外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【留学経験者から学ぶ】面接で強い! 留学経験の伝え方

留学については「学んだ経験」を話せ

「体育会系」「留学」「起業経験」の3つは就職活動において優遇されると言われています。

しかしながら、留学に関しては話し方を工夫しなければ、サークルやバイトの話より使えなくなってしまうかもしれません。

今回は「就活で留学経験が評価されたと感じたことはほとんどなかった」と話す帰国子女で、就職活動を経験された大学4年生の方にインタビューしました。

「留学したということだけを履歴書に書いているだけでは何も突っ込まれない。『学んだ経験』を話しにいくことが重要」と語る彼女の「留学経験の活かし方」を参考にしてみてください。

[インタビュイー紹介]
小学1年生から3年生までカリフォルニアで過ごし、大学1年生の時に日本の大学を休学してアメリカの大学に留学。しかし1年で日本の大学に進学することを決め、帰国。2016年の夏から就職活動を始め、外資系総合コンサルティング会社に内定。

【関連コミュニティ】
【交換留学】どれくらい有利?
【関連募集一覧】
海外大学生向け最新募集一覧
【留学生おすすめ選考体験記】
Amazon/Google/P&Gジャパン

留学経験でまず伝えるべきは「何に直面しどう対処したか」

――就活中に、留学についてどんな質問をされましたか。

留学については型にはまった質問ばかりです。具体的には「なんで留学したのか、なぜその国・大学を選んだのか、何を勉強したのか」などです。

ここで重要な点は一貫性のある留学経験であるかどうかだと思います。

理由の筋が通っており、自分の意思で留学することを決意したことが伝われば十分です。ただ留学してみたかったから、などは理由に含まれません。目的と自主性を念頭において質問に答えるべきだと思います。

――就活中に、留学が生きたなと思う瞬間はありましたか。

正直少なかったです。

そもそも語学はあまり評価されません。英語が話せるくらいの人は沢山います。

また、私は大学1年生で留学したので学問やスキル面で特筆するような専門性がなく、定番の留学とは違っていたため評価されにくかったと思います。

しかし留学経験は、企業側から質問されない場合もあるので、自分から積極的に話すことをオススメします。

私の場合は「学生時代に力を注いだこと」や自分の強みを話す際に、留学経験については話しませんでした。人生を振り返ってみると、期間の長さや濃さから留学よりも話せる内容があったからです。

しかし「挫折した経験、失敗から学んだ経験」として留学経験を話していました。

留学した方は分かるかもしれませんが、言語の壁よりも、文化や習慣の違いは日常生活に大きく支障をきたします。私は自分の寮生活でトラブルが起きていたので、対処方法やそこから学んだ事を話していました。

留学経験はスケールの大きな魅力ある内容を話せば必ず評価される、というわけではないと思います。

たとえ日常生活のことでも、カルチャーの違いをどう受け入れ、問題にどう対処し、その経験が現在の実生活でどう生かされているのかについて深掘りする必要があります。

面接受けする留学経験は失敗談

――実際に、一番面接官の受けが良かったと感じるエピソードはどのようなものですか。

失敗談です。先程も話したように、失敗から学んだ経験を話すことが、留学経験特有の良さを出せると思います。

例えば私の友人は現地でインターンに参加したいと考えていました。しかし言語やVISAの関係からも障壁が多い外国人を受け入れてくれる企業はなかなかありません。

その方は30以上の企業にカバーレターや履歴書を送り、ようやく1つの企業の長期インターンに参加することができたそうです。この方の積極性や自主性、挫折を乗り越えた力は留学経験特有ですし、評価されるポイントだと思います。

このようなインターンに参加したという話だと高度だと感じる方がいるかもしれません。そんな方は寮生活の話をするのをオススメします。

実際私は8人の多国籍の人たちとの共同生活を経験しました。生活リズムや食のトラブルは身近ですが、解決に時間のかかる問題です。面接官も状況をとても想像しやすいので、会話が盛り上がる可能性も高い話題だと感じます。

留学はゴールじゃない。達成感で自己満足するな

――最後に就活生へのアドバイスをお願いします。

留学はゴールではありません。就職活動中には、留学経験が人生経験のほんの一部だったことを思い知らされます。

ただ、留学が終わって、達成感で自己満足して終わってしまう人が多くいるのが実際のところです。

しかし、留学経験で求められているのは、そこから学んだことを将来どうやって生かしていくつもりなのかということです。

将来やりたいことと、留学で学んだことに一貫性が出るよう、就活勝つ前にもう一度、自分の留学を振り返ってみる必要があるでしょう。

特に2・3年生で留学した人は帰国後すぐに就職活動が始まるので、情報も少なく出遅れる人も少なからずいると聞きます。

また留学生の多くは、語学や精神的な面からポテンシャルが高い分、就職活動自体を甘く見ている人が多いかもしれません。油断は禁物だという点は念頭においた方がいいでしょう。

「何に直面しどう対処し、その経験がどう生かされているのか」を意識して面接練習に取り組んでみて下さい。皆さんの就職活動が成功することを祈っています。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)