外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【保存版】ジョブで役立つリサーチの基礎知識~IR情報の使い方~

トップ企業を目指す学生は夏の間にIR情報にふれておこう

こんにちは。外資就活ドットコム 外銀チームです。

皆さんはIR情報という言葉を聞いたことがありますか?
IR情報とは、企業が資金調達をするにあたり、投資家に対して企業内部の活動にに関する情報を提供する役割を持った資料です。
これを見て「僕、株とかやらないし……」と思った方もいるかもしれませんが、IR情報はコンサル・金融を目指す人はもちろん、これから社会人になる方は全員知っておくべきものです。というのも、企業のデータを見て分析するために、IR情報は必要不可欠だからです。
このコラムのゴールは、IR情報を開示する背景と目的、使いこなすためのコツを理解していただくことです。
ジョブ前の追い込み中の皆さんも、この夏知識をつけたい!という皆さんもぜひご覧ください。

投資家に情報を提供するためのIR情報

IRとはInvestor Relationsの略語で、投資家対応部門などと和訳されることもありますが、通常はIRと表記されて「アイアール」と読まれます。財務活動の一環であり、上場企業にとっては非常に重要な仕事のうちの一つです。
企業は投資家から資金を集められるからこそ事業を行うことができます。また、株式会社の議決権は株主が保有しています。そのため、会社は株主のものであるといわれることが多く、企業にとって株主は最も重要なステークホルダー(利害関係者)だと言えます。
このように、企業にとって株主は非常に重要な存在であり、各企業には株主に企業の状態を報告したり株主からの質問を受けたりするIR部署が設置されています。

コンサル・外銀志望者が押さえておくべき四つのIR情報

ここでは、企業が資金を調達するという財務活動の一環として発行しているIR情報にまつわる資料を一通り確認してみましょう。

これらの中でも中期経営計画書と有価証券報告書は企業分析に使う頻度が圧倒的に高いため、ジョブ前で時間のない人は先にこの2つを優先的に押さえておくことをおススメします。
各資料について次の章で詳しく説明していきます。

中期経営計画

中期経営計画(中計)とは、企業が中期的に目指すあるべき姿と現状とのギャップを埋めるための計画です。「中期」という言葉に明確な定義はありませんが、3~5年程度の期間を指すことが多いです。
中期経営計画では、5~10年を念頭に設定された経営ビジョンを実現するために、向こう3~5年でやっておくべきことを明確にしています。そのため売上や利益、ROEなどの定量的な数値で目標が設定され、課題も具体的かつ明確なものが多いです。

これを発行する目的は、この先数年間で会社をどのように経営していくか利害関係者に示すためです。

また、コンサルや投資銀行のジョブにおいては、クライアントが成長するための最適解を示す情報源として、一番大切な資料になります。
というのも、中期経営計画にはクライアントの現状、3~5年後になりたい姿、売上や利益率などの具体的な目標数値などが掲載してあり、ソリューション提案にダイレクトに関わる情報が見られるからです。

さらに、ジョブは大まかに
目的のすり合わせ・現状分析→ソリューション提案
という流れで進んでいきますが、中期経営計画には、クライアントの要望が詰まっており、それを見ることである程度の目標の仮説を立てることができます(ただし、中期経営計画を鵜呑みにするのも問題ですので、市場分析や現状分析をもとに、その時々によって最適な目標を設定するよう心がけましょう)。
インターンはもちろん、社会に出てからも実際の業務で読む資料ですので、ぜひ一度目を通しておくことをおススメします。

有価証券報告書

決算短信に書かれた決算概要のほかに、詳細な決算の内訳や事業が成功・失敗した理由、事業のリスクなど、さまざまな財務情報が書かれているのが有価証券報告書です。

3か月ごとに発行されるものを四半期報告書、1年ごとに発行されるものを有価証券報告書と分けて呼ぶこともあります。
直近の業績を端的に表している決算短信が短期的な投資に役立つのに比べて、有価証券報告書はより長期的な投資の意思決定に使いやすいIR資料であるといえます。このため、財務諸表は決算短信にも有価証券報告書にも記載されていますが、有価証券報告書のほうがより詳細に記載されている傾向があります。

アニュアルレポート

会社の1年間の業績をまとめた資料です。どのような事業がどれだけ成長して、今後どのような計画で拡大していくのかなどについて書かれています。実際には、今後の業績の予想などが含まれている場合もあり、次の項目で説明する「中期経営計画書」を内包していることも珍しくありません。

作成する義務はありませんが、投資家の意思決定に役立つ資料としてほとんどの上場企業が作成しています。

プロの投資家が投資判断を行う際に最もよく参照するIR資料の一つであり、世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏も、年間100社以上のアニュアルレポートを読んでいると発言しています。

決算短信

決算短信とは、企業の決算発表の内容をまとめた書類のことです。決算短信は、集計期間終了から45日以内に発行することが義務づけられている決算資料で、その期間の決算の概要を報告するものです。
投資を行う際の判断の資料となる有価証券報告書は、決算の3カ月以上後にしか発表されません。そこで、企業の決算結果などをなるべく早く投資家へ知らせるために、証券取引所が各上場企業に対して決算短信の作成を要請し、各企業が作成しています。

決算短信が発表されると、投資家は期待通り利益が上がっているかを確認して投資を続けるか再検討します。
投資家が期待していたほど利益が上がっていなければ、うまくいくと想定していた事業が実際にはうまくいっていないことになるので、株式を売却する投資家が現れるでしょう。一方で、期待していた以上に利益が上がっていれば、うまくいかないだろうと思っていた事業がうまくいったことになるので、投資をしたいと考える投資家が増えます。

その他のIR資料

このほかで重要なIR資料には決算説明会資料があります。決算説明会資料とは、証券会社や資産運用会社のアナリスト向けに行われた決算説明会で使用された資料で、IRページ上に公開されているものです。

形式は一定ではなく、市場分析を含んでいるものや過去との比較が活発なもの、とにかく詳細なデータが掲載されているものなど、会社によってさまざまな特徴があります。

また、株主通信を発行している会社も多くあります。

おわりに

最後までご覧くださりありがとうございました。
このコラムでIR情報についてを大まかに理解することができましたか?
社会人の常識として是非知っておきましょう!

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)