外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

サマーインターンの実態は「本選考」の一部 ~サマーインターン攻略特集~

summer_intern

1.はじめに ~サマーインターンの実態は「本選考」の一部~

日系・外資系を問わず、多くの企業が大学3年生の6月~8月のサマーにかけてインターンを実施しています。特に外資系コンサルティングファーム・外資系メーカーは、サマーインターン=本選考である企業が多くあり、このような企業は大学3年生の夏の時期に既に内定を出しています。

また外資系投資銀行やベンチャー・日系事業会社でも多くの企業が、インターンの優秀者には本選考までの間にメンターが付く、一部本選考の選考フローがスキップされるなど、内定が出ずとも内定にかなり近づく「優遇措置」が付与されます。

つまり、サマーインターンに参加することがもはや「本選考」の一部である、というのが現在の就活の実態です。

「内定が得られる」「内定に直接近づく」というメリットに加え、サマーインタ―ンに参加するメリットはさらにあります。まず一つは面接やインターンを数多く経験し、各選考過程に「慣れている」学生の方が本選考にて内定を勝ち取りやすいというメリット。そしてもう一つは、様々な業界を比較する事で「自分の求める将来像」が鮮明になるというメリットです。

つまり、志望企業(業界)のサマーインターンでなくても参加すればするほど、結果的に志望企業(業界)の内定確率が高まる、というのが就活における真実なのです。

以上を踏まえ、志望企業(業界)以外のインターンにもできる限り参加できるよう、早め早めに対策を進めていきましょう。

 

2.選考の場になりつつあるインターンシップ

ここでは、主な外資系のコンサルティングファームや投資銀行、メーカーが昨年(20卒)サマーインターンをどんな日程で開催し、エントリーをいつ締め切ったかを一覧表で紹介します。原則として、外資就活ドットコムの募集情報コーナーに掲載されたデータをもとにしています。サマーインターンのスケジュールの全体像を把握し、それぞれの対策を立てる参考としてください。

※以下の情報は昨年(2018年)夏の募集情報です。企業によっては、今年は日程が大きく異なる場合もありえますので、ご注意ください。

外資系投資銀行

外資系コンサルティングファーム

外資系メーカー

3.サマーインターンにチャレンジするべき7つの理由

①内定が出る

サマーインターンを実施する企業、特に外資系企業の中にはサマーインターンに参加したメンバーの中から、早期に内定を出す企業があります。この傾向は投資銀行よりもコンサルティングファームや外資マーケで強く、内定に直結するものは多く「ジョブ」といった名称がついています。

②選考に直結する

インターンに参加したことで直接内定がもらえなくとも、その後の選考プロセスでインターン非参加者より有利に働くことがあります。

「当インターンシップは選考には一切関係ありません」という文章を見ている方も多いかもしれません。 しかし、企業が莫大なお金と労力をかけてインターンシップを開催している以上、選考に関係ないわけがありません。

サマーインターンに参加する事で、その後の選考プロセスにおいて一次面接が免除され、二次面接からのスタートという事も多々あります。 またセッションの間、参加者は社員によってチェックされています。もし優秀だと評価されればその後の選考で有利になります。ですがその逆もまた然りなので注意しましょう。

③本選考に向けた実戦が積める

仮にサマーインターンへ参加できなかったとしましょう。その場合でも、選考を受けたことだけでも十分価値があるはずです。グループディスカッションやケース面接は実際の選考を受けることに勝る練習はありません。

選考においてグループディスカッションのフィードバックをして頂けることもあります。 選考の段階で企業の人事の方に直接フィードバックのような形で講評を聞くことができる機会はあまりないので、とても貴重な体験です。 なかなかそういった選考はあまりないかもしれませんが、そうでなくても本番に備えた練習ができるといった意味でも受ける価値はあります。 どのようにアピールすれば選考に通るのか、さまざま面接を受けていく中で気付きが増えていき、それを後々振り返ることができれば秋や冬の選考へ向けて周りに差をつけることができるからです。

④良いエントリーシートが分かる

選考を受けるにあたって最初の関門がエントリーシートです。これもサマーインターンの選考を利用して、良いエントリーシートとはどういったものか知ることができます。

もしES切りを食らったのであれば、どこが十分でなかったのか検証して修正、秋・冬以降の選考に備えることができます。 そのためにも、提出したエントリーシートは全て手元にデータの形で残しておきましょう。WORDファイルにエントリーシートの設問をコピー、そこで文章を組み立てることをオススメします。 同じ業界内ですとエントリーシートの質問も似通っておりますので、コピー&ペーストで再利用することができます。これは、大いに時間短縮となります。

実際、夏以降の選考において、同じ業界内の企業エントリー締切はかなり近かったりするので、時間のある夏のうちにある程度エントリーシートを完成させてしまったほうが良いと思います。 また、こちらのページでは、インターンを突破したエントリーシートを見ることができます。ぜひご参考になさってください。

インターン突破のES〜選考体験記

⑤仕事とのマッチングが分かる

各社インターンにおけるグループワークの内容は、入社してからの実際の業務に即した内容になっていることが多くなってます。

例えば投資銀行は学生には馴染みのないビジネスを展開しており、いくつかの業界本に目を通したところできちんとしたイメージを形作るのは難しいと思います。

それを実際に肌で感じてみることは、書籍で学ぶより何倍も価値があることです。

また、その仕事が面白いと思っても社員の方と合わない、あるいは参加メンバーと合わないと感じた場合、その企業・業界とうまくマッチングしていないのかもしれません。

しかしそれが夏という早い段階で分かることで、その後の就職活動に大きくプラスとなります。

⑥学生のレベルが分かる(「井の中の蛙」から抜け出す)

夏の段階から就職活動を始めている学生はかなり優秀な方が多いです。(外資系企業もそれをよく分かっているからこそ、サマーインターンを実施しています)

ましてや投資銀行・コンサルティングファームのジョブにまで進んだ方々であれば、その優秀さはおそらく日本のトップ層のはずです。

そういった方々と横のつながりを持っておくことは就職活動だけでなく、今後の人生にも大いに役立つ貴重な財産になります。

そういった選ばれた方々と共にグループワークに挑むことで、その優秀さに打ちひしがれることもしばしば。

また社員の優秀さ(≒自分の至らなさ)に気付くのもインターンの大きな意義です。

こういった衝撃・ショックを受けることも、サマーインターンの大きな意義かと思います。

⑦貴重な収入が得られる

日給の出るインターンを課す企業もあります。

就職活動には何かとお金がかかりますが、アルバイトをする時間・精神的余裕は就活生にはありません。貴重な経験をさせてもらいながらお金までいただける機会を見逃す手はありません。

4.選考ステップ毎の対策法

難関企業はサマーインターンの倍率が100倍を超えます。数千人の学生が応募する中、ESや筆記試験でその90%以上が落とされ、数度の面接の末、20~30人のインターン参加者が選抜されます。以下のコラムを読み、万全の対策をしてから選考に臨みましょう。

5.先輩に学ぶ【選考体験記】

「具体的にどんなESを書けばいいんだろう」「去年は面接で何を聞かれたのかな」…そんな時は先輩の選考レポートを参考にしてください。こちらで人気企業の体験記の一部をご紹介します。気になるものを読んでみてはいかがですか?

6.サマーインターンの命運を分ける【コミュニティ】

サマーインターンに通過するためには、有益な情報収集が欠かせません。そこで、外資就活ドットコムの人気会員限定コンテンツの1つ、「コミュニティ」をご紹介します。匿名で同じ21卒の仲間と情報共有をしたり、先輩内定者に自由に質問したりできるサービスです。以下は21卒向けのスレッドの一部です。是非ご活用ください。

7.内定者・社会人に気軽に就活相談【外資就活相談室】

端的に言えば、『外資就活相談室』は外資就活ドットコムが認定したトップ企業の社会人ならびに内定者のOB/OGに対して、就活生が自由に質問できるWebサービスです。何といってもこのサービスの特徴は「優秀な内定者、OB/OG」と交流できることです。

普通、MBBや外銀に内定している優秀な学生や現役社会人の方は、個別に連絡をとっても就活生のためには時間を割いてくれません。なぜなら彼らはとても忙しい生活を送っており、学生と会う場合はほぼ選考要素が絡んでいます。だからこそ今回外資就活相談室は、普段は出会えないような「優秀な内定者、OB/OG」の回答者にこだわりました
例:マッキンゼー、BCG、ベイン、GS、モルスタ、JPモルガン、五大商社、外資メーカー

顔出しと個人が特定される情報の公開だけはNGという最低限のルールだけでそんな優秀な方々とやりとりすることができます。
また、回答者も現役学生から社会人10年目まで、幅広い業界の人に協力を頼んでおります。そのため、就活を始める前〜内定後、社会人になってからもキャリアの相談ができます。


*上記画像をクリックすると【外資就活相談室】にリンクします
【外資就活相談室】の詳しい使い方はこちら

8.おわりに

冒頭に、内定が欲しければサマーインターンへの参加は必須と書きましたが、実際はサマーインターンへ参加していなくても内定を獲得する学生はいます。

しかし、この記事を読んだ貴方はサマーインターンの重要性に気づいているはずです。

多くの方が、社会に出る最初の一歩をサマーインターンで経験するかと思います。ぜひ参加し、社会の楽しさや厳しさを経験してみてください!

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)