外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【広告編】11月から始める日系難関企業就活【23卒】

こんにちは、外資就活 編集部です。
日系企業の冬インターンの募集も本格化してきました。今回は、就活生に人気の総合広告代理店(主に電通・博報堂)の内定に向けて、11月からやるべきことをご紹介します!

本シリーズでは日系難関企業である、総合商社、デベロッパーの就活の進め方についても紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

広告代理店の秋以降の選考スケジュール

現在広告代理店の秋冬インターン募集受付は終盤に差し掛かっており、早期選考を行っている企業もあります。秋冬インターンが終わった後にある選考は、3月の本選考です。
今の時期からであれば、この本選考に全力を注ぐべきですが、選考の雰囲気を知るためにも秋冬インターンにとりあえずエントリーするのも良いかもしれません。
3月から始まる本選考では、3月下旬の書類選考締切以降、博報堂は4月上旬から、電通は4月下旬から毎週のように面接選考やGD選考が行われます。各社とも非常にタイトな選考スケジュールとなっており、各選考の直前に対策を始めても間に合わないケースも多いです。
つまりベースとなる自己分析、業界・企業研究、それらを踏まえた志望動機固めは今のうちから着手するべきでしょう。

広告代理店へ向けて11月からやるべきこと3選

1. OBOG訪問

どの業界を受けるにも重要なのがOBOG訪問です。
就職活動では業界・職種・キャリアパスへの基礎的な理解を深めるためにも、
更に選考の場において「同じ業界の中でも特にその企業でなくてはいけない理由」を合理的に説明するためにも、OBOG訪問が必要になります。
社員1人1人の経験を聞くことで、企業ならではの特徴や社風が明確になり、その特定の企業に対する志望理由を見つけやすくなります。OBOG訪問を通じて得たリアルな情報というのは、ESの執筆や面接での突飛な質問への対応にも大いに役立ちます。

広告代理店においてもOBOG訪問は重要になります。
OBOG訪問の記録は本選考の面接官の手元に用意されており、訪問回数、訪問した社員による評価やコメントなどがチェックされています。
また筆者は実際の面接において、「OBOG訪問の人数」、「どんな社員を訪問したか」、「OBOG訪問で印象に残った言葉」、「OBOG訪問で会社や職種へのイメージがどう変わったか」など、様々な角度でOBOG訪問に関する質問が聞かれました。

本選考の3月が近づくにつれてOBOG訪問をする学生が増えてアポが取りにくくなる」、「OBOG訪問を重ねることで自分や職種への理解が深まりやすい」といった理由から、この時期から早めにOBOG訪問を始めることを強くお勧めします。

2. 広告業界へのマッチを念頭に置いた自己分析

広告業界の面接では、ひたすら「あなたはどんな個性を持っているのか」を深堀りされます。「どんな想いを持ってそう行動したのか」「どんな価値観を大切にしているのか」「これからの人生で何を生み出したいのか」などの問いも含め、過去・現在・未来の一貫性を見出すために繰り返し「なぜ」と聞かれます。ゆえに、基本的な自己分析はマストです。

しかし同時に気を付けるべきことがあります。広告業界に志望を定めているならば、ゴールのない自分探しを漫然と行うのではなく、「広告業界に求められている人材はどんな人材か?」を念頭に置きながら、「では自分のどんな要素がそこにマッチするのか?」を深堀りしましょう。
広告代理店の機能が多様化している今、広告代理店はクライアントの広告制作に止まらず、マーケティングやブランディング支援、事業開発など様々な案件を手がけています。だからこそ「広告会社に入ってどんな仕事がしたいか」という自分なりの想いを持てる幅が広がっていると言えます。
例えば、業界・企業研究やOBOG訪問を通じて「広告代理店で、世の中の次の“当たり前”を生み出す仕事をしたい」というビジョンが見えてきたとします。自身が「今当たり前でないものを当たり前にしたい」と感じて奮闘してきた経験やその当時のモチベーションを深堀りすると、広告が求める人物像にマッチする角度からの自己分析が進み、選考対策としても有効でしょう。

自己分析に関しては以下のコラムを参考にしてください。

3. 志望する職種を考える

広告代理店では職種によって業務内容とキャリアパスが大きく異なります。
エントリー時から職種の選択を求められることが多く、実際の面接でも「どの職種がいいのか」「なぜその職種がいいのか」を掘り下げられます。
そのため自身がどの職種に向いているのかを早めに考えておくことが重要です。

大きく分けると広告代理店の職種には、

・営業(ビジネスプロデューサー)
・メディア担当
・プランナー(マーケター)
・クリエイティブ

の4つがあります。
企業によって分類の仕方や名称、新卒の配属枠があるか否かは異なります。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

どの職種に適しているか考える際には、先述の自己分析、そしてこの職種研究の二本の柱を揃える必要があります。まずは自身がどのようなポジションでプロジェクトに関わるのが好きなのかどんな働き方をしたいのかを考えてみましょう。
次にやるべきことは、業界・企業研究を通じて各職種について理解することです。
上記の記事を参考にしつつ、企業の公式サイトを読み込んで各職種についての疑問を整理しましょう。その疑問をもとにOBOG訪問を行い、各職種で行う業務や働き方について理解を深めましょう。
この2つをしっかりやれば、自分がマッチする職種がだいたいわかってくると思います。

今から対策して広告の内定を掴もう

いかがでしたか。
就活ルールの変更や昨今のコロナ事情により、日系企業への就活は先行きが見通しづらくなっています。しかし、志望する企業に入る方法が「選考を受け、それを通過すること」であることに変わりはありません。
今回のコラムを参考に、良いスタートダッシュを切ってくださいね。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録