外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「OB訪問」が内定へのカギ

はじめに

就職活動をするにあたっては、メールや電話、そして直接の面接など、社会人とコミュニケーションを取ることが求められてきます。

本記事では、表題の通り最も直接的ともいえる「OB訪問」について触れたいと思います。

OB訪問のメリットは何か

OB訪問とは、就職活動の企業研究の一環として、志望企業の社会人に会ってお話を聞く一連のプロセスのことです。
まず、皆さんはOB訪問にどのようなイメージをお持ちでしょうか。
「社会人と会うのが楽しみ!」という方もいれば、「何のビジネススキルやマナーも持っていないのに、いきなり社会人と会うなんて・・・」という方もいらっしゃると思います。

ですが、結論から申し上げますと「OB訪問」こそ内定へのカギであると考えています。

実際に筆者の周囲でも、OB訪問を多くこなした学生が複数の内定(第一志望含む)をもらっているという結果を鑑みれば、その効果は絶大であると言えるでしょう。

OB訪問をするメリットは以下の3点であると考えます。


①一歩踏み込んだ業界研究、企業研究が可能
②面接に強くなる(面接に自信が持てるようになる)
③「自分売り込み力」が身に付く


‐詳細説明‐
①何をしている会社なのか、企業理念は何か、どのくらいの経常利益があるのか等の、
誰でもわかるような企業、業界研究ならば企業hpや説明会でつかむことができます。
しかし、それだけではほかの学生の企業、業界研究との差異がなく、
企業に対して「私はこんなに御社のことを研究しました!」とアピールする材料にはなりません。
そこでOB訪問です。

自分自身が入社を希望している企業、または業界の社員と会うことによって、
具体的な仕事内容や社内で話題になっていることや給与のことなど、自分だけの企業情報を得ることができます。

②OB訪問をするということは、社会人と会うということです。
皆さんの面接を行う面接官も当然、社会人です。
つまり、OB訪問をこなせるだけこなし、対社会人とのマナーや会話力を身につけていくことで、
面接に相当の自信がつきます。

面接が苦手、怖いという方は、OB訪問の際に志望動機や自己PRを聞いてもらうのも有効です。
書店で売っている面接ノウハウ本を購入するよりも、コストもかからず、よほど有益であると思います。

③OB訪問は1人ではなく、何人何十人と数をこなすことで初めて上記①②のようなメリットが生まれます。
しかし始めから何十人もの社会人の知り合いがいる学生は、そうそういないでしょう。
では如何にして多くの社会人と会うのか、というと自分を売り込むのです。

つまり、OB訪問中に自分を売り込むことで、次のOB訪問の人脈を築き上げるということです

どのように売り込んでいくか

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)