外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「企業の土台を作る“守りのコンサル”」PwCあらた有限責任監査法人佐藤さんインタビュー 入社2年で“マネジメント層の目線”が求められるITコンサルの仕事とは

〈Profile〉
佐藤円香(さとう・まどか)
PwCあらた有限責任監査法人 システム・プロセス・アシュアランス部(SPA)。
慶應大学法学部政治学科卒業。
2016年4月、新卒として入社。
ITリスクコンサルティングや企業の内部システムに対するアドバイザリー業務を手がける。

近年、AIやIoTの普及によるシステムの複雑化により、「ITリスクコンサルタント」と呼ばれる職種の重要性が増しています。ITリスクコンサルは、リスク管理のプロである監査法人が扱うことも多く、採用枠が拡大しています。

この職種は業務の性質上、クライアント企業の経営層と直接やりとりすることも多く、経営視点でのコンサルが求められるのが特徴です。若いときから企業経営の根幹に関わることになることから、コンサル志望の学生も多数エントリーしています。

今回はITリスクコンサルの実態を探るべく、現場に取材に赴きました。お話をうかがったのは、PwCあらた有限監査法人の入社2年目のコンサルタント、佐藤円香さんです。

企業の根幹のシステムを強化することに「やりがい」を感じる

ー学生時代はどのような会社を受けていたのでしょうか。

Big4と呼ばれるグローバルネットワークを持つ法人を中心に、会計系のコンサルファームを受けました。また、シンクタンクなどの国内企業もエントリーしましたね。

コンサルというと、経営コンサルや戦略コンサルという「攻めのコンサル」のイメージが強いですが、私はどちらかというと、ITや会計というベーシックな部分で会社を支える仕事に関心がありました。ITや会計は、業種を問わずどの会社でもニーズがあり、将来的に応用が効きそうだというのも魅力でした。最終的に配属されることになったPwCあらた有限責任監査法人のSPA(システム・プロセス・アシュアランス)は、まさに様々な業界に渡って、企業にとって重要なシステム監査やITリスクコンサルを行う部門です。企業の根幹システムを強化していく「守りのコンサル」。私はそこにやりがいを感じました。

―「守りのコンサル」とはどういうことでしょうか。

経営コンサルや戦略コンサルは、「売り上げを伸ばす」など、どんどん前に行くイメージがありますよね。でも、それは企業のガバナンスを取れて初めて可能になることです。その“ガバナンスを取ること”こそが私たちの仕事であり、いわば企業の土台作り。それができて初めて企業の成長が可能になるので、これだけコアな部分に関われるのはすごく面白いですね。

ー不安はなかったですか。

もちろんありました、本当にこの会社でやりきれるのかと…(苦笑)。というのも、IT領域のコンサルは高い専門性が求められるので、ITやシステムを専攻していなかった私にできるか不安だったんです。

実際1年目は、絶対的な知識量の無さを痛感していましたね。SPAはいろんな分野に関わるのですが、当然相手はプロで、私を「1年目だから仕方ない」という風には見てくれません。すると、私は特定の専門知識を有していないので、たとえばシステム周りや個別のアプリケーションシステムに関する質問を受けた時、詰まってしまうことがありました。ITの知識はゼロベースからのスタートだったので、その点は今もカバーしようと努力しています。

ITの専門知識に関しては、資格取得用のテキスト教材を買って勉強しました。資格が必要な仕事ではないのですが、自分のためにプライベートで。

ーちなみに、グローバルなコンサルファームというと、かなりのハードワークでクライアントや上司からの突き上げも厳しいイメージがありますが、実際はどうですか?

システム監査の仕事は、期ごとの監査シーズンを迎えるとかなりハードですが、ITリスクコンサルについてはプライベートの時間とめりはりをつけて取り組めています。朝9時過ぎから働いて、遅くとも夜8時くらいまで。入社前は「コンサル業界では、資料の出来が悪いと上司に目の前で破かれることもある」なんて噂を聞きましたが、そんなことはなかったです(笑)

新卒時代から、マネジメント層の高い要求をこなさなければならない

ー佐藤さんは入社2年目ですが、現在はどのような業務をしているのでしょうか。

お客さま企業のサイバーセキュリティや内部統制の現状に対して、コミュニケーションを重ねながら、システム強化やセキュリティ対策のアドバイス、提案をしていきます。

この仕事では企業のCEOやCIO(最高情報責任者)などの経営層や部長クラスのマネジメント層の方とやり取りする機会が多く、彼らはその場の課題解決だけでなく、企業としての今後を見据えて依頼しているんですね。その期待に応えられるかどうかもポイント。正直なところ、2年目の私が何十年のキャリアを持つマネジメントの方々と同じ目線に立つことはかなり難しいのですが…。大切な点かと思います。

ーITリスクコンサルの仕事をやってみて、苦労はありましたか。先ほどおっしゃった、マネジメント層の目線に合わせる点は大変だったのではないでしょうか。

そうですね。彼らは何十年もかけてそのポジションについているので、2年目の私がどう頑張ってもそこにたどり着けないことを感じています。一度、あるお客さまに成果物を出した際も、「確かに要求したレベルには達しているけど、うちの会社が目指すのはそこではなく、業界の先駆。だからもっとプラスアルファが欲しい」と指摘されました。業務で求められる視座の高さを改めて感じました。

そのため、自分自身でも経営層の目線に合わせるための努力を行っています。企業の社長や経営層のインタビュー記事、寄稿をなるべく読んで、考え方や視座を吸収しようと努めていますね。記事の内容はITに限らず、経営論やビジネスの展開まで。通勤時間や移動中の“スキマ時間”には必ずスマホで読むようにしています。そのような自己学習なしにはできない職種かもしれません。

ー自社のシステムを強化していく「守りのコンサル」について、日本では依頼が増えているのでしょうか。

増えています。かつては、自社の社員が昇進して経営層やトップに就くケースが日本では主流でしたが、最近はまったく別の企業からCEOになったり、他業界から入ったりすることが多くなりました。その場合、彼らは自社の内部システムについて精通していないため、まず私たちITコンサルに依頼して、自社システムの体制強化を図ります。いわば“欧米式”のやり方が一般的になってきたので、私たちが求められる機会も増えました。

なかでも、やはり最近はサイバーセキュリティ関連のコンサルが多いですね。海外の方がサイバー攻撃の事例が多く、その分析やアセスメントシートのノウハウも進んでいます。日本の企業としては、海外の事例や技術を活用して、今のうちに対策したいというケースが増えているんですね。私たちは海外のデータを有しているので、その部分でサポートして行くことが多いです。

入社してからの成長。そして今後のプラン

ー入社時と比べて自分はどんな部分が成長したと思いますか。

やはり目線が変わってきたことですかね。マネジメント層の方とのやりとりを通して、「与えられた業務をやる」ことから、お客さま企業の課題解決や成長に向けて「もっと遠くのゴールを見据える」ようになれました。たぶん、1年目2年目でこれだけマネジメント層の方とやり取りする仕事は稀だと思いますし、彼らもかなり意識を注いでいる領域。だからこそ、目線の変化は自分でも感じます。

もちろん、新卒の頃と比べて、持っている知識量も圧倒的に増えたと思いますね。

ー今後はどんな目標を抱いてますか。

まずはなるべく早く海外にチャレンジしたいです。30歳になる前に、海外のPwCオフィスに行きたいですよね。日本から海外に出向するケースはよくあるので、きちんと実務で実績を積んで、この目標を実現させたいです。

その結果、最終的には「サイバーセキュリティのコンサルといえば、佐藤さん」と言われるくらいになりたいですね。やるからには、そういうポジションを目指したいです。

ーでは最後に、ITリスクコンサルを考えている就活生の皆さんにアドバイスをお願いします。

さまざまな分野の専門知識が必要になるので、新しい知識を吸収することに楽しさを見出せる人には向いていると思います。私も就職が決まった時、「自分が持っていない“高い専門性”を求められるので、私にやりきれるのか」と不安になりました。でも、むしろ新しいことを吸収できる環境に今は楽しさを感じています。

現時点で持っている知識量よりも、これからどれだけ新しいことを吸収できるかが重要。その点で魅力を感じた人は、ぜひ検討してみてください。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

PwCあらた

PwCあらた

コンサルティング / 会計監査

PwCあらた

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)