外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【3分選考対策】三菱総合研究所(MRI)のインターン・早期選考対策まとめ

会員登録するとこのコラムを保存して、いつでも見返せます

目次

MRIに内定する7つのポイント

こんにちは、外資就活コンサルチームです。

今回は、コンサル・シンクタンクである三菱総合研究所(以下、略称MRI)のインターンシップから本選考における対策法について、詳しくお伝えします。

※MRIのインターンシップは実施形式ごとに選考が異なります。こちらのコラムでは、体験実践(OJT)型インターンの選考および早期選考の選考フローをご紹介します。その他の選考フローや本選考については、選考体験記をご参照ください。

本記事では、以下の重要な7点について触れながら詳細な対策をお伝えします。

・ES:論理性とわかりやすさを意識しよう
・筆記試験(GPS):難易度はそれほど高くないが油断禁物!
・1次面接:雰囲気は穏やかだが、事前準備は必須
・インターン:社員の方とのコミュニケーションを意識しよう
・ES(早期選考):文字数が多いので簡潔に読みやすく!
・2次面接:インターンでの体験を振り返っておこう
・3次面接:志望度の高さ(なぜ他社ではなくMRIか)をアピール

2025卒MRIの夏インターン募集要項

2025卒のMRIの夏インターン募集要項は以下の通りです。

形式:
・体験実践(OJT)型(5~10日間)
・グループワーク型(5日間)
・コンペティション型(5日間)
期間:2023年7月31日(月)〜2023年9月15日(金)
締切:2023年6月9日(金)

選考フロー

体験実践(OJT)型インターンおよび早期選考の選考フローは下記の通りです。各フローについて、以下で詳しく説明していきます。

ES:論理性とわかりやすさを意識しよう

選考内容(24卒夏インターン)
設問:
(1)当社インターンシップに期待すること、(2)インターンシップで取り組んでみたいテーマをお書きください。(400文字以上600文字以下)
・ご自身の専門分野や研究内容についてわかりやすくお書きください。(400文字以上600文字以下)
・自己PRや学生時代に力を入れて取り組んだこと・取り組んでいることについてお書きください。(400文字以上600文字以下)
結果連絡:提出後1週間程度でメールにて

簡潔に書こう

インターン選考のES設問に関しては、一般的な企業で課されるような内容です。自己PRやガクチカに関しては、伝えたいメッセージを明確にし、初めて読んだ方でも内容がすんなりと理解できるよう心掛けましょう。

またMRIの特徴として、社員一人ひとりに高い専門性があり、「知の統合の探求」を強みとしていることが挙げられます。しかし、専門分野や研究内容に関しては、一般的なESと同様、ESの読み手に背景知識がない前提で分かりやすくかみ砕いて書く必要があります。コンサルタントとして必要な論理性も欠かすことのないよう、ロジカルに書くことを意識しましょう。

通過者の感想
・制限文字数が多いので、より詳しく書くことが必要になるが、その中でも簡潔かつ構造的に書くことを心がけた。
・研究については門外漢の人でもわかるように、なるべくわかりやすい表現を用いるようにした。

筆記試験(GPS):難易度はそれほど高くないが油断禁物!

選考内容(24卒夏インターン)
会場:オンライン(GPS)
内容:思考力(45分35問)、基礎能力(25分30問)、パーソナル(10分23問)で計約80分
結果連絡:1次面接の10日後にメールにて

不安であれば他社選考を受けておこう

インターン選考ではGPSが課されます。一般的なwebテストのような問題に加えて、思考力を測るセクションでは音声を聞きながら解く問題がある点が特徴です。

GPSは、SPIや玉手箱ほど採用企業は多くないですが、難易度はそれほど高くありません。1次面接の結果と合わせて通過可否が決まるため、重要度もそれほど高くないと考えられます。心配な方は、他にGPSを採用している企業の選考を事前に受け、慣れておくと良いでしょう。

通過者の感想
・問題形式は少し特殊だが、難易度はSPIなどの一般的なwebテストと同じくらいなので、特別な対策は不要であると考えられる。
・このテストの得点のみで選考結果が判断されるわけではなく、どんな結果であれ面接も行われるので、そこまで重要視されていない印象。

1次面接:雰囲気は穏やかだが、事前準備は必須

選考内容(24卒夏インターン)
会場:オンライン
形式:学生1人に対して社員1人
時間:30分程度(ESに沿った質問25分+逆質問5分)
質問:
・学生時代に頑張ったこと
・自分の役割について
・研究内容
・なぜそれをやろうと思ったか
・やるにあたって意識していること
結果連絡:1次面接の10日後にメールにて

カジュアルな雰囲気だが事前準備はしっかりと

一次面接では、アイスブレイクの後、学生時代に頑張ったことや研究内容についての質問がなされます。面接は柔らかい雰囲気であり、また1対1であることからテンポ良く進むようです。

ESで記入した内容の深堀がメインになるため、事前に質問されるであろう内容を想定して回答を準備しておきましょう。

通過者の感想
・質問される内容を事前に想定しており、それに対する回答をしっかりと練っていたため、一貫した回答をすることができたことが好印象だったと思われる。

インターン:社員の方とのコミュニケーションを意識しよう

内容
期間:5日間
人数:ターム全体で30人程度(1部署に1~2人配属)

自発性が大切

体験実践(OJT)型では、希望した部署に1人1人配属される形になります。インターンの内容に関しては、部署ごとに異なるようです。

最初にテーマが与えられ、その内容について調べ物や社員とのディスカッションを適宜行い、最終日に部署の全員に向けてプレゼンをするというのが大まかな流れです。細かい進め方は決められておらず、自分のペースで自由にテーマを進めていくことができるようです。なお、インターンの合間には、社員の方のプロジェクト内容についてお話を伺う機会もあるそうです。

わからない点があれば仮説を持ったうえで社員の方に聞いてみるなど、社員の方とのコミュニケーションを意識しながらより良い成果を残せるようにしましょう。

なお、インターンシップで優秀であると判断された場合には早期選考ルートに乗ることができます。しかし、面接ではなく「キャリア相談会」という名目で案内が来る点に注意が必要です。

通過者の感想
・基本的に作業の進め方は自由に任されていたので、緊張感なく進めることができた。
・発表も受け入れていただいている雰囲気で、リラックスして臨めた。

ES(早期選考):文字数が多いので簡潔に読みやすく!

選考内容(24卒早期選考)
設問:

・当社を志望する理由を述べてください。あわせて、上記の希望部門やご自身の興味・関心を踏まえて、入社後に取り組んでみたいテーマと、あなたがそこで果たしたい役割について述べてください。
(900文字以上1100文字以下)

・大学や大学院における専門分野(研究テーマ)、または最も力を入れて勉強したことについて、次の観点を織り込んで述べてください。
(1)具体的内容(解り易く簡潔に)
(2)そのテーマを選択した背景・目的
(3)独自性、自分なりの視点や工夫したこと
(4)その成果が社会にどのように還元できそうか
(900文字以上1100文字以下)

・学業以外に力を入れたこと(スポーツ、趣味、ボランティア活動等)について、次の観点を織り込んで述べてください。
(1)具体的内容
(2)取り組んだ背景・目的
(3)あなたの役割
(4)活動全体の成果(成功/失敗したこと、得られたこと)
(900文字以上1100文字以下)

結果連絡:提出後1週間程度でメールにて

冗長にならないように注意

本選考のESは他のコンサルティングファームと比べて文字数がとても多く、ついだらだらとなってしまいがちです。読みにくくならないよう、内容ごとに細かく区切るなどし、簡潔に書くようにしましょう。また、研究内容やガクチカに関しては、該当する分野の知識や経験が無い方でもきちんと誤解なく伝わる内容になっているかチェックすることが重要です。

通過者の感想
・制限文字数がかなり長いので、詳しく書くようにしたが、その中で構造的に文章を書くことを心がけた。
・アピールしたいポイントを明確にするようにした。

2次面接:インターンでの体験を振り返っておこう

選考内容(24卒夏インターン)
会場:会社の小会議室
形式:学生1人に対して社員3人
時間:30分程度(ESに沿った質問25分+逆質問5分)
質問:
・インターンシップの感想
・インターンシップでこういう社会人になりたいと思うような社員はいたか
・どの領域に興味があるか
・上記以外で関心のある領域
・調査から社会実装までのどの部分に興味があるか
・リーダーとしてステークホルダーの意見をまとめた経験
・自分の理想と会社での仕事は合っているか
結果連絡:面接の全期間終了後、メールにて

入念に準備をして臨もう

インターン後の面接では、事前に提出したESに沿って質問がなされます。インターンで行った仕事に紐付いた質問や、実際に会社で働く上で必要とされる力などについて深堀されるため、インターンでの体験を振り返り想定される質問に対する回答を考えておくことが大切です。

事業内容に関するイレギュラーな質問にも対応できるよう、会社の部門などについて改めて詳しく調べておくと良いでしょう。

通過者の感想
・面接官はリラックスした様子で、こちらもリラックスするように最初に言われた。
・質問の受け答えに対しては大きくリアクションをとってくださり、自信を持って回答することができた。

3次面接:志望度の高さ(なぜ他社ではなくMRIか)をアピール

選考内容(24卒早期選考)
会場:会社の小会議室
形式:学生1人に対して社員3人
時間:30分程度(ESに沿った質問25分+逆質問5分)
質問:
・コンサルの志望理由
・MRIの志望理由
・どの領域に興味があるか
・その中でもどんなことを具体的にやりたいのか
・なぜそれをやりたいのか
・自分の理想と会社での仕事は合っているか

志望理由・志望度の高さをしっかり固めよう

二次面接では、一次面接の際よりも細部を深掘りされるようです。特に、志望理由や入社してやりたい事はきちんと固めておく必要があります。また、競合他社との違いについても理解し、志望動機と合わせて対策しておきましょう。全体を通して、一貫性や志望度の高さをアピールできると良いでしょう。

最終面接となるこの3次面接では、能力面よりも企業とのマッチングの見定めという役割が大きいです。社風を分析し、インターンシップや説明会での社員の雰囲気に寄せることも一つの手ですが、変に飾らず素の自分で臨むことをおすすめします。

通過者の感想
・終始穏やかな雰囲気で笑いも起きた。
・会社のことをしっかり調べて、やりたいことと会社でできることを合致させていたので一貫した姿勢で回答することができた。

内定者の情報

・内定者数:60人程度
・学歴:旧帝大、早慶

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員限定コンテンツ多数!

無料会員登録はこちら