外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

高学歴就活生11の慢心-就活中にこれをやると落ちる

高学歴なのに失敗?

今回は、「高学歴とされる大学にいるのに、就活に失敗してしまう人」にどんな特徴がありがちかについて、自分の経験を踏まえながら考えたいと思います。就活失敗談としてお読みください。

就職活動に失敗する原因をおおざっぱに分類すると、

・情報収集を積極的にしない
・自分を省みない

のどちらかであることが多いです。この両者は相互に関連しており、前者だから後者になることもあれば、後者ゆえの思い込みで前者のような行動を取ってしまうこともあります。

だからこそ、もしあなたがこのどちらかの行動を取っていることに気づいたらすぐさま修正をしなければいけません。この記事では、特に今まで割と順風満帆にきた高学歴の方がこじらせがちな、この2つの兆候について書いていきます。

情報収集を積極的にしない人にありがちなこと

①説明会・セミナーを軽視する

企業の説明会やセミナーに行っても細かい矛盾点などを発見することに没頭して、「やっぱり採用側はいいところしか言わないな」なんて悦に入る。挙げ句の果てに「パンフ読めばいいな」という結論を出すに至る。

単に企業の基本情報を得るだけならパンフレットを読んだ方が効率的かもしれませんが、具体的な業務内容や仕事のエピソードは社員の方からでないと聞けません。

そういう情報を面接で言えるか言えないかで説得力に大きく違いが出るため、面接官へのアピール度にも大きく影響します。また、たかだか学生の半端な知識で情報の価値を判断するのは危険です

【説明会に関する主なコミュニティ】
合説での参加回数が、選考に有利に働くことはある?
セミナーに遅刻した!選考には影響しますか
【総合商社】説明会に不参加でも、選考には関係ない?
日系金融以外で、説明会への参加が必須な企業・業界

②書籍だけで研究する

業界研究や企業研究を業界本一冊、関連本一冊、日経記事、などで済ませ、人に会って話を聞いたりインターンに参加しようとしない。ディスクロージャーやアニュアルレポートで十分だと考えてしまう。

前述したように、具体的な仕事話を聞くことは重要です。また、本や資料で仕入れた知識は他人も知っている可能性があり、独自性を付加しにくいです。

インターンやOB訪問で人に聞いた話は、その人の経験という固有性を帯びていますので、それ自体にオリジナリティーがあります。また、「社会人・OBに頼んでお話を聞かせていただいた」という行為を、志望度の高さの表れとして好む企業も多いのです。

ただ、わざわざ時間を作ってまで会って頂くのですから、メールをよく読まずに会う方法を勘違いして30分待たせたあげく、謝罪もなく笑顔で現れたりするとブチ切れられます。社会人としてのマナーは守りましょう。

【OB訪問に関する主なコラム】
五大商社内定者が語る「OB訪問」活用術【18卒就活生が語る(2)】
「就活」でよい会社を見分ける3つの質問
OB訪問を最大限活用できる質問10選 総合商社編
OB訪問を始める前に読んでおきたい、OB訪問で就活を有利に進める方法
「OB訪問」が内定へのカギ

③ビジョン・理念だけ見て「足元」固めの情報収集をしない

「具体的な業務内容とか働かないと分かるわけないじゃん。年収・福利厚生・社内の雰囲気、なんて大したことじゃないよな。大切なのはビジョンや理念だろ」と考える。

確かに学生が企業の内部情報や就労実態を知るのは難しく、いくら丹念に情報を収集しても限界がありますが、それはやらない理由にはなりません。OB訪問が奨励されるのは、可能な限り具体的かつ真実に近い情報を仕入れるためです。

そして、実際に働くことになれば年収・福利厚生・社内の雰囲気はかなり影響してきます。日々の生活もままならない給料で、福利厚生も充実しておらず、社内がギスギスしている職場で仕事の生産性が上がるとは思えません。

どんな高邁な理念があっても、「足元」が固まっていなければ崩れ落ちてしまいます。

④自分の目線で業務内容を調べない

『この企業がグローバル市場でどう勝ち抜いていくのか』のような全社的な情報を重視して、個人的なやり甲斐や、苦労、キャリアパスについてはあまり考慮しない。

『新興国市場でどう売り上げを勝ち取るか』や『2015年までのグローバル戦略』といった言葉に惹かれる気持ちは理解できますが、入社してすぐそんな巨大案件に関われる可能性は非常に低いです。

おそらく最初は工場勤務で現場を知るだとか、個人営業で地道に新規開拓だとかそういう業務を担うことになるはずです。就職活動で情報収集する際には、その業界の社員の方の経歴にも注目してみましょう。

大志を抱くことも大事ですが、目の前の仕事を疎かにしているようでは志は実現できません。「まず若手社員が何をやることになりそうか」ということにも注意を払ってください。

【キャリアパスに関する主なコミュニティ】
外資メーカー(P&G・ロレアル・ユニリーバ・GE等)のキャリアパスについて知りたい
Google、Amazon、MS etc… 外資IT社員のキャリアパスが知りたい
【悩み】戦略コンサルのキャリアパスが知りたい
日系IBDのキャリアパス(転職等)を教えてください

⑤抽象的なビッグワードをやたら使いたがる

例えば、『グローバル』『公共性』『社会貢献』『キャリアアップ』のような言葉がESに頻出する。『プレゼンス』『バリュー』『コミュニケーション能力』『やりがい』『スケールが大きい』『win-win』『自己実現』『自分にレバレッジをかけられる場所』『人の魅力』のような言葉が面接で気がついたら出ている。

どれもよく聞く言葉ですが、こうした抽象的な言葉は自分がどういう具体的意味で使っているかをきちんと認識して使わなければ「それってどういうこと?」と突っ込まれますし、「口ばかりで中身のない人」という印象を与えます。

『グローバル』といっても、日本支社では業務がほぼ国内に限定されているところもありますし、『社会貢献』といえば企業の営利活動は全てある意味で社会貢献と考えることもできます。

『win-win』といってもある面では『win-lose』になっているかもしれませんし、『人の魅力』というのはありとあらゆる場面で使えるかわりに、会社独自の強みのアピールにはなり得ません。

言葉は耳障りの良さで使うのではなく、論理的な根拠を用意したり、具体的に説明する準備をしてから使いましょう。

それにしても、『自分自身にレバレッジをかける』ってどういう意味なんでしょう。「カイジが指賭けてるところを想像した」と、外資コンサルに進んだライター氏が以前言及していましたね。

自分を省みない人にありがちなこと

⑥周囲の就活生を見下す

真面目に就活している友達をどこか冷めた目で見る。「あいつらとは違うんだぜ」的思考に囚われる。

「茶髪のチャラチャラした奴が就活のマニュアル通り、かつ上手くコミュニケーション力をアピールして、内定でたらまた茶髪に戻して勝ち組的な態度をにじませながら残りの大学生活をエンジョイする。」なんて思い始めるとかなり危ないです。

自分が内定を取るまで人に構っている余裕があるとは思いません。まずは、自分の就活スタイルの構築と結果を出すことに集中しましょう。

⑦エントリー企業を雑に選択する

選考をうける企業の選択が適当で一貫していない。自分の学歴・経歴をまるで考慮していない。

「優良中小企業もいいかな」なんてよく考えもせずに決めると、面接の場で「電子部品を生産している工場がある場所」なんていうのを聞かれて言葉に詰まって落ちることがあります。

中小企業では大企業と採用状況が大きく違い、それほど余裕もないため確実に入社してくれる人しか基本取りません。

そのため、不自然に高学歴な人が面接をうける際には、志望度がどれほど高いのかを知ろうとしてかなり細かい会社情報を聞いてくることがあります。

こうした違いを考慮せずなんとなく受けてしまうと、大手より入りにくいという事態が起こったりします。

⑧自分の学歴・経験・コネクションを過信する

「高学歴だからもう勝ち組」と勝手に思い込んでないでしょうか。学歴が通用するのは基本的にESまでです。

学歴や自慢できる経験があれば自動的に内定がもらえると思ったら大間違いです。あくまで、「普通の人よりかは学業を頑張ったのだから、採用すれば仕事も頑張ってくれる...かな!?」「この子はどんな想いがあったから学業頑張ったのかな? いろいろ聞いてみよう!」と面接官に思って頂けるだけです。

就活で知っておくべき6つの常識
上記こちらのコラムのコネに関する指摘を100遍でもお読みください。

『3.コネ採用を起用している大企業は一定数あるが、富裕層の子弟が殆ど。よって、付け焼刃のコネはほぼ役に立たない』

だからといって、高学歴やコネが就活でマイナスに働くというわけではありません。「なぜ学業を頑張ることができたのか」「どのように人間関係を構築してきたのか」をアピールすれば良いのです。

⑨ピントの外れた質問をする

社員に優秀さを誇示しようとして、聞かれたくない、あるいはなぜ聞くのか理解できないことを質問したり指摘する。

「かねどーのブログ」「鋭い質問」と「急所を突く」質問の違い
こちらに詳しい説明があります。

質問の意図が「自身にとって有用な情報を得るため」ではなく、「こんな業界知識に精通している俺かっけ-」になっている方も散見されます。目的意識を忘れずに質問しましょう。

リクルーターの方に、「そんな仕事面白いんですか?」などと吠えるのはもちろん論外ですし、自動車業界の方に「自動車にあまり興味ないんですけど大丈夫ですかね?」と尋ねるのは愚の骨頂ですし、外資系金融の女性に「日本と欧米の就職形態の違いは、外資系企業の日本での新卒採用・研修にどのような影響を及ぼすのか」などというもはや何のために聞いているのか分からない質問を投げかけると圧倒的威圧感の笑顔で退散させられます。学生ならではの無知な質問をしてしまうこともあるかもそれませんが、最低限、事前に質問をよく考えてリストアップしておきましょう。

【社員への質問に関する主なコミュニティ】
【最終面接落ち】どんな逆質問すると良いのか?
鋭い逆質問はどのように考え出せば良いのか
面接での逆質問は評価されているのでしょうか?

⑩戦略なしに素の自分を出してしまう

「ありのままの自分を出す」と言うのを文字通り解釈してしまう。企業が欲しい人物像や何を知りたいのかを考慮したPR方法を考えない。

企業は貴方とお友達になりたいわけではないので、本当にありのままを出されても困ります。出したところで、「中学生みたい」だとか、「偉そう」だとか、「社会人として基本的なコミュ力に欠ける」だとか言われるのがオチです。企業側だって、貴方にありのままの姿なんて見せていないでしょう。

しかし、矛盾するようですが、面接官にとって「ありのままの貴方」というのもまた気になるものです。社会人としての常識で凝り固まった受け答えをしてると、「この子本当はどういう人なのか分からないな...」と思われてしまいます。

どういったことに注意すべきかは、常夏島日記「就職活動を自分探しの場と間違う人の成れの果て」ignorant of the world -散在思考-「東大生による就職活動論」が参考になると思います。

⑪不合格になっても振り返りをしない

落ちても「相性が悪かった、社員の見る目がない、運の問題だしな」で、済ませる。

1社ならまだしも、何十社も「お祈り」が続くならばおそらく貴方にも何らかの問題があると考えられます。親や友人や知人、知り合った社会人など、第三者の評価は常に受けるようにしてください。自分を客観視するのは難しいのです。

企業ブースで飴をもらったからといってすぐなめてはいけません。またかつての私のように、面接時の姿勢が、肘と膝がくっついた状態で手を組んでいる、まるで『机がない碇ゲンドウ』 というような人物もかなり変わってるという評価を頂くと思うのですが、意外と本人は気がついていないものです。

高学歴の就活

いかがでしょうか。かなり極端な例も出しているのですが、全て筆者の経験談や実体験や黒歴史です。参考になれば幸いです。

「高学歴だから就活は余裕!ラクに進められる!」ではなく、高学歴だからこそより一層早期に動き出し、より一層情報収集や企業研究、面接対策を入念に行う必要があるのです。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)