外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【保存版】「学生時代に頑張ったこと」の発見・整理・伝達【例文付き】

就活と切っても切れない「学生時代に頑張ったこと」

こんにちは、外資就活 編集部です。
就活中、「学生時代に頑張ったことを教えてください」という質問を幾度となく聞かれます。ESや面接においてこれが問われないことはほぼないでしょう。

特にサマーインターンにおいては、志望動機があまり固まっていないことを企業側も理解している分、志望動機よりも学生時代の経験を深く聞いてくる傾向が強いです。
(企業によっては志望動機の仕上がりを求める場合もあるので注意してください。)

しかし、多くの学生は「学生時代に頑張ったこと」の発見や整理、伝達がうまくできていません。それゆえ、例えどんなに素晴らしい経験をしていようと、企業に理解してもらえず落とされてしまいます。

このコラムでは、「学生時代に頑張ったこと」を発見・整理・伝達の3ステップに分けて解説します。これから就活を始める方、今まさに就活をしている方にとって必見の内容です。
ぜひご一読ください。

採用要件を満たす人物だと伝えるのが役割

まず初めに「学生時代に頑張ったこと」に求められる役割を確認しましょう。求められる役割とはつまり、それを通して企業にどういったことを伝えればいいのか、ということです。

これは余談ですが、これは「学生時代に頑張ったこと」に限らず、企業が学生に課しているもの(ESの設問やGDのテーマ、面接での質問など)には必ず意図があります。その意図を読み取り、それに沿うような立ち振る舞いをした方が、効率的に就活を進めることができます。

ずばり、「学生時代に頑張ったこと」を通して企業が見たいのは、「入社後に活躍してくれる人材かどうか」です。そして多くの企業はその人材の判断項目を採用要件に落とし込んでいます。

つまり入社後に活躍できる(=採用要件を満たしている)と企業に伝えることが「学生時代に頑張ったこと」に求められる役割です。逆に、どんなに素晴らしい経験であろうとも、採用要件からズレていては意味がありません。

例えば「協調性」を求めている企業に対しては、小さなことであろうと協調して行動した経験を書くべきであり、たとえオリンピックで優勝していようと、個人主義で成し遂げたのであれば、その経験に意味はありません。

ちなみにこの「学生時代に頑張ったこと」は高校や中学時代の取り組みでも問題ありません。しかし、人は常に成長し変化するものですし、「直近の経験を聞きたい」と思う企業は一定数存在するので、大学時代の経験も準備しておいたほうが無難です。

発見:「凄いこと」を成し遂げている必要はない

多くの学生は「ESに書けるような凄いことなんてやってない」「私には何も書くことがない」と思い込んでいます。

確かに就活をしていると、様々な「凄いこと」を成し遂げている学生に出会います。「起業して課支社を経営している」「企業での長期インターンで成果を出した」「部活動で全国大会に出た」など、挙げればキリがありません。

ですが、決して「凄いこと」である必要はないのです。前述のように、企業が知りたいのは、「入社後に活躍してくれる人材かどうか」つまり「自社の採用要件を満たしているかどうか」です。採用要件に沿ったエピソードになっていればバイトやサークル、ゼミ…なんでもかまいません。

また再現性も大事です。「部活動で全国1位になった」としても、その1位になれた理由が「一流のコーチの言うことを全て聞いていたから」の場合は意味がありません。なぜなら入社後の上司はそのコーチではないからです。あくまでも「学生時代に頑張ったこと」で発揮した強みや得た経験が入社後に活かせるものでなくてはならないのです。

採用要件に沿ったエピソードであり、かつ再現性が高いもの、これらを満たす「学生時代に頑張ったこと」を探しましょう。

発見のコツとしては、どんなに小さくてもいいので、自分の意志でやったことを探してみることです。自分がやりたくてやったことであれば、そこに何かしらの工夫や努力が生まれているはずですし、再現性も担保されやすいです。まずはどんな小さなことでもいいので、1つ1つの経験を書きだすところから始めましょう。

タネを見つけることができたら、後述のフレームワークを用いて整理し、ブラッシュアップしていきましょう。この発見のフェーズは自己分析と深く関わってきます。自己分析については以下のコラムを参考にしてください。

整理:「学生時代頑張ったこと」を構造化するフレームワーク

「学生時代に頑張ったこと」を発見したら、次にその経験を構造化しましょう。構造化をして整理することで、相手に伝わりやすくなるほか、自身の経験の深堀りにもなります。

①何をやったのか

まずは結論ファーストで自分がいったい何をやったのかを明確にします。これをしておくと、途中で「なにか違うことまで盛り込んでしまう」ことを防げますし、面接で「端的に教えて」と質問された際に役立ちます。

ESや面接において、最初の掴みは大切です。自分の頑張ったことを端的にかつ魅力的に伝えなければなりません。数字や固有名詞を用いて興味を持たせることを意識してください。

例えば、「チームをまとめた」といった文章を最初に持ってきてしまいがちですが、「個人主義でバラバラだったチームの団結力を高め、初戦敗退から県大会ベスト8に導いた」といった具体的な成果を盛り込むようにしましょう。

②前提情報

あなたの「学生時代に頑張ったこと」を理解するうえで必要な前提情報を出しましょう。自分の所属や立場といった背景知識です。この情報がないと、唐突にあなたのエピソードが始まることになります。

ただ注意すべきなのは、いらない情報まで盛り込まないことです。あくまでも自分のエピソードを相手が理解するうえで、必要最低限の情報のみを書く、伝えるべきです。

③どれだけ困難な状況だったのか

「頑張ったこと」を成し遂げるのがどれだけ困難な状況だったのかを示すことで、採用要件を高いレベルで満たしているとアピールできます。

成し遂げたことの困難さは、採用要件をどれだけ満たしているかに関わります。同じ「主体性」をアピールしたとしても、受動的な人に囲まれながらも主体性を発揮した場合と主体的な人に囲まれた状態で動き出した場合では、発揮した主体性の度合いが違います。

自分がより高いレベルで採用要件を満たしているとアピールするためにも、成し遂げたことの難易度が高いのであれば、それをしっかりと示すべきです。

④なぜ解決しようと思ったのか

困難な状況でなぜその解決へ向けて動き出したのかは多くの就活生が見落としがちですが、企業からすると重要な要素です。

その学生が能力を発揮してもらうためには、どのような要素を揃えればいいのか、どういった環境に置けばいいのかは人事担当としては最重要課題です。だからこそ企業は頑張れる理由=モチベーションの源泉を重視しています。

また企業としては自分で動いてくれる人の方が教育コストがかからずに済むため、基本的に何かしらの課題感をもって主体的に行動した理由の方が好まれる傾向にはあります。

⑤課題の特定

就活初期の段階で最も抜けがちな視点が課題の特定です。

「〇〇な状況に対し、✖✖をやりました」といったESが散見されますが、これでは偶然うまくいった可能性があり、その経験には再現性が欠けます。

社会人になってから学生時代と全く同じ困難に直面する可能性は低いため、「この時しか役に立たない」ような経験は意味がありません。きちんと「活かせる」経験である必要があります。

正確に課題を特定し、その課題を解決するために行動を起こしたのであれば、別の状況においても同様に課題を特定し、行動を起こせるだろうと感じることができます。「活かせる」経験であることを示すためにも、自分なりの課題分析を伝え、再現性を担保しましょう。

⑥どのような行動を起こしたのか

⑤で特定した課題に対し、どのような行動を起こしたのかを具体的に示しましょう。

ここで大事なのは「自分が」やったことを示すことです。「チームで練習を頑張りました」などチームで達成したことに関する記述が散見されますが、その中で自分がいったい何を成し遂げたのかを書く必要があります。

⑦行動を起こした成果

⑥の行動によってどのような変化を起こしたのか、その成果を示します。

成果を示す際は、定性的なものだけでなく、なるべく数字で定量的に示したほうが良いです。そのほうが相手に具体的に伝えることができるからです。

定量・定性の両面から示すことで、③において示した最初の状況から、どれだけ差分を生み出せたのかを分かりやすく伝えることができます。

⑧得た学びなど

この経験を経て得た学びや知見も整理しておきましょう。それを伝えることで経験から学びを得て、成長していくことのできる人材だと示すことができます。

新卒で入社する以上、多くのことを学び、成長していくことが求められます。ポテンシャル採用という言葉に代表されるように、経験から学ぶ力はどの企業でも重要視しています。過去の経験を通して、入社後に活かせる学びを得たことを示しましょう。

またその得た学びや知見が企業の採用要件に沿うものであれば、なお良いです。

内定者の例文

上記のフレームワークに沿って、とある戦略コンサル内定者の「学生時代に頑張ったこと」を整理してみました。これはあくまで1つの事例にすぎませんが、参考までにご覧ください。

伝達:「会話のキャッチボール」と「打ち出すポイント」を意識する

冒頭においても述べたように「学生時代に頑張ったこと」はESや面接において毎回のように問われます。どんなに良い経験をしていても、最終的に相手に伝えることができなければ意味がありません。その「伝達」に1番大切なのは会話のキャッチボールです。

上記のフレームワーク通りに整理できている場合、「学生時代に頑張ったこと」のストーリーに論理的な抜け漏れは発生しづらいはずです。ただし、それを伝える際には、「相手が何を求めているのか」を読み取るように心がけましょう。

15分の集団面接などで、「軽く経験を話して」と言われているにもかかわらず、上記の①~⑧を全て話していては「長い」と思われてしまいます。①に②~⑦の要素を軽く盛り込む程度の話が求められているはずです。

ESの字数や面接の時間、相手の雰囲気などから、①~⑧のどれを話すのか、どれに重点を置いて話すのか、をその場その場で選択していきましょう。

また1つの「学生時代に頑張ったこと」からアピールできるポイントは複数あることが多いです。例えば上記の「チームを立て直した」エピソードであれば、「チームマネジメント」「協調性」「主体性」「積極性」「コミュニケーション力」など様々なアピールの仕方が考えられます。その企業の採用基準を考えたうえで、どのポイントを打ち出していくか、しっかり考えてから、ESを書く/面接に臨むようにしましょう。

エントリーシートを書く際は、書いた後に以下のコラムを参考にチェックを行うことをお勧めします。

雑記:嘘をつく、話を盛ることの是非

就活において「嘘をつく」「話を盛る」ことは日常茶飯事です。やらないほうがいいとわかっていても、内定を取るためにやってしまうのが本音だと思います。

世間では「そんなんで内定をとっても入社後につらい」「嘘をつかなきゃ行けないような企業に入るべきではない」と言われています。しかし、個人的な意見ではありますが、就活という人生のかかった場面において、ある程度、嘘をついたり話を盛ったりするのは仕方ないと思います。そんなキレイごとを言っていられない学生も多いでしょう。

「嘘をつく」「話を盛る」ことには「それがバレる」というリスクが存在します。リスクがあるなかで実行しているのですし、それがルール上問題ない行為であれば、基本的にやるやらないは個人の自由です。

ただ100%嘘は絶対にお勧めしません。話を0から作り上げるとなると、どうしても現実感が薄れてしまいます。そこまでしてしまうとバレるリスクが非常に高いため、話を多少盛る程度に収めておいたほうが無難です。

とある企業の人事は「嘘をつくなら東野圭吾になるつもりで嘘をつききってくれ。そこまでいけばそれはそれで才能だし。」と言っていました。もしやるのであれば長編小説を書く作家になる覚悟をもってやりましょう。

終わりに

今回のコラムでは「学生時代に頑張ったこと」に関して、発見・整理・伝達の3ステップに分けて解説しました。

就活をする上では避けては通れないものである以上、早め早めに準備をしておくことをお勧めします。また「本当に何も書くことがない」という人は今からでも遅くないので、何かにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

また文中では「企業の採用要件に合っている」ことを重視した記述をしましたが、あくまでそれは志望企業があり、そこから評価をされるため、という点を考慮してのものです。

自分が頑張ったことがあり、それが活きるような会社を探す、というプロセスの方が本当はスムーズなはずです。こういった点に関しては、自己分析や志望動機に関するコラムで解説しているので、ぜひご覧ください。

皆さんの就活の成功を祈っています。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)