外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【内定者インタビュー】総合商社内定を勝ち取るための3つのテクニックを紹介

はじめに

こんにちは、外資就活 編集部です。

今回は、体育会系の部活動を続けながら大学3年夏に就職活動を開始し、5大商社のうち3社と大手損害保険会社の内定を獲得した、都内私立大学文系学部の先輩にインタビューしました。

順風満帆な就職活動を行っていたように見える彼も、体育会系の部活動の合間を縫って就職活動に時間を割くために、様々な苦労をしていたそうです。

彼の話には、体育会ならではの時間の制約がある中でいかにして就職活動を成功させたのか、そして総合商社の内定を獲得するためにはどうすればよいかのノウハウが詰まっています。

是非参考にしてみてください。

【プロフィール】
文系・体育会就活生
内定実績:総合商社×3社、大手専門商社、大手損害保険会社
インターン実績:大手損害保険会社、大手日系証券会社

なぜこれだけの結果を残せたのか

ーー素晴らしい内定実績ですね。ご自身では、どうしてこれだけの素晴らしい結果を残せたのだとお考えでしょうか。

理由は以下の2つだと思っています。

①面接官に「自分をどう見てほしいか」を常に考えていたから
②面接には、常に「楽しむ気持ち」で臨んでいたから

以下で詳しく説明していきます。

①面接官に「自分をどう見てほしいか」を常に考える事

面接では、限られた時間の中で、相手に「欲しい人材だ」と思ってもらえるような個性を十分に伝えなければなりません

そのためには、出たとこ勝負で臨むのではなく、それなりの準備をしなくてはなりません。
私はこの「面接準備」にしっかり時間をかけたことで、本選考の面接を全て通過できたのだと思っています。

この「面接準備」は以下のプロセスで行いました。

①受ける会社が求める人材をいくつかリスト化する
②そのリストの中から、自分に当てはまる枠はどこかを考える
③その枠の人材であることを、どのようなファクトを持ってアピールできるか(自分がこれまで経験した、どのエピソードを伝えればよいか)を考える
④ファクトとして使うエピソードを徹底的に掘り下げる(自己分析)
⑤あとは面接で自分の言葉で話せるように、話す練習を繰り返す

このプロセスを踏むことによって、自分が「その企業が求めている学生像に相応しい」とアピールすることができます。

面接はもちろん、就職活動の全てのフェーズ(説明会、ES、グループディスカッション等)においても、その企業の求める人物像を念頭に行動することが大切です。

②面接は、常に楽しむ気持ちで臨むべし

「面接を楽しむ余裕なんてない」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私はこれが非常に大切なポイントであると思っています。

面接官は1日に何人もの学生と面接をします。多いときで、1日に20人の学生を見なければならないケースもあるようです。

そのような状況の中で面接官に自分の印象を残させるためには、「一緒に笑うこと」が最も効果的であると思います。

加えて、「共感を得やすい具体的な話をすること」も非常に重要です。

面接官に感情移入してもらい、共に笑えるような面接時間にすることを目指しましょう。

分かり易い例を挙げると、海外に住んでいたことがある学生であればその際の苦労話をするとよいでしょう。大多数が海外駐在経験を持つ商社の社員であれば、海外での苦労話には共感してくれるはずです。

なぜ「総合商社」を第一志望にしていたのか

ーー次に、数ある業界の中からなぜ総合商社を志望されていたのか、教えてください。

私が就活の軸としていた、以下の2つに最もマッチしていた業界であったからです。

①モノに頼らず自分の人間力を生かして活躍出来るフィールドがある
②一緒に働きたいと思える魅力的な社員が多い

上記2点の軸を掲げてOB訪問やインターンシップに参加し、志望業界を絞っていきました。

実際に面接でも話していた商社の志望動機は以下の通りです。

「立場の異なる人たちと信頼関係を築き、一つのものを創りあげていく点に魅力を感じたから。特に、信頼関係を築く際に商品や能力に依存するのではなく人間力で勝負できる点に最も魅力を感じている。」

ただしこれだけだと、専門商社にも当てはまってしまうので「特に扱う商材にこだわりはないため、あえて専門商社に入って扱う商材の範囲を狭める理由がない」と加えていました。

総合商社の選考で意識していた3つのポイント

ーー総合商社の選考で、特に意識していたことはありましたか。

主に以下の3つのポイントを意識していました。

①最低限の身だしなみを整えること
②「学生の中で埋もれない」こと
③「大きい組織の中で、自分の価値観でいかに相手に影響を与えられたか」をアピールすること

以下で詳しく説明します。

①最低限の身だしなみを整えること

一つ目は身だしなみです。

身だしなみが悪いと、ファーストコンタクトで相手にマイナスな印象を与えてしまいます。面接の最初にマイナスなイメージを持たれてしまうと、その後どんな素晴らしい話をしてもなかなかプラスに持っていくことが出来ません。

特に総合商社の面接では、第一線で活躍する営業の社員が面接を担当することが多いです。ですから、他の業界以上に身だしなみのチェックをしています。身だしなみが理由で不合格になることも珍しくないかと思いますので、最低限の身だしなみを整えて、面接に臨むことをお勧めします。

②「学生の中で埋もれない」こと

やはり総合商社は非常に人気の高い業界であるため、他の学生に埋もれてしまわないために工夫をしていました

例えば、他の就活生の着ないようなスーツを着たり、ネクタイピンをしたりなどです。あえて他の学生と同じ格好をしないことで、枠に囚われない学生である事もアピールしていました。

勿論ただ目立つだけではなく、話す内容で頭の回転についてもアピールしていました。他にも自信があるような立ち居振る舞いや、大きな声での挨拶も有効な差別化になるかと思います。

常識の範囲内で、自分に合った他の学生に埋もれない方法を探してみてください。

③「大きい組織の中で、自分の価値観でいかに相手に影響を与えられたか」をアピールすること

選考で使っていたエピソードでは、「大きい組織の中で、自分の価値観でいかに相手に影響を与えられたか」をアピールしていました。

具体的には「他の誰でもなく、自分が介在したからこそやり遂げられたこと」を話していました。実際、商社の仕事では人間性を武器に営業活動を行うと聞いていたので、この点をアピールすることで商社でも活躍できる人材である事を伝えました。

加えて、商社ではマストな「ストレス耐性」や「粘り強さ」もエピソードの節々で伝えるようにしていました。

損害保険会社を蹴って総合商社を選択した理由

ーー大手損害保険会社の内定も獲得したとのことでしたが、どうして辞退したのでしょうか。そもそも志望度がそこまで高くなかったのでしょうか。

いえ、志望度は高かったです。総合商社に内定を貰えていなかったら、おそらく行っていたと思います。

そもそも損害保険の志望動機は、

①モノに頼らず、人間力で勝負できる点
②働く社員の方々が魅力的である点

でした。

商社の志望動機とさほど変わりません。ですので、どちらでも良いように思った時期もありました。しかし調べていくうちに、損害保険のビジネスモデルは商社のビジネスに比べて少し魅力が薄いように感じました。

損害保険会社は、保険を手掛ける事業においてはあくまで第三者である点、またビジネスの性質上マイナスをゼロにする仕事である点、この2点が自分の中で納得できませんでした。

商社であれば、ゼロを100、1000にするような事業を創ることもでき、かつ自分自身がプレイヤーとして最前線で戦えるということで、最終的には総合商社に決めました。

就活生にアドバイス

ーー最後にこれから選考に臨む学生の皆さんにアドバイスをお願いします。

2つのことを伝えたいです。

「自己分析」は就活生の皆さんが思っている以上に大切です。いかに自分を魅力的に見せられるかは、自己分析にかかっています。加えて他己分析も行えると、更に自己分析の精度が高まるでしょう。

自己分析は正直面倒ですが、良い機会だと思って自分と向き合ってみてください。

② 闇雲に選考を受けるのではなく、最初に志望企業に内定を貰うまでのプロセスを逆算してください。すると、自然とすべきことが見えてきます。

ごく一部の非常に優秀な学生を除き、就活は戦略的に動いた者が勝ちます。企業が採用したい学生の中で自分はどこの枠に当てはまるのか、その枠の学生の中でどのように差別化していくのか、これらを考えた上で動くようにしましょう。

頑張ってください。

ーーありがとうございました。

おわりに

いかがでしたか。

時間がない中でも戦略的かつ徹底的に準備をすることで、素晴らしい内定実績を獲得していったことがお分かりいただけたと思います。

22卒の方は追い込みの時期に入り、焦っている方も多いかと思います。そんな時こそ、限られた時間を有効活用して徹底的に準備をし、悔いのない就職活動をしてください!

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録