外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

コンサルの仕事は楽しいが、英語には苦労した-現役コンサルタントにインタビュー(1)

現役コンサルタントの生の声

外資系コンサルタントの現役社員に直接合う機会は、学生にはなかなか巡ってこないもの。
書籍やネット上の研究ではやはり限界もあります。

そこで、外資就活ドットコムスタッフが就活生とともに現役外資コンサルタントにインタビューを行いました。具体的な仕事像の把握にお役立ていただければ幸いです。

就活生は少しでも志望企業の実態を把握しておくことが大事です。

志望する業界、企業の現場をできるだけイメージした上で就職活動を進めなければ、選考における突破率が下がってしまうだけではなく、仮に内定を獲得したとしても、本当は自分に合ってはいなかった業界に進んでしまう、入社後に活躍できないということも起こりうるためです。

本インタビューは4回に分けてお届けします。ぜひ、現役社員の生の声をご参考に業界研究
を進めてください。

【外資系コンサルティングファームに関する主なコミュニティ】
戦コンに内定したけど、質問ある?
BIG4系ファーム(デロイト、PwC、EY、KPMG)はどのような案件を扱う?
コンサルタントとして活躍するための資質を知りたい
外銀外コン インターン後の連絡有無

インタビュイーご紹介

今回お話を伺ったのは、某外資系コンサルティングファームに勤めているAさんです。(ご本人の希望により、匿名非公表といたします)

Aさんは、薬学部の院を卒業し新卒で今の会社に入社されたアソシエイトコンサルタントです。薬学部出身というバックグラウンドがあることから、製薬会社のクライアントを担当することが多いとのことです。

コンサルの仕事って楽しそうだなと思った

―なぜコンサルタントというお仕事を選ばれたのか、就職活動時のことを教えていただけますか?
まず、研究者にはなりたくないと思ったから。

薬学専攻だったので院生の時にさまざまな製薬会社の研究所に足を運んだんだけど、そこで世の中で起きてることとかに興味を示さずひたすら研究に没頭している人たちの姿を見て、自分が思い描いている将来の姿はこれじゃないなと。

もっと世の中の動きを感じられる大人になりたいなと思って、研究者にはならず就職活動をしようと心に決めた。

それでなんとなく、あるコンサルティングファームの説明会に行った時に、グループワークがあってそこでたまたま優勝しちゃった。そうしたら、その景品として当時はまだ高価だったiPodが貰えて、『あ、なんていい業界なんだ!』って完全に心を奪われちゃった(笑)

まあそれは半分冗談半分本気の動機なんだけど 、その後に社員に色々話を聞いたり、JOBに参加したりしてみて、この仕事は面白そうだなと思ってコンサルタントになろうと思ったんだよね。

だから面接でも、コンサルタントっていう仕事がおもしろそうだから志望してるんです!って言ってたよ。

―なるほど。そのような動機でコンサルタントになられて、今はどのような仕事をされているんですか?
製薬業界とか家電業界を中心に、マーケティング関連の仕事が多いかな。新薬をどう売り出したらいいかとか、 新製品のこの家電を世界中でヒットさせるにはどうしたらいいか、とかね。

だから僕の場合は学生の時に勉強していたことが役に立ったりすることも多いよ。この新薬にはこの成分が多く入っているから、飲んでもあまり眠くならないな。じゃあそういう特徴を前面に押し出してマーケティングできるんじゃないか、とかね。

-マーケティングというのがちょっとイメージしづらいんですけど、具体的には毎日どのような仕事をしているんですか?
僕はまだまだジュニアだし、基本的には資料作成だね。チームで役割分担して、自分に割り振られたテーマや課題を分析したら、資料にまとめる。

コンサルタントっていっても最初はひたすら会議の議事録とったり、まとめ資料作ったりっていう地味な作業ばかりだよ。

クライアントからの感謝のメールは全部保存している

―コンサルタントとして働いてきた中で、一番つらかったことは何ですか?
英語ができなかったことだね。入社した時は全く英語ができなかった。なのにいきなり全部英語のプロジェクトにアサインされちゃって。

英語ができないってことは、手かせ足かせをつけて戦っているのと同じだから、本当に辛い。

でも英語ができないとそのプロジェクトはどうにもならないからとにかく必死にやって。今も英語ができるってわけじゃないけど、そういったことを何度も繰り返してなんとか覚えたって感じ。

それでもいまだに悩むときがあるよ。ある問題を解決できないのは、英語ができないからなのか、それとも自分の頭が悪いからなのか、どっちなんだろうって。

最近は徐々にその答えがわかるようになってきたんだけどね。
『あっ自分の頭が悪いんだ』って (笑)

―逆にコンサルタントをしていて嬉しかったことって何ですか?
ありがちかもしれないけど、クライアントに褒められた時だよね。僕らの仕事って、全てはクライアントのために働いているわけだから、その人たちから感謝されたり褒められた時には最高にうれしい。

たまにプロジェクトが終わった後にクライアントの方が、「君と仕事ができてよかった。ありがとう。」っていうメールを送ってきてくれたりするんけど、そういうメールは全部保存してるよ(笑)。本当にそれぐらい嬉しいね。

―ではそれが仕事へのモチベーションになっているということですね。
そうだね。あと仕事を続けていられるのは、仕事自体が楽しいってことなんじゃかな。

コンサルって外資系投資銀行と違ってお金がモチベーションになるほど多くの給料を貰えない。じゃあ何がモチベーションになるかって、純粋に仕事が楽しいと感じられるかどうかなんだと思うんだよね。

じゃあコンサルタントっていう仕事の何が楽しいかって、知的好奇心が満たされるって部分だと思う。そこにモチベーションや楽しさを感じられる人はこの仕事を続けられる。

まあでも、周りを見ていると知的好奇心っていっても、『おもしろいことができました』ってことに満足感を覚えるアウトプット型の人と『おもしろいこと学べました』ってことに満足感を覚えるインプット型の人の2種類いる。コンサルって仕事はそのどちらも満たしてくれるおもしろい仕事だと思う。

自分はその両方かな。ある業界のこんな商品についてやたら詳しくなって楽しいってのもあるし、社長の前でプレゼンするときにものすごいプレッシャーとともに何か俺スゴイことやってるじゃんっていう満足感もある。

ただ、毎日の仕事は本当に楽しくない(笑)。毎回、あとから考えると楽しかったなあっていう感じだよ。
(続く)

コンサルタントの現場

いかがでしたでしょうか。業務内容からやりがいまで、コンサルタントのまさに生の声をうかがうことができたと思います。外資系コンサルティングファームから内定を獲得するような優秀な方でも、職場で求められる英語力は苦労しながらなんとか習得していくようです。

皆さんも英語の学習は、就職活動中も継続的に進めてみてはいかがでしょうか。

引き続いて、コンサルの仕事やコンサルタントとしての働き方について切り込んでいきます。 お楽しみに。
次回記事→ 働きすぎて4人中3人が入院した-現役コンサルタントにインタビュー(2)

【理系学生の就職活動に関する主なコミュニティ】
外銀や外コンは理系院生ばかり?
英語ができる理系大学院生の悩み、技術系? 文系就職?
理系学部と外資就活の両立
学部理系生で文系就職を目指していますが、先輩方の経験談をお願いします!

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)