外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【22卒】外資マーケターを求める企業の選考内容・スケジュールまとめ

はじめに

こんにちは。外資就活 外資マーケターチームです。

こちらの【21卒】マーケティング職を採用しているP&G、ユニリーバ、USJ、ロレアルの違いとは。会社概要、社風・社員、求める人材を徹底解説!では、マーケティング職で新卒採用を行う企業についての徹底比較を行いました。外資系メーカー、マーケティング職の業務、更には各社の社風や事業内容への理解を深めていただけたのではないかと思います。

今回はこれから就職活動を始める皆さんが外資メーカーへの就職活動のイメージをより明確化できるような情報をお伝えできればと思います。

そこで本記事では、マーケティング職を目指す皆さんに向けて、

  • 外資系メーカー就活のスケジュール
  • 選考ステップごとの対策方法

についてお伝えします。

この記事を参考に1年間の就活スケジュールのイメージを明確化するとともに、プランを立て計画的に選考に臨みましよう。

外資系メーカー就活のスケジュール

外資系メーカーの選考は原則として、サマーインターンと本選考の2パターンです。それぞれの職種の採用人数は少なく、非常に倍率が高いことが特徴です。

特にマーケティング職については、早期選考、またはサマーインターン等で募集が完全に終了しますので、早め早めの準備が必要となってくるでしょう。

メーカーの中には、新卒からマーケティング職の採用を行なっている企業とセールスのみの新卒採用を行う企業があります。従って選考を受ける前にどの企業がどちらの種類の採用形式なのか確認することが必要です。

先述の通り、各外資メーカー企業の選考ルートはインターンルートと本選考ルートの二つに分かれますが、さらに細かく分類すると以下の4通りのルートが存在します。

・8〜9月:サマーインターンシップ
・9〜10月:ビジネスコンテスト
・11〜2月:秋冬本選考
・3〜5月:春本選考(マーケ職の募集はほとんどない)

一度選考を受けて落ちてしまうと1年間は選考を受けられなくなる企業もあるため、自身の状況と準備度合いを考慮し最高のコンディションで受けることをお勧めします。
また、毎年開催される採用イベントも異なってきますので、アップデートされる情報には慎重に目を通しましょう。

選考ステップ毎のポイント

高倍率の外資メーカーマーケティング職の選考を通過するためには、入念な対策が必要です。そこでここからは、選考ステップごとの注意点をご案内します。

エントリーシート:論理的かつ自分らしさを忘れずに

ポイント①:論理性

マーケターの選考の特徴はESから最終面接まで、論理的思考能力が問われることです。実際の業務でも、さまざまな問題が起こる中で常にプロダクトやブランドの責任者として意思決定が迫られます。そのためエントリーシート(ES)においても、問題への解決プロセスがきちんと書かれているものが比較的通過する傾向にあります。

志望動機にしても、ガクチカに関しても、

・志望動機に関しては、数ある中の企業や役職からどのように意思決定をしたのか
・経験に関しては、どのような問題に対して、どのような解決策を取り、どのような結果が生まれたのか

の2点をいかにうまく順序立てて盛り込めるかによって、ESの出来栄えが変わってきます。

ポイント②:リーダーシップ(周りを巻き込んだ経験、チームでプロジェクトを達成した経験)

マーケティング志望者は耳にタコができるぐらい、「リーダーシップ」という言葉を耳にされているのではないでしょうか。

マーケターは業務上、セールスやファイナンス部門など他の部署との連携を保ち、互いの利害をうまく調整しながら仕事を進める必要があります。よって、さまざまなメンバーを巻き込みながらプロジェクトを推し進める力が必要です。

特に他部署との連携は必須になってきますので、関係者を巻き込む能力としてのリーダーシップが求められます。

ESの中でも、手法はどうあれ周りの人をまとめ上げ自分が中心となってプロジェクトを進めた経験が述べられているかが問われてきます。論理性を意識さえしていれば、内容はマクロな企業経験だけではなく自身の普段の学生生活、サークル、インターンシップにおける経験などであっても、ESの通過確率を高めることができるでしょう。

結果だけでなく、自身がその過程や結果に対してどのように考え、行動したのかを盛り込むようにしましょう。

参考:過去に問われた設問(2020年卒)

<P&Gジャパン>
・第一志望の職種への志望理由
・あるグループに参加し、全体を率いて、必要なサポートを獲得し、卓越した結果を実現した実例を説明してください。(全角半角問わず500字から700字程度)
・他者とともに仕事をする上で、見解の相違があっても生産的な関係を作り、保つことができたときについて説明してください。(全角半角問わず500字から700字程度)
・あなたがプロジェクトの方向を変え、その結果、時間やコストが削減された例を説明してください。(全角半角問わず500字から700字程度)

<ユニリーバ・ジャパン>
なぜ応募された部署を希望されたのですか?5年後のキャリアイメージも含めてご回答ください。 (400文字以内)

<ユー・エス・ジェイ>
・ユー・エス・ジェイに興味を持った理由
・周囲を巻き込んでリーダーシップを発揮した経験を具体的に教えてください。
・情報やデータを収集、分析することで、提案したり解決した経験を具体的に教えてください。
・アイデアを出して今までのやり方を変えたり、新しい発想でうまくいった経験を具体的に教えてください。

<日本ロレアル>
・学生時代において一番のチャレンジについて教えてください。(700文字以内)
・ロレアルでは、社員それぞれの「個性」が共鳴することで良い化学反応が起きると考えているため、「多様性」を大切にしております。つきましては、あなたの「個性」がわかるように、ご自身を何か一つのモノ/ヒト/コト等に例え、理由と併せて教えてください。※化粧品に関連する事柄である必要はございません。(400文字以内)

筆記試験・Webテスト:「企業オリジナルも一般書を参考に」

企業オリジナル問題をどのように対策するか

近年の外資メーカーの筆記試験・ウェブテストは企業オリジナル問題であることから、対策が困難になっています。しかし、テスト制作会社と提携していることにより定型のテストに似た問題や形式が出題されることも多いようですので、それなりに対策することは可能です。

例えば、P&GのWEBテストでは例年、性格テストとCABの図形問題に類似した問題が頻出しています。そのため、CABの練習問題で慣れておく必要があるといえます。

グループディスカッション:周りのメンバーを巻き込み議論をドライブする

ポイント①:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力とは、「協調性」「リーダーシップ」「傾聴力」 といったもので、他の人間と関わった時にどういう態度をとるのか、という部分です。リーダーシップを重視されるマーケティング職では、グループ内のメンバーの一人一人に気を配りながら議論を進めることを意識しましょう。自身の独断と偏見で意思決定をすることは禁物です。

ポイント②:思考力

また思考力とは、「論理性」「発想力」といった個人の思考に関する資質のことです。先ほども述べた通り、日々の業務で考えることが求められる限り、チームでも、根拠を伴った説得力のある意見を発言することが求められます。

ポイント③:捨てる勇気

捨てる勇気とは、「A案とB案どっちも正しそう。多数決とろうかな。うわ、多数決とったら半々になったよ。どうしよう…。」といった場面で意思決定ができることを指します。

冷静に分析して「こっちが正しい」と言えればいいのですが、大量の資料を渡され短い期間で結論を出さないといけない場合がほとんどなので、時には勢いで決めることもあります。最悪なのは、中途半端に終わることです。片方を捨てる勇気をもって、採用したもう一方のアイデアを進めることにチーム全員を巻き込めるようにしましょう。

そんなことから、採用選考のステップの一つであるGDにおいても、コミュニケーション能力があり、「議論を前に進められる人材」こそが高く評価されることになります。

参考:過去に出されたGDお題

・ロレアル製品の売上向上施策を資料に基づき提案せよ
・洗剤の新商品投入に関する戦略
・USJで10万人集客するシーズナルイベントを考えよ

このように、新規事業への戦略、売り上げ向上に対する施策の提案など、実際の業務でも対面しそうな問題が出題されます。その企業のプロダクトラインやそれぞれの強みなどを事前に調べ、予備知識を必要程度にためておくことも重要になってくるでしょう。

面接:「この人と働きたい」と思ってもらえるように

外資メーカーの面接は、基本的にESに沿って進められます。また、一部ケース問題(具体的な事例が提示され、あなたならどうするかを数分の間で考えさせる)が出されることもあるようです。

提出したESを再度読み直し、想定問答を頭に思い浮かべておくと良いでしょう。そのような中で、全ての「なぜ」に対する質問に対して、論理的に答えられるようにすることが最大の鍵であると言えます。志望動機に対して、なぜそう思うのか、なぜこの企業なのか、なぜマーケティング職なのかは、基本的にはっきりと答えれるようにしましょう。

またケースの問題にしてもなぜその意思決定に至ったのかという部分まで答えられるといいでしょう。

例えば以下のような質問内容があったようです。

参考:マーケターよく聞かれる質問集

・あなたが思うリーダーシップとは?

・自らが主体的に動いて成果を出した経験は? 工夫したところはどこか?

・なぜマーケティング部門なの?

・なぜマーケティングに興味があるの?

・最近よかったテレビのCMを教えて。

・これ(ある商品)を売ろうと思ったら、どんな風にプロモーションしていく?

・趣味は何? なぜそれが好きなの?

・大学での研究内容はどんなこと?なぜそれを研究しているの?

・自分が今までやってきたことの一貫性を説明して。

・人生で一番困難だったことは何か? それをどう乗り越えたのか?

終わりに

いかがでしたでしょうか。

外資系メーカー企業のマーケティング職のスケジュール感と対策方法をざっくりご紹介しました。

ご自身の能力を吟味しながら対策をリストアップし、それぞれの対策をいつまでにするかをまとめることから始めましょう。プロのマーケターは、PDCAを高速で回すところから始まります。実際に働き始めた時に苦労しないよう、今から実践されてみてはいかがでしょうか。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)