外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

マスコミ採用の特別選考ルートに乗る方法 ―30分で未来を変える「お礼状」

はじめに

外資就活ドットコムの会員には、電通博報堂を始めとした大手広告代理店や、NHKをはじめとした大手マスコミ各社を志望する学生も少なくありません。マスコミはちょっと変わった世界であり、他の総合職と求められる資質も変わってきます。

こういったマスコミにおける就職活動に際し、もっとも効果的なTIPSの一つが「紙に書いたお礼状」です。

メール、ましてやFacebook・LINEでメッセージをやりとりする現代においては、旧時代的な方法論のように思えますが、マスコミの就職活動においては効果的とされています。

そこで大手マスコミを中心に就職活動を行った筆者が、その必要性と効果、書き方のコツについてまとめてみました。ご参照いただけましたら幸いです。

マスコミ志望者に求められる素質

テレビ局、新聞社、出版社、広く見れば広告代理店。数ある業界の中でも、とりわけ狭き門であるマスコミ業界の倍率は100倍を軽く超え、厳しいところでは1000倍にも上ります。

記者、ディレクター、編集者、クリエイティブディレクター、プランナー、アートディレクターなど職種は様々あるのですが、こういったマスコミの最前線で活躍する社会人にはおおむね共通する要素があります。

それは人脈です。それも電話1本、あるいはFacebookメッセージ1本で繋がり、即アポが決まるような、社内外の濃い人脈です。

もちろん一朝一夕に人脈は作れませんし、最初から期待されているわけでもありません。

そこで、企業側は学生に「人脈をつくる力」があるかどうか、その素質を見ています。

「人脈を作る力」とは、端的に言うと「顔を売る」「先方との良好な関係性を持続させる」力を指します。

マスコミは個人の力で結果を出す独立商店のように見られることも多いようですが、当たり前なことに自分の力だけでは何も発信することができません。

記者ならば取材対象者に興味・関心をもってもらわなければ、良い話は聞けません。

編集者やディレクターなど、社内メンバー、外注先、スポンサーとの関係までを取り持ち結果を導く立場となれば、スタッフ全員との関係性が重要になってきます。単に好かれれば良いというものでもないのは言うまでもありません。

かつて大手出版社である岩波書店が、2013年度定期採用の応募条件として「岩波書店から出版した著者の紹介状あるいは社員の紹介があること」を掲げたのは覚えていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか?

これはコネクションが全く無い中でも、作家と関係性を作れるだけの能力を求めていることを、公言した一つの例とも言えるでしょう。

就職活動で素質を示す方法

さて実際に選考過程そのものの中で人脈力を示すことは、中々難しいものがあります。

「1000人以上を集客するイベントを実施した」などのエピソードがあっても、実行力はあるのかもしれませんが、他にもそういった学生はいますし、面接官への決定打とはなりません。

何が大事かといえば論より証拠。ということで「お礼状」です。

皆さまの多くは、OB・OG訪問などの後に、社員の方にお礼のメールを送っているかと思います。ここまでは他の学生もやっていることであり、先方の印象には残りません。

そこでお礼状を出すのです。何故でしょうか。

1つには他の学生がやっていないから差別化できるという点。もう1点は無駄かもしれないことに手間をかけて熱意を伝えるというアクションに、企業側が本気度と適性を感じるからです。

企業側からすると、お礼状を素早く送ってくる学生は、先に上げた「顔を売る」「先方との良好な関係性を持続させる」力がある学生に見えます。

そうしたアクションが取れる学生は入社後に活躍する可能性が高く、人との関係を築く力があると考えられるのです。

実際マスコミでは、手紙によって難しい依頼を実現させた有名エピソードがいくつもあります。

NHK 番組「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」

無名の人々に光を当てる「プロジェクトX」の主題歌は、歌手・中島みゆきさんの大ヒット作である「地上の星」。
プロデューサーは番組のテーマ、自身のリスナーとしての経験を照らしあわせ、弱者の視点から曲を作っている中島みゆきさんに白羽の矢を立てました。
しかし、ツテがありません。そこで、なんと40本以上の番組企画書を、熱い手紙と添えて、事務所宛に送付したのです。
気持ちは中島さんに伝わり、中島さんはなんと製作期間1ヶ月で「地上の星」を作り上げました。

参照:exciteニュース「【あの名曲の誕生秘話】 「地上の星」は、NHKの番組プロデューサーの熱い想いから誕生した!

五木寛之氏「大河の一滴」254万部ヒットを生んだ幻冬舎・見城徹社長の手紙

文壇の大作家、五木寛之さんに執筆を依頼したいものの、連絡をとっても相手にされず、会うことすら出来なかった、角川書店の一編集者時代の見城氏。
そこで、五木氏が書いたどんな小さなコラムやエッセーに対しても、すべてに対し感想の手紙を書くことにしました。的はずれにならないように、時間をかけて一所懸命に。全く返事の来ない日々が続きましたが、18通目で、初めての返事が届き、25通目でついに対面を果たし、以降親交を続け、「大河の一滴」のヒットを生み出しました。

参照:TBS がっちりマンデー!!「幻冬舎・見城徹の勝利方程式とは?

ちなみに大手証券会社のリテール営業では、富裕層とコネクションをつくるために、一部では「巻紙」と呼ばれる長い紙に筆で書いた果たし状のような手紙を送付していることで有名です。

ハガキ・手紙といったダイレクトメールはこういった方々に頻繁に届きますので、あまり差別化になりません。さらにインパクトを出す作戦ですね。

ところで実際のところ、マスコミ業界を中心に就職活動を行った筆者の周りを見るに、お礼状を書いて送る学生は数人といったところです。ただ彼らは大手マスコミから複数内定を獲得していました。

それでは以下、お礼状の目的と書くことで得られるかもしれない恩恵、またその書き方について書いていきたいと思います。

お礼状とは

お礼状とは「感謝の意を述べるための手紙」です。必ず書かなければいけない、というものではありません。皆さんがOB/OG訪問の後に送るお礼のメールと、内容上は同じ位置づけと思っていただいて大丈夫です。

しかし上で述べたように、マスコミでは取材先に手紙を送ることが仕事でも多くあることから、マスコミ志望者はそれ以前の説明会やセミナーの段階でも、お礼状を送ることをオススメします。

もちろんお礼状を書くことが選考に直結する、ということはありません。ですが、「お礼状を何度も送ってくる学生」として、人事に名前を覚えてもらえることは確かだと思います。

またお礼状を送ることによって、送らない場合よりも何らかの恩恵を得られることもあります。

お礼状を書くことで得られる恩恵

企業の裏イベントに招待される

某放送局の座談会に参加した際の話です。

就活生6-7人に対して局員が1人のテーブルが6個ほど、ローテーションで3人の局員の方に各30分ずつお話しさせていただく座談会でした。

座談会の終わりには、お話しさせていただいた局員の方から名刺をいただきました。純粋に楽しかったので感謝の意と感想を添えて、座談会の日の晩に3人にお礼状を書いて送りました。

待つこと1ヶ月、その放送局の人事の方から「勉強会を開くので参加しないか」という案内が来ました。

その勉強会は一般には告知されていないクローズドなものでした。実際に参加したところ、就活生は自分を含めて8人。

人事局のお偉いさんから職業の内容など3時間詳しく説明していただいたのち、役員も含めて2時間ほど懇親会という名の飲み会を開いていただきました。

人事の方曰く、毎年この勉強会からは同放送局のみならず、マスコミ各社への内定者が数多く出ているとのこと。説明会やセミナーよりも数倍内容が濃く、しかも採用可否の権限を持つ役員の方々と交流できる、とても有意義な会でした。

なぜ自分が勉強会に呼ばれたかについて、座談会後に局員の方から推薦があったからだと人事の方はおっしゃっていました。おそらく、すぐにお礼状を送ったことで印象に残り、推薦していただけたのだと思います。

人事からOB訪問のお誘いが来る

東京・丸の内に本社がある某企業の座談会に参加した際の話です。

就活生8人ほどに対して社員が1人、ローテーションで社員の方3人に15分程度ずつお話を聞く形のものでした。そこでお伺いした社員さんの価値観が自分と似ていると思ったので、座談会のお礼に添えて、価値観が近くとても参考になったという旨を書き、当日にお礼状を送りました。

1週間ほど経ったとき、その社員の方から連絡が来ました。

1年目の人事の方だったのですが、「お礼状を貰うのは初めてでとても嬉しく、価値観も近いようなので、ぜひお話しさせていただきたい」とのお誘いでした。

その方とは後日2度お会いさせていただき、合計4時間ほど、キャリア観や進路についてご相談させていただきました。この時は座談会で名刺をいただいておらず、社員の方の名前と部署しかわからなかったので、会社の住所を調べ、名前と部署を書き加えて送っていました。

名前もわからないとお礼状の送付は難しくなりますので、社員の方の名前を忘れないように、すぐにメモをとっておきましょう。

OB訪問した社員の評価が上がる

第1希望のマスコミ系企業の社員の方にOB訪問した際の話です。色々と有意義なお話をお伺いできたので、その感謝の意をお礼状に書きました。

他の職種の方のお話もお伺いしたかったので、その旨も併せ、当日にお礼状をお送りしました。翌日、4月初頭のお忙しい時期だったのですが、その社員さんが他の職種の知り合いの方をメールにてご紹介くださり、その翌日に改めてOB訪問を行うことができました。

お礼状を送ったことで紹介していただいたかどうかは正直わかりませんが、その後もメールで相談に乗っていただき、最終的にその企業から内定を頂くことができました。

OB訪問でも就活生のランク付けがされ、それが人事に伝わることも企業によってはあるようです。

お礼状について

お礼状の書き方・注意点

お礼状を書くことで得られる(かもしれない)恩恵について書いてきましたが、それではどのようにして書くのが良いのでしょうか。

お礼状を書くポイントとしては、SPEED,SIMPLE,SENSEの3つのSが大事になります。

●SPEED

重ね重ねになりますが、お礼状の目的は『自分の印象を良くするために「先方への感謝の意を述べる」こと』です。

時間が経ってしまうと、「感謝の意を今になって思い出した=忘れていた」と先方に受け取られても仕方ありません。理想は当日中に、遅くとも翌日まではポストに投函するようにしましょう。

それ以上遅くなると、かえって逆効果になる可能性大です。

時間が許せばポストに投函せずに直接会社に手渡しで持っていくと、より効果は見込めるかもしれません。とはいえ受け取ってもらえないリスクもあります。いつでもお礼状を書けるように、便箋と茶封筒は常に携帯しておくと良いでしょう。

●SIMPLE

社会人の方は、基本的に忙しいです。それゆえ手紙やメールをじっくり読む時間はありません。仕事に関係のない学生からのものであれば、尚更です。

ですので、先方に要件がすぐに伝わるよう、短い文章で端的に書くようにしましょう。ダラダラと書くと、要領を得ない学生として捉えられてしまいます。

●SENSE

「お礼状 書き方」で検索すると、雛形はたくさん出てきます。ですが、そういった雛形どおりに書いたお礼状は個性がなく、先方にも丸写しであることが伝わります。

型に沿って書くことは大事ですが、自分ならではの気の利いた表現をどこかに盛り込むようにしましょう。時候の挨拶や感想などは、拙くても良いので自分ならではの言葉で書くことをオススメします。

お礼状の例文

それでは、OB訪問のお礼状を考えてみます。

書き方としては、

「①時候の挨拶→②感謝の意→③自分の感想など→④再度感謝の意(+もしあれば要望も)→⑤署名」
の順が一般的かと思います。

拝啓

春の訪れを少しずつ感じられる季節、花粉症の私にとっては1年で最も過酷な季節となりました。○○様はいかがお過ごしでしょうか。

先日OB訪問させていただきました、××大学の□□と申します。

先日はお忙しい中、貴重なお話をたくさんお聞かせくださり、誠にありがとうございました。

つい先日まで、私は御社の仕事内容を明確に飲み込めておりませんでした。

ですが、各職種について、具体例を交えて○○様にご説明いただいたことで、全体像を理解することができました。

また選考について◆◆というアドバイスも頂き、今後自信を持って面接に臨めそうです。
何より、○○様にお話をお伺いでき、御社で働きたい気持ちも一層強まりました。
重ね重ねになりますが、本当にありがとうございました。

○○様と共に働けるよう、今後一層精進して参ります。
今後とも、何卒宜しくお願い致します。

季節の変わり目ですが、体調を崩されぬようご自愛ください。

敬具

株式会社△△ ●●部 ○○様
××大学 ▲▲学部 □□

※相手先企業の敬語表現は、貴社・御社ともに書き言葉として使用可です(広辞苑・新選国語辞典など)。歴史的に「貴社」の方が古い表現、「御社」の方がより新しい表現であることから、よく「書き言葉では貴社、話し言葉では御社」と紹介されていますが、「御社」でも問題はありません。一方、「貴社」には同音異義語が多いことから、話し言葉では「御社」を用います。

1文が短いSIMPLEな内容であること、また時候の挨拶や感想では自分のSENSEを利かせて表現していること、がわかるかと思います。

正解はありませんが、3つのSを意識して書くことで、自分ならではのお礼状ができあがります。

おわりに

お礼状を書くのには手間がかかります。内容を吟味すること、綺麗な字で書くことを考えたら、急いでも30分-1時間はかかるでしょう。

しかし、人より30分手間をかけるだけで、結果が大きく変わる可能性が出てきます。

マスコミ志望者の就活生は、ぜひお礼状の活用を検討してみてください。ではでは。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)