広告業界から内定を勝ち取るための4つのポイント

はじめに

いよいよ本日は就活サイトのオープンですね。当サイトの選考情報にもありますが、日系企業も続々とセミナーを行い始めています。外資系コンサルに遅れて、マスコミ各社の募集が始まってきました。
日系企業で人気がある業界といえば、やはり商社・マスコミ・広告ではないでしょうか。どこも万単位のエントリーがあり、倍率は1000倍に達するなんていう職種もあります。そこで、今回は広告業界から内定を獲得した方のインタビューを記事にしてみました。広告業界就活のポイントを聞いてみたので、志望している方の参考になれば幸いです。

広告業界から内定を貰っている周りの人の雰囲気はどのような感じですか?

よく「広告業界は華やかな人ばっかだよねー」と言われるんだけど、意外とそうでもないですよ。たぶん想像しているよりもずっと地味。でもいわゆるコミュニケーション能力(笑)が高い人は多いんじゃないかな。頭いいけど孤立している人っていうよりは、みんなを巻き込んでいく人が多い気がする。大きなサークルの幹事長・役員とか、学生団体を作ってすぐ大きい団体にしちゃった人とか。取っ付きやすいけど、何か光るものを持っている人が多いですね。

広告業界から内定をもらえた理由はなんだと思いますか。

光るもの持ってるとか言ったあとに答えづらいんだけど、自分の場合はそんなカッコいいものじゃなくて、ともかく泥臭さをアピールした。1つだけじゃなくて、何個も何個も本音で語れるエピソードがあった。そのエピソードも特徴的なものが多かったですしね。やっぱり面接で嘘ついたって、面接官はたくさんの学生見てきているんだから見抜かれるのではないかなと思います。

では内定をもらえた理由は特徴的なエピソードがあったからということですか。

それは1つの要素だと思う。でも特徴的なエピソードがあれば内定でるんでしょって言うのはちょっと違う。別に特徴的なエピソードがなくてもしっかり通ってきた人もいるし。自分の場合は「過去の経験からしっかり学んだんだ」ということを伝えるように意識していましたね。だって「マーケティングのスキルがあります」とか言っても、社員さんからしたらそんなの無いに等しいじゃないですか。学生内で「あいつは〇〇スキルがあるな」とかいう話はあるかもしれないけれど、社員さんと比べたら…言わなくてもわかりますよね。よく色々なところで言われることだけれど、新卒はその後どれだけ伸びるかっていうのが大事だと思う。入社までの人生よりも、(一生1つの会社に勤めるとしたら)圧倒的に会社に入ってからの方が長いんだから。どれだけ成長できるか、どれだけ成長して会社に価値をバックできるか。それが伝わるように面接は心がけたら良いと思います。

他に面接で心がけていたことなどありますか。

面接だけではなくてESもなんだけど、「コミュニケーション能力があります」とだけは書かなかったし、言わなかったですね。 本当にコミュニケーション能力がある人って「コミュニケーションスキルがあります」とか言わないと思いますし。 コミュニケーション能力って話している間に、相手があるのか、ないのかを判断するものだと思う。それだけではなく「広告業界で働いている人たちは、学生が思っている以上にコミュニケーションに思い入れがあるんだ。コミュニケーションで飯食っているんだから。」と社員の方がおっしゃっていたので。だから間違っても「コミュニケーション能力がある」とは言わなかった。社員さんよりコミュニケーション能力あるっていう自信もないし…

これから広告業界を目指す学生に向けて何かアドバイスはありますか。

では4点挙げます。

就職活動についての考え方
これが最も大事な気がします。自分の周りを見てみると、多くの人は「内定をもらうことがゴール」になってしまっているような気がします。そうではなくて、「何か目的を達成するために就職する」といった考え方にすると良いと思う。就職するということが目的なのではなく、あくまで就職は手段。会社側は就職した後が大事なのに、学生は就職まで頑張ろうと考える。これなんかおかしくないですか?

現場に行くこと
ともかく自分の目で本物を見ること。たとえば広告業界が気になるなと思ったら、社会人向けのマーケティングに関するイベントに出てみてもいいでしょう。また広告の裏には必ず何かコンテンツがあるので、TV局やラジオ局などメディアでアルバイトをしてみてもいいでしょう。そうすると上っ面な志望理由にならず、ある程度きちんとしたものができるのではないかと思います。

本を読むこと
これが最も簡単にできる方法だと思いますが、みんな意外と読んでない。私の場合は古典・小説・ビジネス書を好き嫌いすることなく読んでいました。それぞれに良いところがあると思うんです。広告業界に行きたいのであれば、広告業界の方が書いた本はmustだと思います。佐藤可士和さんの本など、手にとったことがない方は読んでみてはいかがでしょうか。

社会人との関わりを増やし、深めること
最後になりますが、社会人の方との関わりを増やすことは、自分にとってメリットがあると思います。自分のことを客観的に見るということは難しいですが、社会人の方に見てもらえば、客観的に見て自分はどんな人なのかというのがわかると思います。またぼんやりとしたことを言うと「なんで?」「どうしてそう思う?」など聞いてくれるので、しっかりと穴を埋めることができます。
「社会人との関わりを増やすってどうすればいいの?」と浮かんだ人もいるんだけど、実はもうすでに関わりはたくさんあると思う。就職活動していたらいやでも社会人と関わりますよね。合同説明会だと何人の社会人の話を聞くんだろう。一瞬でもいいから接点はあるわけでしょ。広告を作る人になったつもりで、自分という商品を一瞬で売り込む。そういう意識をもって就活イベントに行ってみてもいいかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。
個人的には就職活動の捉え方が非常に大事なのではないかと思います。最初は「自己実現のための就活だ」と思っている方も多いですが、だんだんと就活が近づくに連れて「なんでもいいから内定とろう」というような考え方になってしまうかもしれません。そんな時はこの記事を思い出して下さい。



関連記事

関連サービス