外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

総合商社内定への道ー卒業失敗、留年、内定取り消しからの大逆転

はじめに

こんにちは、就職活動の果てに念願の内定を獲得したものの、気の緩みやその他事情で単位不足や研究不振に陥り、卒業に失敗する学生が毎年のように発生しています。

しかし、人生一度は失敗しても再挑戦するチャンスは残されているものです。

今回は、卒業単位が揃わず留年したものの、内定を取り消された境遇から大逆転し、総合商社2社から内定を獲得した方からご寄稿いただきました。

逆転

まさかの内定取り消し!真っ白になった人生計画

はじめまして。私は、2回の就職活動を経験し、現在は社会人として働いているredと申します。大学の卒業直前で単位を取得することができず留年してしまい、結果二度目の就活を経験しました。

留年、辛いですよね。私は辛かったです。
周りは「留年失敗しても大丈夫でしょ、たくさんいるし笑」と慰めてくれますが、本当にその状況になった身からすると、卒業者一覧に名前がないことを確認したあの瞬間の絶望はたまらないものです。

だからこそ、同じ境遇に出くわしている方に向けて
人を頼り、面接場数経験を武器に、諦めず生存しよう」という内容をお伝えできればと思います。

1回目の就職活動にさかのぼってお話をすると、インターン経由で、ある企業から運良く内定をいただくことができました。一緒に働きたいと思える社員がいたためそれ以上就職活動をすることなく、人よりもやや早めに就職活動を終えました。

しかし、私は2年次にアルバイトに熱中してしまい、その1年間は1単位も取れず、4年次には約50単位を残していました。そのため、4年次はひたすら単位取得に励んでいました。

そして、それなりに単位取得のために努力をし、入社予定だった企業の同期の大学院生たちがなんとか研究を終わらせ、修了しているのを見て「私も大丈夫、卒業できる」と信じて卒業発表の日を迎えました。

しかし掲示板には私の名前がありませんでした。
その瞬間は信じられず、学内の事務局に何度も問い合わせましたが、結局私の留年は覆ることはありませんでした。

そして、最もショックだったのが内定取り消しです。留年したから翌年の入社を認めてもらおうとお願いしたのですが、あっさりと内定取り消しで、翌年の入社は認められることはありませんでした。

2回目の就職活動を開始するにあたり、大変だったのは乱れきったメンタルを整えることでした。周りは卒業旅行や卒業式、そして入社準備にうかれ、Facebookが希望に満ちあふれる中、家族への説明、就職のことや学費の問題など頭のなかが真っ白になりました。

まず最初に申し上げたいことは、こういうときこそ親兄弟・友人・社会人の知人に頼ることです。情けなさなど捨て去ってまずは相談しましょう。解決策を求めるのではなく、その時のつらい気持ちをただ打ち明ける相談をしてしまいましょう。人と会話することで明確に気持ちは落ち着きます。

正直に語れば問題なかった、留年理由

周囲に相談しつつ就職活動開始するにあたって、まず、私が始めたのは、受けられる企業のリストアップでした。

当時は、4月1日から面接開始で現在と比べると、4ヶ月前倒しのスケジュールだったので、留年が決定してから2週間ちょっとで面接を受ける準備をしなければなりませんでした。ESの締め切りが終わっている企業もたくさんあり、受けられる企業を探しだすだけで、さらに絶望を味わいました。

受けることができたのが、総合商社と一部のコンサル、メーカーだったので、大急ぎでESを書き始めました。卒業失敗組にとっては、将来のやりたいことよりもまずは働き口として1社は内定を獲得することが重要です。選り好みをしている場合はありません。

まずは精神安定のためにもエントリーを数こなし、内定とまでは言わなくとも選考が進んでいる実感を積み重ねましょう。

当時はすでに、リクルートスーツを捨てており、また入社に際し引越しをしたことで貯金がほとんどなくリクルートスーツも買えず、入社予定だった企業で着用する予定だったピカピカのブルースーツを着て面接に突撃していきました。

ある会社の面接控室に呼ばれた際は、50人ほどの部屋の中でリクルートスーツでないブルースーツを着ていたのは私1人で4年生ではないことに重ねて疎外感を感じました。

そして面接です。面接では必ず留年した理由を聞かれます。

月並ですが、面接で留年されたことをつっこまれたときは、正直に答えるのが1番だと思います。
「バイト先の業務で離島に住み込みで働ける機会があったので迷わず単位を捨てて、バイトに勤しんでいました。結果最終的に単位を揃えられなかったことを反省しています」
面接官に聞かれた時は、嘘偽りなく、上記の内容を答えていました。

それに乗じて、「不真面目だったんだね」と続けるような面接官は少なくとも私がお会いした中ではいませんでした。

ここはさらっと切り抜ける準備をしておき、それ以外の応答で自身のPRを出し尽くすことに徹底的に集中していました。

商社記事を500本読破して、2社から内定獲得

しかし、留年の質問をうまく乗り越えられたとしても、総合商社は面接の突破が容易ではありません。私はゼミなし、サークルなし、体育会にも所属したことなし、酒もあまり飲めないので商社マンに通じそうなネタが1つもありませんでした。

そこで、私はとにかく、論理的に話すことに注力しました。とはいえ、つまらないやつだと思われたら終わりなので、自分が得意とする分野を1点突破で話続けました。
とにかくひたすら1つのことを熱く語ることで情熱がある人間だとアピールするように心がけました。

具体的には、趣味の料理と商社でうける「チームワーク」をテーマにエピソードを練り上げました。組織論の書籍を読み、商社では「分業と連携」が重要視されているという知識を仕入れ、「料理をする上では各調理器具を「分業・連携」させていかに効率よく作業させるか、すなわち段取りに強くこだわりをもっており…」といった切り口から自身の考えるチームワークの経験を、実体験交え用意して面接に臨みました。

4つ受けた総合商社のうち、雰囲気が合わないであろうと判断された2社は即座に1次面接で落ち、残りの2社は無事内定を獲得することに成功しました。

また、OB訪問については何もしていません。というのも、それをする精神的余裕も時間的余裕も、コネクションもなかった、つまり、そもそもすることができませんでした。

出来る範囲で情報収集すべく業界分析をインターネット経由で行い、自分の中での商社像を描いて面接に挑みました。その際には、NewsPicksやtwitterなどで発言している商社マンや元商社マンを見つけ、彼らのコメントを逐次ウォッチすることも有用でした。

そもそもOB訪問は必要ではないとも考えていました。
インターネットで商社に関する記事を500本は読んだという就活生を私は、自分以外に聞いたことがありません。不安解消のためのOB訪問よりネットで情報を集めるほうが内定につながる近道だと考えました。ぼっちの強さはインターネットでの情報収集力です。その強みを活かして、自分なりの就職活動に臨みましょう。

【関連コミュニティ:総合商社】
【19卒速報】総合商社について情報交換しましょう

参考記事:これで内定!総合商社志望者のための面接過去問102選【最新版】
参考記事:トップ企業に内定する就活生は何をアピールしているのか
参考記事:壮絶列伝!商社志望なら必ず目を通したい書籍18選

おわりに

いかがでしたでしょうか。留年から内定までのリアルな声が伝わってきたのではないでしょうか。どんな状況になっても諦めずやりきる力が重要なのではないでしょうか。

“When you give up, that’s when the game is over.”
あきらめたらそこで試合終了ですよ…?

 

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)