外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

これなんて答える? 奇問だらけのマスコミエントリーシート(ES)対策

はじめに

こんにちは、外資就活 マスコミ・広告チームです。

今回は出版社(小学館、集英社、講談社、新潮社など)やテレビ局(NHKテレビ朝日日本テレビフジテレビTBS、テレビ東京など)の採用選考のうち、エントリーシート(ES)について取り上げます。

マスコミのESといえば「手書き」「量が多い」「変わった質問」という印象があると思います。さらに、応募は何万通にものぼるため、適当に書いたものが通過することはありません。

そこで今回は、マスコミのESを作成するコツと「変わった質問」への答え方についてご説明いたします。

マスコミといえども、基本が大事

マスコミだからと気構えることなく、基本的な点を大切にしましょう。

誤字脱字には注意しよう

マスコミのESでは、好きな作品や気になる有名人などを書く欄があります。

しかし、そこで作品名などを間違えたら「本当に好きなの? 」と思われたり、そもそも作品を出している会社に失礼です。万が一に備え、提出前に確認することが重要です。

ストーリーの説明をしない

なぜその作品が好きなのか説明する際、作品のストーリーを書いてはいけません。「〇〇(登場人物)が〇〇するシーンがあるのですが」などと書いて満足しないことです。

そのシーンの何に感動したのか、どう感動したのかを記入するのが個性を出すポイントです。主人公の成長なのか、思いもしない展開なのか、何がよかったと思うのかをはっきりさせましょう。

文は短く、端的に

マスコミのESは質問も多く、枚数が4・5枚にのぼることは当たり前です。

また、大量のESが送られてくるわけですから、最初の一文目で何が言いたいか伝わらないと面接官は続きを読んでくれません。エピソードを説明するより先に結論を述べることを意識しましょう。

文の長さにも注意しましょう。一文が長くなってしまうと、読みにくくなってしまうことが多いです。目安として、一行半を超える文は二つに分けることをお勧めします。

「~と思います」の多用

ついつい使ってしまう表現の一つです。しかし本当に必要か検討する必要があります。

ESは自分をアピールする場です。全ての設問で自分が思っていること、感じていることを表現します。その度に、「~と思います」と書いていたら字数も増えてしまいますし、どこか幼い印象を与えてしまいます。

特に記者や編集者は書くことが仕事です。人に読ませる文章を意識しましょう。

人に見てもらう

「恥ずかしいから見せたくない……」 という考えの方もいると思います。しかし、人からアドバイスをもらうことはとても大切です。特にマスコミ業界で働く人に見てもらうのがベターです。

マスコミは自分で企画を立てなくてはいけない仕事です。業界人から見て、「これは面白い! けれどもよくある話だよね」というフィードバックを受けることもあるかもしれません。

特殊な業界だからこそ基礎に返って、アドバイスを求めましょう。

会ってみたい! と思わせる

何千、何万ものESの中から「この子に話を聞いてみたいな」と面接官に思わせることが重要です。

また、その後の面接でも話をするのは現役のディレクターや編集者、記者の方です。良い意味で突っ込みどころがある文を書けなければ、刺激的な日々を過ごしている業界人の印象には残らないでしょう。

「また同じこと書いてるよ」と思わせない

面白いことが大好きなマスコミだからこそ「何だこれは!? 面接で聞いてみたい!」と思ってもらえるような、自分にしかないエピソードを散りばめましょう。

私自身、これは聞いてほしい! といった、他の人と違うちょっと変わった経験を書き、狙い通り毎回面接で触れられていました。

また、志望動機を「好き」にとどまらせないことも重要です。

好きだから受けているのは当たり前。テレビや本を通して「自分がどう変わったのか」「どんなものを将来作っていきたいのか」まで掘り下げて書きましょう。

幅の広さを見せる

質問量が多いですが、その分色々な自分をアピールすることができます。具体的には、10個ほど自分を表すセンテンスを用意し、ESに当てはめていくのがよいでしょう。

マスコミは働いてからどのジャンルの部署に就くか分かりません。出版社を例に挙げると、たとえ漫画志望であっても、文庫やファッション誌、児童書、週刊誌など思いもしない部署に配属されることがほとんどです。

「漫画しか読まないからその仕事はできない」などと言って、断ることはできません。色々なジャンルを好き嫌いしない、幅の広さをアピールすべきです。

マスコミで働くならミーハーさが必要とよく言われますが、とりあえず何でもつまみ食いする好奇心が後の仕事にも繋がっていくでしょう。

面白い! と思わせる

繰り返しになりますが、自分が面白い人間であると思わせることが大切です。

他業界のESでは真面目さを見せることが大切ですが、マスコミは「就活でこんな話していいの!? 」というような内容も受け入れてくれます。

例えば浪人や留年、恋愛などをネタにしている人も内定者にはいます。それが必ずしも正解というわけではありませんが、クスッと笑える程度のものなら大事なネタになります。

これなんて答えるの? という質問の答え方

奇問だらけのマスコミのES。もう少し掘り下げて、実際に出題された設問を取り上げ、具体的な攻略法を見てみましょう。

日常の写真

【実際の設問例】
・一枚の写真と説明文で「自分」を表現してください。吹き出しにはあなたの「決めゼリフ」を入れてください。
・あなた自身が写っている写真を1枚使って、あなたの「喜・怒・哀・楽」いずれかを紹介してください。フキダシには紹介コメントを簡潔に書いてください

証明写真とは別に日常的な写真を求められることがあります。どんな写真を貼ればいいの? と思うかもしれませんが、貼ってはいけない写真はありません。

コスプレをした写真などを載せた人もいるそうです。爽やかで好印象を与える写真を貼ることは大切ですが、アナウンサーのようにルックスを見るものではありません。

見る人の目を引く写真を載せることができれば、その後の面接で触れられることもあります。その点を意識して写真を選ぶとよいでしょう。

「決めゼリフ」も端的で笑えるものをチョイスするのがお勧めです。

番組タイトルや本の帯を考えるセンスを見ているのかもしれません。細かいところでも工夫を凝らし、自分らしさをアピールしましょう。

好きな〇〇を教えて

【実際の設問例】
・あなたの人生に影響を与えた本の作品と著者名、その本を他人に紹介する推薦文をお書きください
・人生の中ですごい! と思ったテレビとその理由
・最近読んだ本やオススメの本であたらしい書棚を作ってください(絵に描く)

好きなものを本当に好きに書いていいの? と思ってしまいますが、多少の配慮は必要です。

例えばジャンル。複数冊書く場合は漫画ばかりではなく、漫画、小説、雑誌とバランスよく書いたほうが幅の広がりが見えます。

また、雑誌ならどの号のどの特集が好きなのか書きましょう。雑誌だけ取り上げても、沢山の企画があります。他と違って思い入れが深い理由をはっきりさせましょう。

「志望する会社の出版物を書くべきか」ということも気になると思います。

無理して全て同じ出版社にする必要はありません。媚を売っている印象もありますし、他の出版社で面白かった企画を聞かれることもあります。

しかし、面接で掘り下げられることも考慮して、一冊は志望企業の出版物を書いておくのが無難でしょう。

注目、関心があること

【実際の設問例】
・注目している人とその人にインタビューで聞いてみたいこと
・最近最も関心のあること
・あなたが今一番会いたい人物と、聞いてみたいこと(書かせてみたいこと)

まさに「企画力」や「世間へどれだけアンテナを張っているか」を見ています。マスコミの仕事は情報収集が命です。

なぜ会いたいのか、自分ならどんな質問ができるのか、記事にどれだけ影響を与えられるかがポイントです。

今話題の人や物を取り上げたら、自然と見てくれる人はいます。しかし、既に沢山取材をされている人にどの角度から取材をするかで差別化を図るのは簡単ではありません。

これからブレイクする人を発掘し、どのようなヒットを生み出すのかを考えるのも腕の見せどころでしょう。

能力を問う質問

【実際の設問例】
・あなたの「デジタル力」、「体力」を10点満点で自己採点し、その理由を教えてください」

まず、「デジタル力」はパソコンのスキルを見ているだけではありません。もちろんこんなスキルがありますとアピールできたら、仕事でも生かせるでしょう。

しかし見方を変えて、普段どれだけデジタルに触れているかという見方もあります。例えばユーチューブを見るのが大好きですと書けば、「最近気になるユーチューバーは?」や「動画の企画考えてみて」と面接で振られるかも。

「体力」に関しては、たとえ自信がなくてもないと答えないほうがよいでしょう。マスコミは体力勝負の仕事。不規則な生活に耐えられるか面接でも聞かれます。

スポーツ以外でも、「アルバイトを休んだことがない」や「環境の整っていない海外でも生活できた」など、角度を変えて答えましょう。

意外性のある質問

【実際の設問例】
・宴会時のとっておきのネタ・一発芸はありますか?
・友達がまだ知らないあなたが内緒にしていることは?
・カラオケの十八番を教えてください

これらのように無茶振りも多いです。なくても何かしら書きましょう。必ずしも笑える面白さを求めているわけではありません。

「どれだけ機転を利かせられるか」「意外な一面を見たい」といった意図の質問でしょう。自分をさらけ出して、面白いことをするという心構えがマスコミ受験者には大切です。

おわりに

マスコミのESは変わった質問が多いですが、全て自分をアピールする場です。また、「企画力」の高さをさりげなく盛り込むことも重要です。

マスコミで働くうえで「企画力」は必須です。どれだけ「企画力」があるか、うちに入ったらどんな風に働いてくれるかなどを、面接官が想像しやすいようにESに散りばめましょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)