外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【投資銀行】ところでサマーインターンって何のためにやるの?

はじめに

サマーインターンの目的とは何でしょうか?結局何をするのでしょうか?

就活初期に浮かぶそんな疑問について、今回はお答えしてみます。

サマーインターンの目的

サマーインターンにはさまざまな期間のものがあります。
ただ、どんな形であれ、サマーインターンの目的は変わりません。

「投資銀行」の業務内容、環境を知る

・ビジネスモデル(どんな仕組みで儲けているのか)
・オフィスの環境
などを知る、絶好の機会です。
投資銀行業界の本もたくさん出ていますが、
外面からは何をしているのか分かりづらいビジネスですので肌で感じることが重要です。

レベルの高い仲間を見つける

夏にインターンで出会う同期生は、優秀な人間で固められており、最終的にはトップ企業のどこかから内定をもらっている確率が高いです。
内定を得ている要因としては、資質が優れている人材という側面もありますが、「情報」という側面で他の就活生をリードできているという点が大きく左右しています。
言うまでもなく、早期からインターンに参加しているというアドバンテージからスタートしています。

就職活動の雰囲気、厳しさを感じる

周囲の学生が夏でまだ遊んでいるときに、インターンの経験を通して就活の厳しさに直面することになります。
とくに外資系企業の現場では、非常に競争が激しくピリピリしています。
面接で落ちる、自分の実力のなさを実感する、という厳しさもこの時期に味わっておきましょう。

インターンをしたことが、優位に働く

夏の段階で、優秀な学生をチェックしています
夏の段階で内々定を出すかどうかは、時期(年代)や企業により変動がありますので、
外資就活ドットコムの情報などを参照に、最新情報をチェックしてください。

サマーインターンに参加してそこで『不合格』のレッテルを貼られたら、
本選考で上がっていくことは難しくなってきます。
逆に評価されれば 、

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)