外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

「就活×海外経験」の落とし穴

はじめに

就活をしているとインターンや学生団体の活動等で、海外経験のある方とお会いすることが多いです。うまくアピールできればいいのですが、海外経験といったインパクトに面接における言動が負けてしまっている方も見受けられました。せっかく海外経験という大きなアドバンテージがあるのに、それを活用できないのはあまりにももったいない。今エントリでは、うまく生かせない方の特徴について考察してみました。

そもそも海外経験なのか

「スタディーツアーなどで海外で一ヶ月くらい生活してみた」くらいのレベルの人にありがちなパターンです。一月程度の海外経験でしたらその経験自体は大した差別化要因になりません。「オレはケニア行って一月で電話線引くプロジェクトやり遂げた!」ぐらいのインパクトあるものでしたら話は別ですが、一月海外を放浪していたくらいでしたらほとんどアピールになりません。

海外に行こうと思った背景、実際に行ったこと、その行動をして得た結果をしっかりと整理し、インパクトある伝え方をできるように練習をする必要があります。そうすれば面接官を感心させるアピールはできるはずです。

ただ1ヶ月程度であれば

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)