外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【3分選考対策】ユー・エス・ジェイ(USJ) マーケティング職

目次

21卒の皆様こんにちは、外資就活 外資マーケターチームです。

合同会社ユー・エス・ジェイ(以下「USJ」と称する)は、ハリウッド映画や人気漫画・アニメのキャラクターをテーマとしているテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社です。

今回は、そんなUSJのマーケティング職の選考対策記事を書かせていただきました。USJのマーケティング職は、例年、夏と秋のインターン経由からのみ内定を出しています。
※2021年卒の選考は、秋インターンの開催はなく、夏インターン(Universal Marketing Academy 2019)のみの開催予定ですのでご注意ください。

    • USJの選考スケジュールは以下の記事に掲載しておりますので、ご確認ください。

【21卒向け】外資マーケターを求める企業の選考内容・スケジュールまとめ

    • USJの会社概要、社風・社員、求める人材は以下の記事に掲載しておりますので、ご確認ください。

【21卒】マーケティング職を採用しているP&G、ユニリーバ、USJ、ロレアルの違いとは。会社概要、社風・社員、求める人材を徹底解説!

まずはじめに、USJマーケティング職に内定する3つのポイントについてご紹介します。

USJのマーケティング職に内定する3つのポイント

1.チームをまとめるリーダーシップ

USJは、2010年にヘッドハンティングされたP&G出身の森岡毅氏の圧倒的なリーダーシップにより、劇的なV字回復を果たしました。

そのため、USJは「周りの部署を巻き込み、目的(Goal)を達成することのできるリーダーシップ」がある人を求めており、

マーケティング職の選考では、チームのリーダーとしてチームをまとめることができるか、チームで最高の結果を出すために貢献できるか、を重視しています。

また現在のUSJのマーケティング部は、P&G出身が多くP&Gに近い社風があるため、求めている人材像もある程度似ていますが、違いとして、P&Gは「チームを動かす・引っ張るリーダシップ」を重視しているのに対し、USJは「チームをまとめるリーダーシップ」をより重視しています。

選考ではこの点を意識して臨みましょう。

2.目的(Goal)を達成するための戦略的思考

目的(Goal)を達成するための資源配分の選択のことを戦略と言います。

企業の持っている経営資源(ヒト・モノ・カネ・時間など)は限られています。そのため経営をするにあたってプロジェクトの目的を考えた上で、目的達成のために企業の持っている経営資源をどの分野に集中させるかを選択しなければなりません。そこで必要になってくるのが、戦略的思考です。

USJのマーケターとして必要としている”戦略的思考”は上記で述べたようなものですが、選考において見られている戦略的思考は、「戦略的に勝つ」「戦略的にその日のスケジュールを考える」「戦略的に議論を進める」といったものです。

3.志望動機(なぜマーケティング職、なぜUSJ)

インターンシップを通過すると、1時間×3,4回の最終面接があります。この最終面接にて、「なぜUSJのマーケティング職を志望するのか」を深く探られます。この志望動機を明確に答えられない学生は、そこまでの選考で優秀な成績を残せていたとしても落とされていしまいます。

そのため、「なぜマーケティング職なのか」「なぜ他社のマーケティング職ではなく、USJのマーケティング職なのか」「USJに入社したら何がしたいのか」を明確に答えられるようにしましょう。

選考フロー

選考フローは他社と比べると短いですが、その分、各選考の倍率が非常に高いです。
また、例年、夏・秋インターンシップ経由の選考フローしかないのでご注意ください。

WEBテスト→GD選考+面接(インターンシップ1日目)→インターンシップ2日目~4日目(3days)→ES→最終面接(1時間×3回)

※なお、こちらは2018年度(2020卒)の選考フローをもとに作成しております。2019年度(2021卒)は選考フローが変更になる可能性があります。ご注意ください。

WEBテスト(TG-WEB):ボーダーが高いのでしっかりと対策をしよう

選考内容
試験形式:TG-WEB
時間:1時間程度
試験会場:自宅
合格ボーダー:推定でおよそ7~8割
結果通知方法:テスト〆切日から1週間以内にメールで連絡

通過者の感想

  • ボーダーはかなり高い印象がある
  • 対策せず挑んだ友人は落ちていた

対策方法:対策本を使用してしっかり対策しよう

通過者の感想でもあるように、WEBテストで落ちている学生も少なくありません。「私なら大丈夫」と甘く見ず、しっかりと対策をしましょう。

TG-Webの特徴や対策方法は、こちらのコラムをご確認ください
Webテスト40戦39勝の金融業界内定者が実践した『玉手箱・TG-Web攻略法』

グループディスカッション+面接の選考会(インターンシップ1日目):最初の難関は、生き残りをかけた選考会

選考内容
場所:品川の貸会議室
所要時間:4時間程度
学生数:60人程度
進め方:会社説明、マーケティングに関するフレームワークの説明→グループディスカッション(GD)→面接→各自帰宅
結果通知方法:2週間以内にメールで連絡

関東と関西の2つの会場で、約4時間かけて行われるGD+面接の選考会です。4日間のインターンシップの”1日目”と名付けられていますが、この選考会にてインターンシップ2日目~4日目に参加できる人を選抜しています。つまり、生き残りをかけた選考会です。

この選考会は、USJのマーケティング職選考の最初の難関です。実際に通過者は「GDの1チームから1人がインターンシップの2日目~4日目にいけるかどうか」と話していました。

通過者の感想

  • GDと面接があるが、インターンシップに行けるかどうかはGDでのパフォーマンス次第
  • この選考会は関東だけで4,5回開催されていたが、インターンシップの参加者は約40人であるため、相当な倍率だったと考えられる
  • 森岡さんの著書を事前に読んでいたため、GDでは流れを掴むことができた

グループディスカッション(GD):USJのマーケティングフレームワークを使いこなし、議論をリードしよう

選考内容
テーマ:USJで10万人を集客できるシーズナルイベントを考えよ
時間:約40分
資料の有無:あり(年代別の人口数、関西・関東の人口数、各年代のニーズetc.)
参加者:学生7~8人、面接官1人
進め方:GD→発表→フィードバック


グループディスカッション(GD)にて意識しておくポイント3つ


①USJのマーケティングフレームワークを事前に理解しておこう

上記の通り、GD前にUSJで実際に使用されているマーケティングのフレームワークに関する説明があります。GDでは、このフレームワークを実際に使用しながら議論を進めていきます

しかし、GD直前の説明だけでフレームワークを理解することは非常に難しいです。この選考会前にUSJ元CMOの森岡氏の著書「USJを劇的に変えたたった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」を読み、フレームワークの理解を深めておきましょう。

②議論を正しい方向に修正しよう

マーケターは施策を考える際に、現状分析・市場分析を様々な観点で徹底的に行います。

このGDでは、施策の前に市場分析を行う必要があるにも関わらず、多くのグループが市場分析にあまり時間を割きません。その結果、アイデアベースの議論となってしまうグループが多いです。

アイデアベースの議論となってしまった場合は、チームメンバーを説得し正しい方向に修正しましょう。

グループにおいて最適な施策・アイデアを出せるよう議論を修正できるかどうかも
GDの評価ポイントに入っているので、GDに慣れておくことも重要です。

③データを根拠に議論を進めよう

上記の通り、このGDではテーマに関わるデータが書かれている資料が配られます。

GD終了後の発表の際に、議論にて決めた施策が10万人を集客できる根拠を社員に説明する必要があります。この根拠は「なぜ10万人集客できるのか」に対する理由を説明できるものでなくてはならないため、データを基に計算した数値を用いることが必須となります。そのため、配られた資料内のデータを根拠に議論を進められるかどうかも重要視されています。

実際、この選考会の通過者はGDの社員からのフィードバックにおいて、「数値を基に議論を進められていたこと」を良かった点として挙げられたそうです、

マーケティング職のGDの対策方法を記載したコラムもありますので、是非ご確認ください。
【21卒】GD(グルプディスカッション)の倍率は5倍以上!?GD選考徹底対策コラム

面接:自分の強みをアピールできるエピソードを1分以内に言えるように

選考内容
学生・社員の人数:学生1人・社員1人
時間:約10分
面接内容:GDの感想、学生時代のエピソードなど

この面接は、GDの際にテーブルにてパフォーマンスを評価していた社員と行います。

他社の面接に比べて、面接時間が非常に短いです。また、事前にエントリーシートの提出を行っていないため、面接官は各学生のプロフィールを全く知らない状態です。
つまり、この面接では短い時間で自分のことをアピールできるように準備をしておくことが重要です。

まず、自分が用意している学生時代のエピソードを分かりやすく簡潔に話せるようにしておきましょう。1分以内に「自分が学生時代に何をどのように達成したか」を話せるのが理想です。

さらにこの学生時代のエピソードにおいて、自分がどのような強みを発揮することができたかを言葉でしっかりと伝えられるとより良いです。

インターンシップ(インターンシップ2~4日目):チームをまとめるリーダーシップをアピールしよう

選考内容
場所:USJの本社(大阪)
期間:3日間
学生数:40人程度(6グループ)
社員数:各グループに2,3人ずつ
結果通知方法:約2週間後にメールで連絡インターンシップの概要
【テーマ】
10億円の売り上げを達成できる2019年の夏のシーズナルイベントを考えよ(資料あり)

【タイムライン】
1日目午前:フレームワーク・需要予測の計算方法のインプット
1日目午後:USJで遊ぶ、課題発表
1日目午後~3日目午前:施策考案のワーク
3日目午後:発表(各チームプレゼン)、結果発表、懇親会

通過者の感想

  • 周囲の学生のレベルが非常に高かった/
  • グループ内で意見が食い違うことが多々あったため、相手を説得するために論理的に説明することが重要だと感じた
  • 3日間、睡眠時間を削ってワークを行うため体力的にきつかった
  • チーム全員で戦えるように、チーム内のモチベーションを保てるようにした

インターンシップを突破するために必要なマインド3つ

①成長意欲

インターンシップ(ワーク)の途中にグループに付いている社員との面談が数回あります。そこで社員からのフィードバックが与えられるため、フィードバックされた点を修正することを心掛けましょう。フィードバック内容を活かすことによって、成長意欲を社員にアピールすることができます。

実際に、このインターンシップを通過した人の中には、自ら社員にフィードバックを求め、次のワークの時間に、フィードバックされた内容を意識しワークに取り組んだようです。

②リーダーシップ

選考にて大きな評価ポイントとなる”リーダーシップ”をワーク内でアピールしましょう。このリーダーシップは正しい意見を言うことや発言を多くすることではなく、その場に応じてチームをまとめることができる能力の事です。

各グループによって特徴は異なりますが、このインターンシップでは意見が対立することが多々あります。その際には自分の意見を主張するのではなく、対立している相手側の意見も聞き、お互いが納得する方法で収束するようにしましょう。

コラムの冒頭で述べたように、USJが求めるリーダーシップは、最適な解・施策を出すために「チームをまとめる」能力です。

③自分の強みで勝負をする

このインターンシップに参加している学生のレベルは高いため、自分の強み以外で勝つことは非常に難しいです。そのため、自分の強みで勝負できる役割を探し、その役割でチームに貢献できるようにしましょう

実際に、USJは入社後に強みを活かすことのできる部に配属されます。このことからも、自分の強みをしっかりと把握し、その強みを武器に戦えることも重要なポイントと考えられます。

エントリーシート(ES):論理的に簡潔に書く

選考内容

  • 設問内容

(1)USJに興味を持った理由を教えてください。(字数制限なし)
(2)あなたが周囲を巻き込んでリーダーシップを発揮した経験を教えてください。(字数制限なし)
(3)あなたが情報やデータを収集、分析することで、提案したり解決した経験を教えてください。(字数制限なし)
(4)あなたがアイデアを出して今までのやり方を変えたり、新しい発想で上手くいった経験を教えてください。(字数制限なし)

面接の資料となることを忘れずに

インターンシップを突破し、最終面接に臨む学生のみに課されるESです。他社と比べると、字数制限がないことと、3つの学生時代のエピソードを用意することが、このESの特徴です。

このESでは、最も伝えたいメッセージを決めて論理的かつ簡潔に書くことをお勧めします。

まず、字数制限がないため自分の書きたいことを全て書くことができますが、長い文章は内容が頭に入りづらく、面接官がエピソードをイメージすることを困難にします。

また、このESを基に最終面接を1時間×3回行われ、ESに書いたエピソードが徹底的に掘り下げられます。そこで、このESを書く前にあらかじめ自分の話すエピソードを深く掘り下げておくことで、最終面接で筋の通った回答をすることができます。

以上の理由から、ようにしましょう。

最終面接(スーパーデイ):学生時代のエピソードと志望動機の深堀りに対し、筋の通った回答をできるように

選考内容
形式:個人面接
面接時間:1時間×3回
社員数:2人×3回
結果通知方法:約3週間後にメールで連絡
面接内容:インターンシップの感想、志望動機、学生時代のエピソード、マーケターとしての資質を問う質問、逆質問など

内定者の感想

  • 1時間の面接が3度もあったので、かなり体力のいる選考だった
  • 聞かれたことに対して素直に答えることを心掛けた
  • 志望動機を自分の経験をベースに答えるようにした
  • 自分の強みをしっかりとアピールできるようにした
  • ここまで深堀りをされた面接は受けたことがなかったが、筋の通った回答をできるように心掛けた

体力勝負の最終面接は、事前の準備が大事

最終面接に呼ばれている学生は、インターンシップを通じてリクルーティングチームに能力を認められ、内定を推薦されている状態です。最終面接は、幹部による最終確認の場となっています。

この3回の面接で、ESの内容とインターンシップでの活動内容を基に、各学生の人間性・強み・マーケターとしての資質・志望動機を問われます。
そのため、ESの内容をあらゆる角度から振り返っておくことと、インターンシップの振り返りをしっかり行いましょう。

この最終選考は、合計約3時間の面接となる上に、他社の面接とは比較にならないほど深堀りをされるため、精神的にも肉体的にもハードな内容となっています。その中で、自分の発言に一貫性を持たせることが重要となるので、あらかじめ想定できる質問を非常に細かいところまで考え、それらに対する回答を用意しておきましょう。

また、コラムの冒頭で述べたように、なぜUSJのマーケティング職を志望しているかについては必ず聞かれる質問であり、最終選考において非常に重要なポイントとなっています。

ユー・エス・ジェイの研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)