外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

早期選考迫る!日系投資銀行の魅力・特徴まとめ②<各社比較編Part2>

はじめに

こんにちは。外資就活金融チームです。

今回のコラムでは、前回の「早期選考迫る!日系投資銀行の魅力・特徴まとめ<各社比較編Part1>」に引き続き、日系投資銀行各社の魅力をご紹介します。


今回ご紹介するのは以下の2社です。

大和証券
みずほ証券

前回のコラムと同様、各社について以下の三つの観点からご紹介します。

①強み
②教育制度
③新卒1年目の年収

まず各社の特徴を要約して表にまとめたものがこちらです。

それでは、各社について詳しく見ていきましょう。

みずほ証券

みずほ証券は「One MIZUHO」のスローガンの下、銀行・信託・証券の一体運営を売りにしており、それを生かして様々な分野の案件を手掛けていることが特徴です。投資銀行でありながらおっとりとした社風であり、投資銀行の激しい雰囲気を敬遠する学生にも人気の企業です。

近年では海外進出に力を入れていることもあり、研修ではなく駐在という形で海外でキャリアを積むことができます。

また、同社は2019年2月に元モルガン・スタンレーの副会長によって2006年に設立された、アメリカの独立系投資銀行「ペレラ・ワインバーグ・パートナーズ」とM&Aアドバイザリー業務で提携することを発表しました。今後は、これによる大規模クロスボーダー案件の増加が見込まれています。

強み


・中小企業から大企業まで銀証一体を生かした豊富なM&A案件数
・興銀時代からの繋がりを活かしたDCM業務

日系の投資銀行でもやや独自の路線を行くのがみずほ証券の投資銀行部門です。興銀時代の繋がりから債券引き受け業務(DCM業務)に圧倒的な強みを持っています。また、手数料を低く設定しており、多くの案件を手掛けているのも特徴です。

銀行との結びつきが特に強いみずほ証券は、小規模のM&A案件であっても投資銀行部門がFAを務めるケースがあります。規模の大小を問わずとにかくM&A案件を経験し、若いうちから成長したい方にとってはうってつけの環境であると言えます。

教育


・エバコアとの提携プログラム
・銀行への転職も可能な幅広い選択肢

幅広い教育プログラムが備わっている点もみずほ証券の投資銀行部門の特徴です。近年、みずほ証券はエバコアという海外のブティック系投資銀行と提携を結びました。

毎年投資銀行部門の若手社員数人がエバコアに駐在しています。駐在期間は限られているようですが、若手のうちから海外で活躍したいと考えている方にはおススメの会社と言えるでしょう。

また、「グローバル・コーポレート・ファイナンスコース(GCF)」というみずほ銀行のプログラムとの結びつきが強い点も大きな特徴です。みずほ証券IBDで経験を積んだのち、みずほ銀行GCFへ所属を変更することも可能です。

またこれとは逆に、激務と言われる投資銀行で最初から勤務する自信がない場合は、一旦銀行のGCFで投資銀行に近い業務を経験してから証券(投資銀行)に移ることも可能です。

このように、他の投資銀行と比べてキャリアパスの幅が広い点もみずほ証券の魅力であるといえます。

新卒1年目の待遇

新卒1年目の給与はベース月給24.5万円に残業代と賞与が加わり、年収としては500~600万円程度の額が見込まれます。

大和証券

大和証券はリテール、ホールセール、アセット・マネジメント、投資を中心に構成されている総合証券グループです。「新たな価値を提供し、成長すること」を指針とし、グループ内外の関連事業・新規事業への参入を積極的に行っています。

海外事業については、経営基本方針に「日本とアジアの成長を結ぶことで持続的成長を実現」を掲げ、日本を含むアジアをコアとしたグローバル展開を行っています。

またM&Aでは独自に拠点網を有するアジア地域に加え、ヨーロッパや北米を中心に、M&Aアドバイザリー業務に関するグローバルネットワークを構築しています。

強み


・高い営業力とチームプレイ
・ワーク・ライフ・バランスを重視

前述のみずほ証券と同様、大和証券でも規模を問わず多くの案件に携わることができます。みずほ証券の場合は主に興銀時代からの付き合いと格安の手数料を生かしてM&A案件を取る場合が多いです。

これに対し、大和証券は自社の強固な営業力を生かして新規の取引先から案件を取ってくることが多いと言われています。また、チームを組んで働くことが多いため、若手のうちから実力不相応な責任を負うことなく、一戦力として案件に参加することができます。

そのため、一から新たな案件を発掘し、エグゼキューションに至るまで一貫して携わることができる魅力的な環境だと言えるでしょう。

また、福利厚生に関しては業界の中でも抜きんでて充実しています。職場復帰しやすい雰囲気があるため、育児休暇取得率も高く、女性にとっても働きやすい職場だと言えるでしょう。

教育


・MBA留学のしやすさ
・社外での自己啓発の推奨

大和証券の投資銀行部門では、社外の教育機関や教育プログラムを活用した自主的なスキル研鑽が重要視されており、それらへの参加を支援する制度が充実しています。代表的なものとしては「MBA留学」の支援制度が挙げられます。

これは主に、国外MBAに2年間留学した際の授業費や滞在費が会社負担となります。更に留学の期間中も給与が発生するという制度で、多くの大和証券のバンカーが積極的に利用するそうです。

また、働き方改革が進む大和証券では投資銀行業界のなかでも比較的早い時間帯に帰宅できるため、そこで生まれた時間を個人向けe-ラーニングの受講やTOEIC対策に充てることもでき、会社としてもそれを支援しています。日々の業務に勤しみつつも、着実に自分の市場価値を高め続けていきたい人にとってはうってつけの企業風土といえるのではないでしょうか。

新卒1年目の年収

新卒1年目の給与はベース月給25.5万円に残業代と賞与が加わり、年収としては500~600万円程度が見込まれます。

おわりに

いかがでしたか。

前回のコラムでもご説明しましたが、日系投資銀行は選考において業務・業界・自社への理解度を評価項目にしているところが多いです。そのため、各投資銀行の違いを深く理解しておくことは必須であると言えるでしょう。

ぜひとも、前回のPart1と併せて、業界研究にお役立てください。

外資系も含めた投資銀行業界全体の業界研究の際にはこちらのコラムも参考にしてみてください。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)