインターンに通過する3つのポイント

こんにちは、外資就活 コンサルチームです。

今回は代表的なコンサル会社である野村総合研究所(以下、略称NRI)の経営コンサルタント部門のインターン・ジョブ選考を突破、その後の内定までの対策について、以下の3点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・行動理由を明らかにする
・自分のアピールだけでなく、他人に意図を持った質問をする
・リーダーシップをとる

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」から抽出しています。

行動理由を明らかにする

ESや面接では行動理由を明らかにすることが必要です。

これはNRIが一定以上の論理的思考力をコンサルタント候補者に求めるためであり、自身の経験などから論理性をもった答えができるかを評価しているためだと推測されます。

例えば18卒のESではこだわった点や創意工夫した点も記入するように求められていました。結果よりも、行動の中で留意した点、なぜその行動をとったのかを詳しく書くようにしましょう。

また面接でも「なぜか」と何回も聞かれます。論理的に素早く答えられないと、面接官に詰められてしまうので、しっかり準備をしておきましょう。

自分のアピールだけでなく、他人に意図を持った質問をする

面接では、自分のアピールだけでなく、他人に意図を持った質問をすることが必要です。

NRIの18卒までの面接では人の話を聞き、内容の要点をかいつまんで説明させるという「構造化面接」という選考が行われていました。
これは自分の経験を話すだけでなく、他の学生のエピソードをしっかりと聞き、理解し、話を簡潔に周囲にわかりやすく説明することまで求められます。

なので対策として構造化に必要な要素は何かを考えながら、他人の発表で分かりにくかった部分、動機や結果など不明瞭だった部分などを質問する必要があります。

リーダーシップをとる

最後にリーダーシップをとることが必要です。

NRIの選考にはGDがあり、インターンもグループでの行動になります。GDは8人と人数も多いため、話が脱線しないようにまとめたり、議論を進めるための発言ができると高評価です。

ただ意見をいうのではなく、チームの動きや流れを考えながら、発言するようにしましょう。

※NRIの選考方法はよく変わります。18卒で行われた構造化面接が19卒では行われなかった場合もあるので、要注意です。

選考フロー

エントリーシート(ES)→筆記試験・WEBテスト・適性検査 → 1次面接→グループディスカッション(GD)→2次面接→インターン→3次面接→エントリーシート→筆記試験・WEBテスト・適性検査→最終面接→内定

選考フローは上記の通りです。以下で詳しく解説したいと思います。

ES:行動理由を説明する

選考内容
・設問内容:
(1)あなたが「乗り越えた困難」(400字以内)
(2)「挑戦し成し遂げたこと」(400字以内)
(3)「大学で最も力を入れて勉強したこと」(400字以内)
の中からいずれか2つのテーマを選び、具体的に教えてください。特に、自分なりにこだわった点や創意工夫した点を、その理由とともに教えてください。
・結果通知方法:2週間以内にメールで連絡

行動理由を説明する

NRIのESでは行動に対して、こだわった点や創意工夫した点も記入するように求められます。なので結果よりも、行動の中で留意した点、なぜその行動をとったのかを詳しく書きましょう。

またエピソード選びですが、コンサルの業務内容の中心がクライアントの課題解決なため、自分の過去の出来事から課題を解決したエピソードを選びましょう。

このESに書いたことは、のちの面接でも聞かれ、土台になります。なのでESに書くエピソード選びはかなり重要です。

その後の書き方は、「前提・背景→具体的な困難→課題の発見→解決策の実行とその成果→この経験で学んだこと」という順番で書いた受験者が多いようです。

書く時には何を課題と感じ、なぜそれをしようかと思い、それに対してどういう解決策をとり、どのような結果を生み、そこから何を得たかを意識すると文章にしやすいです。

前提や背景、具体性というのはロジカル以前に重要だと考えられますので、自ら行った工夫を書くことを意識しましょう。

通過者感想例:
・最初に結論を述べ→定量的な状況説明→抱いた問題意識→それに対する考察→実行した解決策→得られたものという順で書くことを心掛けた。
・与えられている質問に対してどのような答えが期待されているのかなどを深く考察した。
・面接で1分で説明しないといけないので、喋りやすいように書いた。
・与えられている質問に対してどのような答えが期待されているのかなどを深く考察した。
・自分の経験について書く際には、決断の理由や経験から得られたものを明確にし、自分がどのような人間なのか理解してもらえるよう意識した。

筆記試験:問題集で練習をする

選考内容
・試験形式:SPI(言語、非言語、性格)
・時間:1時間
・試験会場:テストセンター会場
・合格ボーダー:7~8割
・結果通知方法:ESと同時に結果が出る

問題集で練習をする

筆記試験は一般的なSPIの問題です。問題集を1冊説いてから受験した人が多いようです。その他にも事前に別企業でテストセンターを受け、問題形式に慣れてから受けたという受験者も。事前に問題集を解き、問題慣れをしておきましょう。

通過者感想例:
・一般的なSPIで、問題集で練習を積んでいれば特に問題ない難易度と思われる。

1次面接:自分のアピールだけでなく、他人に意図を持った質問をする

選考内容
・社員、学生の人数:学生4人:社員1人
・時間:30分
・内容:
(主な流れ)順番に自己紹介後、ESに書いた困難の体験を1分間で説明し、隣の人がその人に2分間質問をし、最後に質問をした人がその人の体験を1分間で構造的に説明する。
(質問内容)
ESに書いた内容を説明してください。それに対して質問した後、構造化してください。
面接官からは、学生の話に対して臨機応変に質問がなされるスタイル。
・結果通知方法:1週間後にメールで通知

自分のアピールだけでなく、他人に意図を持った質問をする

NRIの面接は有名な構造化問題です。この形式で面接が行われる意図は、複雑な話を理解し、他者に説明する際に簡潔に伝えられるコミュニケーション能力があるかどうか。また自分の話を他の学生に対して、わかりやすく説明できるかどうかも重要視されています。ただ自分をアピールするだけではなく、他人の話をしっかりと聞き、話のポイントを理解、話を簡潔に周囲にわかりやすく説明するできるかなどコンサルタントに必要な能力を見ているようです。

普段から、必要に応じて物事を簡潔に伝える癖や、フレームワークなどを一通り勉強しておくと良いでしょう。

自分が経験を語る側の時には、構造的にまとまっていること、具体的である必要があります。質問に答える際も論理的に、端的に答えることが重要です。ESに書いた内容は答えられるように準備しましょう。

一方で質問をする側の時には、相手に意図がある質問をすることです。構造化に必要な要素は何かを考えながら、発表で分かりにくかった部分、動機や結果など不明瞭だった部分などを質問しましょう。さらに時間いっぱいに質問しないと、面接官が「もういいの?」と聞いていたという話も。コンサルの仕事は人に興味を持つのが大切です。時間をしっかり使って、質問し、その人に興味があるということをしっかり示しましょう。

説明する際は指示通り、構造的に隣の人の話を説明をすることが重要です。

通過者感想例:
・この1次面接でかなりの応募者が落とされる。
・面接官の資料を見たところ、発表の論理性、質疑応答の正確性、要約が上手くできていたかが評価基準だった。
・フィードバックを貰ったところ、意図を持って質問しているように見えたのが高評価だった。
・「聞かれたことにきちんと答える」ということが出来ていない者が多かったように思う。

GD:結論に至るプロセスに影響を与えられるか

選考内容
・社員、学生の人数:学生8人:社員1人
・時間:45分
・議題:牛丼店が投入すべき新商品はA.B.C.3つの内どれか
・発表:なし
・結果通知方法:翌日、電話で通知

結論に至るプロセスに影響を与えられるか

流れは資料読み込み(10分)→ワーク(30分)→面接官からのフィードバック→逆質問です。社員はディスカッション中は終始メモをとり、黙って見ています。

GDでの注意点は学生が8人と多く、議論が脱線しがちなことです。何年スパンで施策を決定するのか、黒字復活を目標にするのか、企業理念を遵守するのかなど色々な切り口がある中で、どの切り口にするかを最初に共有しておくと議論が進めやすいでしょう。
ただもし一人で突っ走ってしまう人がいた場合でも、軌道修正しながら議論を進めたり、適格な発言をして結論に持っていくことができると評価されるようです。

そのほかにも議論を進めるための建設的な発言ができていたか、与えられる資料を咀嚼し、データに基づいて議論が出来るか、まとめ役かなど結論に至るプロセスに大きな影響を与えた学生は評価されます。

発言もしつつ、チームを良い方向へと導いていけると良いでしょう。

通過者感想例:
・発言量を確保しつつ、周囲との調和や発言への論理性に注意すると良いと思う。
・議論が詰まったときに全体をまとめた上で次の段階へ導く提案ができたため、そこが評価されたと思う。
・軌道修正に当たっていた学生が選考を通過していた。

2次面接:何故かを突き詰めて考える

選考内容
・社員、学生の人数:学生3人:社員2人
・時間:1時間
・内容:
(主な流れ)GDの後すぐに行う。自己紹介→質問→逆質問
(質問内容)
・GDの感想
・志望動機
・コンサルタントになったらどのような仕事をしたいか(どのような能力が自分にあり、それを生かせると思うか)
・他にどのような企業を考えているか
・(他の人が言ったことに対して)君はどう思うか
・自分の専門分野について
・専門分野に関係するビジネスについて取り上げられ、どう思うか
など
・結果通知方法:1週間以内にメールと電話で通知

何故かを突き詰めて考える

質問内容は面接官によって様々ですが、1次面接と同じく「なぜ?」「どういうこと?」といった深掘り質問がされます。

特に志望動機とコンサルタントになってからのどうしたいかの質問は必ず聞かれます。ここで論理的に正しいかをかなり見られているため、コンサルタントが何をしているかをしっかり理解してから面接に望む必要があります。

また自分の専門に関連して気になっているビジネスモデルを3つ挙げ、意見を述べさせられるということもあるそうです。自分の専門分野については話せるように準備し、どのようなビジネスが行われているか調べておくといいでしょう。

雰囲気は反応はあまりなく、非常に鋭い質問が来るようです。ロジックが甘い部分は詰められます。

予想外の質問に対しても論理的に素早く回答できる、頭のよさやロジカルシンキング能力は重要です。また詰められても考えることを諦めない姿勢も見られています。

どうしても返しにくい質問に対しても、めげることなく質問に即答する姿勢を見せると好評価なようです。

さらに1次同様に、他の人の話に意見を述べるシーンもあります。ここでは他の学生の話を聞きながら、ポイントを理解し、話をまとめた上で新たな自分の意見をもりこみ、結論に結びつけられると評価に繋がります。

通過者感想例:
・かなり評価されている雰囲気を感じる面接でした。
・どんなに返しにくい質問をされても、一切めげることなく質問に即答する姿勢を見せた。
・周囲の意見をまとめた上で新たな自分の意見をもりこみ、最終的な結論に結びつけられた点が評価されたとインターン時に聞かされた。

インターンシップ:グループを引っ張る姿勢と論理的思考力の高さをアピール

選考内容
・期間:5日間
・人数:20人程度(5人チーム×4)
・テーマ:「企業の抱える課題について解決策を提案する」(班により異なる)
・タイムテーブル
1日目:全体での自己紹介や企業説明やGDの練習。各班別れての自己紹介、課題が発表され、準備。最後に懇親会。
2日目:議論
3日目:午前に学生のみで中間発表。その後議論。
4日目:議論。
5日目:クライアント役の社員にプレゼン。FB。その後懇親会
・発表方法:15分で役員に発表、20分質疑応答。パワーポイント使用。

グループを引っ張る姿勢と論理的思考力の高さをアピール

インターン中は議論を引っ張っていくことと、論理的思考力があることが重要です。

NRIのインターンは厳しい選考を突破してくる優秀な学生のため、個々がしっかりと意見を持っています。なのでグループの意見を聞きつつ、目標を見失わないように確認したり、今は何の話し合いをしているのかを常に意識して、グループをまとめる必要があります。

自分の意見を言うばかりではなく、班としてまとまった意見にするために積極的に議論を引っ張っていきましょう。

また最終での質疑応答は発表時間より長く、かなり深掘りされます。論理的でない部分は社員から鋭い質問をされるため、論理的な発表、質問の答え方を意識しましょう。また資料が与えられている場合には、データに基づいて意見を述べると評価されます。

発表以外の準備の最中でも社員は常に学生の発言、行動をメモし、評価を行なっているので要注意です。そこではコンサルタントとして必要な分析力、頭の回転の速さ、ストレス耐性、ビジネスマナーも見られています。

インターン後に面談があり、それとインターンの評価を合わせて優秀者は本選考ルートにのることが出来ます。

通過者感想例:
・インターン中に評価しているという雰囲気をひしひしと感じた。
・優秀で明るい学生が多かった印象。
・グループ内でリーダーシップを発揮している人が評価されていると思われた。

3次面接:何をやりたいかを明確にする

選考内容
・社員、学生の人数:学生1人:社員3人
・時間:25分×2セット
・内容:
(主な流れ)待合室でチームでIQゲーム(選考には関係ない)→面接の呼び出し→部長面接1回目→部長面接2回目→再びIQゲーム→懇親会
(質問内容)
・自己紹介
・志望理由
・コンサルタントとして取り組みたい分野
・これまでの経験で、乗り越えられそうにないと感じた経験はあるか
・インターンの良かった点・悪かった点(個人・チーム全体)
・併願している業界や企業、NRIの志望度
・コンサルタントになるにあたって、自らが認識している長所と短所は何か
・他人からどんな人物だと言われるか
など
・結果通知方法:2週間~1か月後にメールで通知

何をやりたいかを明確にする

「コミュニケーションセミナー」という名目で案内されるますが、内容は部長面接です。拘束時間は1日中ですが、その中で面接は長くとも1時間程度です。

ここではどの部で何がやりたいかを深掘りされます。NRIでは3年目以降、ほぼ全員が特定の部で活躍することになります。なので将来どんなビジョンを描いているのか、はっきりさせましょう。ここで「なんでもやります」という回答はNRIでは評価されません。会社が何をやっているか調べ、自分は何をやりたいか、自分のどんなところが生かせるかを明らかにさせましょう。

ES:矛盾がないようにする

選考内容
・設問内容:
(1)このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400文字以内)
(2)あなたが大学入学後、「乗り越えた困難」、「挑戦し成し遂げたこと」、 「最も力を入れた勉強(研究・ゼミ・授業など)」からいずれかのテーマを選び、具体的に教えてください。特に、そのテーマにおける難しかった点、その原因、及び自分なりに創意工夫した点を重点的に教えてください。(400字以内)
(3)野村総研は、国内外の大企業、官公庁などの幅広い顧客と接点を持ち、顧客の課題を発見したうえで、その解決策となる戦略・政策の提言や実行支援を行っています。野村総研の顧客となりうる企業を1つ選び、その企業が直面している問題点を1つ挙げて下さい。また、その問題の原因と、企業がとるべき解決策について、あなたの考えを教えて下さい。(400文字以内)
・結果通知方法:締め切り後1週間以内にメールと電話で連絡

矛盾がないようにする

このESでは1問目と3問目で矛盾がないようにしましょう。
1問目のコンサルタントとしてどのような領域に仕事をしたいか、なぜかという設問と、3問目の顧客があまりにも離れていると、面接のときに「結局何がやりたいの?」と詰められるという話もあります。1問目で記述した「やりたいこと」とはある程度共通点があったほうがいいでしょう。

通過者感想例:
・志望理由ではなく、コンサルタントとしてやりたいことが問われているという点に注意が必要。
・「なぜNRIか」はインターンや社員訪問で答えを固めておくと良い。

筆記試験:取りこぼしのないようにする

選考内容
・試験形式:SPI(言語、非言語、性格)
・時間:1時間
・試験会場:テストセンター会場
・合格ボーダー:9割
・結果通知方法:ESの結果と共に結果が出る

取りこぼしのないようにする

ボーダーが非常に高いためケアレスミスがないようにしましょう。問題集で練習をするのは勿論、SPIを課している企業で練習をすると本番でも慌てることのないです。

最終面接:弱点をカバーし、志望度の高さをアピールする

選考内容
・社員、学生の人数:学生1人:社員3人
・時間:70分
・内容:
(主な流れ)人事からのコメント(10分)→役員面接(30分)→人事面接(30分)
(質問内容)
<役員面接>
・自己紹介と志望動機、希望部署、自分が与えられる価値とは何か。
・なぜコンサルなのか
・もし希望通りの部署でないとしたらどうするか
・他社の選考状況
・自分の嫌いな点とは。またそれを直そうと思うか、受け入れるか、どちらか
・私が笑うような、面白い話をして
・専攻分野以外で、気になるニュースを挙げて
<人事面接>
・これまでの面接の感想は
・学生時代に頑張ったことは
・大学生活にて、人を傷つけた経験はあるか?あるとすればその概要とそこから学んだことを教えて
・なにか聞いておきたいことはあるか(唐突な逆質問)
・苦手な人のタイプとは。そういう人がお客様になったとしても、耐えられるか
・野村総研を知ったきっかけは何か。インターンを経て、なぜ野村総研を受験しているの。他のコンサルと野村総研の違いは
・あなたがコンサルに向いている点・致命的に向いていない点を教えて
など
・結果通知方法:2日後に電話で通知

弱点をカバーし、志望度の高さをアピールする

最終面接では、これまでの面接で明らかになった受験者の弱点に関する質問とNRIのコンサルタントになる覚悟があるかが確認されます。

まず弱点に関しては厳しく追及され、将来働く上で弱点が支障にならないかどうか判断されます。ここでは自分の弱点から聞かれうる可能性のある事柄を準備しておくと本番で焦らないでしょう。

また厳しい環境に耐えられるか、すぐに辞めない人材かを真剣に判断するためにあらゆる角度からコンサルへの志望度の高さを問われます。

またビジネスマナーも見られているので、挨拶や退出時の振る舞いまで注意を払いましょう。

通過者感想例:
・それまでの評価で懸念点とされた事項に関して厳しく追及される。その懸念点は面接を通過させられないほど深刻か、真剣に判断される。
・「客の前に出せるのか?」という点を見極められていると思われるので、挨拶や退出時の振る舞いまで注意を払うべき。

内定者の情報

・内定者数:50人程度
・学歴:東大から京大、慶應、早稲田など

野村総合研究所の研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)