外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

グループディスカッションを崩壊させる人の類型3つとそれを防ぐ方法

はじめに

今日は、GD(グループディスカッション)において、チームが良い成果を出す妨げとなるような行動を取る人の類型を紹介します。

一つでも心当たりのある人は、気をつけて直すために使ってください。一つも該当しない人は、多分気のせいなのでGDにおける自分の行動をもう一度よく思い返してください。違った。一つも該当しない人は、そういう人とぶつかった時のための心の準備をして、対処を学ぶために使ってください。

グループディスカッション(GD)

①無能なリーダー

最初の段階で「じゃあ僕リーダーやりますね」と名乗り出て、その後の議論を勝手に仕切り始める人です。僕の本選考におけるグループディスカッションの経験を思い返すと、最悪の結果をもたらしうるのはこのタイプ。彼らが議論にとって害悪となる理由は以下の通りです。

  • 誰が発言するかを指名して勝手に決めることで、議論の効率を下げる
  • まとめと称して人の意見を復唱するので、時間が倍かかる
  • 議論を勝手におかしな方向に誘導する
  • 自分の意見と違う意見や理解できなかった意見を勝手に切り捨ててしまうので、途中の議論がアウトプットに反映されてない

「いくらなんでもそんな人いない」と感じる良識的な人は、崩壊したGDの恐ろしさをまだ知りません。過去このような人がいて、その人を誰も押さえられなかったGDにおいては、面接官がボールペンを分解していました。僕も経験が浅く、そのような人に会うのが初めてだったために感情をコントロールできず、前半は露骨にイライラして、後半は議論を投げてしまいました(もちろん落ちた)。あの時はちょっと子供っぽかったと反省していますが、それだけ強烈でした。

このタイプに対する最善の対処法は「役割分担を決めない(事前に発生を防ぐ)」ということです。

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)