外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

結局商社ってなにやってるの?商社ビジネスを徹底解説!

こんにちは。外資就活 商社チームです。

就職人気ランキングで毎回上位にランクインする「総合商社」企業。三菱商事や三井物産など一度は名前を耳にしたことのある企業も多く、「商社マンはモテる!」や「海外でバリバリ働く」といったイメージからも、就活生の商社人気は今後も継続していくものと考えられます。

しかし、その業態は非常に複雑で、「商社って結局なにやってるの?」といった疑問を抱く方も多くいるのではないでしょうか。

そこで本コラムでは、総合商社の事業領域や代表企業の説明も交えながら、商社のビジネスについて理解を深めていただけたらと思います。

総合商社の事業領域

総合商社のビジネスを理解するうえでまず重要になるのが、事業領域についてです。「ラーメンからロケットまで」と表現されるほど、商社の事業領域は多岐に渡っています。

以下、総合商社の事業領域を一部抜粋した実例になります。

事業領域:金属資源・エネルギー・食料・繊維・化学品・電力・インフラ・輸送機・
メディア・ヘルスケア・不動産・通信・保険etc…

このように商社は幅広い事業を抱えており、その網羅性こそが「総合」商社たる所以の1つであるといえます。

総合商社のビジネス

それでは、本題である商社のビジネスについて説明していきます。商社ビジネスは一般的に「トレーディング」と「事業投資」に大別されます。近年はこの2つに加えて「事業経営」にまでビジネスの幅を広げており、商社ビジネスの多様性が見てとれます。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

①トレーディング

まずはトレーディングについて。トレーディングとは、簡単に言ってしまえば「貿易の仲介役」です。

例えば自動車メーカーが製品である自動車を製造するためには、原料である鉄鋼が必要になります。そこで鉄鋼の売り手と、買い手である自動車メーカーの間を取り持ち、貿易を成立させることが総合商社の役割です。

また、総合商社はこのトレーディングを川上(原料)⇔川中(製品)⇔川下(販売)に渡って行っており、バリューチェーン全体をカバーしています。さらに安全な輸送経路の確保や保険の提供など、ただモノを右から左に流すだけでなく付加価値を提供することで、総合商社のトレーディングビジネスは成立しています。

②事業投資

続いて事業投資について。事業投資とは、ある企業に対して、商社が保有する経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を投資し、リターンを得るビジネスのことです。

投資というと、一般的には企業の株式を取得するという「カネ」の部分が目立ちます。しかし総合商社の事業投資は、人員の派遣や国内外に広がるネットワークを生かした情報提供など、投資先企業を多面的にサポートすることができます。

また、総合商社は上述した川中や川下の企業に多く投資をしており、トレーディングビジネスと合わせてバリューチェーンを構築しています。

③事業経営

近年総合商社が力を入れているのが、事業経営です。事業経営とは投資先企業に「経営者」として人を派遣し、投資先のオペレーションを回していくことを指します。

代表的な例としては、三菱商事のローソン経営や伊藤忠商事のファミリーマート経営などがあげられ、各商社はこの事業経営を推し進めるために、経営人材(=投資先の経営を回せる人材)の育成に注力しています。

今後、総合商社の事業経営はさらに勢いを増していくことでしょう。

以上が、商社ビジネスの概要になります。なお、外資就活では、今後、トレーディング・事業投資・事業経営について細かく説明したコラムを配信予定ですので、そちらも合わせて総合商社への理解を深めていただけたらと思います。

総合商社の代表企業

総合商社というと、「五大商社」や「七大商社」といった言葉をよく耳にすると思います。

五大商社とは三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅の5社を表す総称であり、これに双日と豊田通商を加えた総称が、いわゆる七大商社です。

本コラムでは、特に就活生から高い人気を誇る五大商社各社の特徴を簡単にご紹介していきます。

三菱商事

電力や自動車、食品産業など、幅広い事業に強みを持ち、その事業ポートフォリオのバランスの良さが特徴です。また、上述した経営人材の育成に最も力を入れているのがこの三菱商事です。

三井物産

金属やエネルギー領域など、資源領域に強みを持つ商社です。部署間の連携を推進しており、金属分野→化学品分野など、1つの会社で幅広い分野に関われる可能性が大きい会社です。

伊藤忠商事

繊維や食料品など、非資源領域に強みを持つ商社です。民間初の人工衛星打ち上げや、ファミリーマートに代表されるような一足早い小売り業態への進出など、スピード感のあるビジネスが特徴です。

住友商事

輸送機や、J:COMなどに代表されるメディア領域に強みを持つ会社です。近年はデジタル領域にも注力しており、国内のスタートアップ企業などへの投資も積極化させています。

丸紅

電力・インフラ領域に強みを持つ会社です。新卒2年目から海外駐在の可能性があるな
ど、若手に挑戦の機会を与える風土を持つことも大きな特徴の1つです。

まとめ

いかがだったでしょうか。総合商社のビジネスを理解するうえで、少しでも参考になれば幸いです。

総合商社のビジネスは非常に複雑であり、その全てを理解することは不可能です。しかしその仕事が魅力的であることは事実であり、魅力的であるがゆえに、選考も非常にハードルの高いものになっています。

だからこそ、本コラムやOB訪問などを通じてしっかりと研究し、万全の状態で選考に挑んでいただきたいと思います。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)