外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

国内大企業志望であっても外資を受けるべき5つの理由

はじめに

戦略コンサルや投資銀行(特に投資銀行部門)は常に成長が求められる職場であり、up or out(昇進若しくはクビ)の原則が貫かれておりますので、仕事に対するプロ意識やオーナーシップはとても高いです。

そういった企業への選考は高倍率で非常に厳しいものになりますが、この選考経験を経ているのと経ていないのとで、その後の日系企業への就職活動も大きく変わってきます。

「仕事を頑張る気はあるんだけど日系しか考えていないよ!」という方も、食わず嫌いせず、外資系を受けてみましょう。



いまから始めておくことで、内定がより近づくことかと思います。

1.自分の実力を客観視できる

外資を目指す人材は、敢えて安定志向を捨て己の才覚のみで勝負を賭ける意識を持った人が多いです。
志望者を見渡す限りそれなりに自信もありますし、優秀な方も多いように思えます。

そういった中で最難関といわれるコンサルの筆記試験をはじめ、投資銀行のグループインタビュー/コンサルのケース面接、グループディスカッション、果てはジョブに参加することによって自分の実力がどの程度のものか客観的に把握することができます。

自分が優秀だと思っていてディスカッションに臨んだら、普段出会わないタイプの理系院生に木っ端微塵にされることなどよくあることです。
なるべく早めにプライドを砕かれておきましょう!(Noと突きつけられることで、分かることは多数あります)

就職活動初期に「井の中の蛙感」から脱却することはとても重要です。

砕かれた自信は地力をつけることで回復していきますので、恐れることなくチャレンジしていきましょう。

まずは差を意識して、差を埋めるための方法を考えることが、就職活動をポジティブに進めていく上で必要なことだと思います。

2.選考過程に慣れることができる

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)