外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

外資コンサルの英語面接を乗り切る! 想定問答集&「逃げる」英語表現~【3日でできる!】“スパルタ”式「英語面接」対策講座(3)


前回のコラムでは外資金融に特化した形で、就活の仕方のコツや、就活時に使う英語のセンテンスをご紹介しました。

連載最終回の今回は《外資コンサル》に特化して、面接の切り抜け方や、使える英語のセンテンスをご紹介します。再度、英語の学習の仕方も簡単にまとめますので、復習してみてください。

末尾には、「頭が真っ白になったときに使える《逃げる英語表現》」も盛り込んでいますので、参考にしてくださいね。

<筆者プロフィール>
小茂鳥雅史(こもとり・まさふみ)
株式会社スパルタ英会話 代表取締役社長・CEO。
1986年生まれ。慶應義塾大学理工学部在学中に家庭教師派遣の会社を起業。卒業後、同大大学院理工学研究科に進学。新卒でモルガン・スタンレーMUFG証券入社。外国債券や日本国債の営業を担当。2年間勤めて退職後、完璧ではない英語であってもビジネスの場で通用すること、勉強方法とマインドセットが大切なことを広めるためスパルタ英会話を設立。スピーキングに特化した短期集中型の“スパルタメソッド”が人気に。設立後、毎年3倍の売上を達成、年商2億円企業へと成長させた。

 

 

 

文法書? 単語帳? 遠回りせずとにかく「声に出す」

《スパルタ英会話式英語学習のポイント》
1:声に出す
2:10回3セット、声に出す
3:1週間毎日、声に出す

効率的に英語を学習する上で大切なことは、これらたった3つです。

しかも、見ていただいてわかるように、「声に出す」ということがとにかく大切なのです。

声に出すことが大切だとか、繰り返すことが重要だという詳しい説明は連載初回の記事を見ていただければわかると思いますが、簡単に言うと「覚えてないことは絶対に話せない・声に出せないことは絶対に話せない」ということです。

当たり前のように見えて、「英語を勉強するぞ〜!」となると、みなさん文法書を買ってみたり、昔やった単語帳を引っ張り出してきてみたりと目標に対して遠回りされる方がとても多いのです。

ぜひ、本コラムにある《外資コンサルの英語面接に特化した想定問答集》を自分用に書き換えて、何十回も声に出して練習してみてください。

自分で考えられるシーンをすべて英語化して覚えておけば、実際の面接でも落ち着いて話せるものです。

 

面接の場で緊張せず自分の意見を言うために

スパルタ英会話でコンサルティングファームに特化した教材を作るにあたり、様々な現役のコンサルタントにヒアリングするなどして研究しました。また、大学のときは外資系コンサルティング会社で数カ月インターンをしておりましたので、その経験から、私だったらどのような心持ちで外資コンサルの面接に向かうかを少しだけお話させていただきます。

これは、全体的にいわゆる《外資系》に共通のものかと思いますが、面接回数が多かったり、少数精鋭の採用であったり、そして《しっかりと自分を面接で出せているか》というところが重要だったりします。

ロジカルシンキングが出来ているかどうかは当然重要ですが、私が就活しているときや今お仕事で知り合う外資コンサルの方々を見ていると、みなさんひょうひょうとしている一方で自分の意見を必ず持っていらっしゃいます。

つまり、《自分をしっかりと出している状態》で仕事をしているのですね。緊張感なく意見が言える環境でないと、ロジカルシンキングや創造性を発揮することはできません。この習慣が面接でも重要になります。

英語面接でみなさんが緊張してしまうのは、《準備不足》《想定外》の二つです。想定外はもちろんやむをえない部分はありますが、準備不足とならないよう、準備したセンテンスを何回も何回も声に出して練習をしてからいきましょう。

 

外資コンサルの英語面接に特化した想定問答集

それでは最後に、外資コンサルの英語面接に特化した想定問答集をご提供します。

みなさんそれぞれの意見や状況、所属などに応じて内容を変更する箇所をピンク色で表記しました。英語面接の場などで実際に使ってみてください!

コンサル業界に興味を持った理由

Q. What made you interested in the consulting industry?

A. I’ve always been interested in the consulting industry, but I became completely intrigued by the industry during my MBA course. During that time one of the projects that I had to do with my team was to go into a rural city and help a company that was struggling to become a successful and sustainable company.

The project was not only to help the company short-term but also to help them long-term. In order to do that we had to first re-establish their vision then we had to size the market, set short-term and long-term goals while making sure that even after we left they would be able to continue to incorporate the changes we introduced.

Through this project, I gained a passion for consulting and decided to join a global consulting company to understand the bigger picture of how the big players of the industries work.

うちの会社がより利益を上げるには

Q. How would you make our company more profitable?

A. I believe the company has been profitable within a highly competitive space and the future looks prosperous, but I believe by primarily focusing on products and services that are delivering the most revenue and highest margins it can become even more profitable. By gradually reducing the products and services with the lowest margins and revenues, you can achieve even greater heights.

なぜ企業はコンサルタントを必要とするか

Q. Why do companies need consultants?

A. Any company is able to benefit through working with a talented consultant. There are two reasons for this. First, hiring a consultant can be cost-effective. Second, a consultant can assist organizations to distinguish issues and to pinpoint inefficiencies they were perhaps missing. A talented outside perspective can provide solutions that improve the overall performance and drive growth which could not be seen from within the organization.

どうやってクライアントの企業文化に適応するか

Q. How would you adapt to a company’s culture when working on a project?

A. Each company has its own individual culture and value. Therefore, before I begin a project with a company, I would do as much research as possible to understand its culture. From there, I would think about what I can do to adapt my process, communication, and behavior appropriately. I would also talk with supervisors and employees to try to grasp a better understanding. In order to help the business move forward in a positive way, I will work on building relationships on honesty and transparency.

頭が真っ白になったときに使える《逃げる英語表現》

最後に、過去の連載記事を読んでいただいたユーザーの皆様から、「英語面接で頭が真っ白になったときに使える英語フレーズが欲しい」というお声があったので、それにお答えする形でセンテンスをご紹介しますので、ご参考ください。

・Could you please repeat the question one more time?
・I do not completely understand the question, would you mind explaining the questions in more detail.
・I apologize but would you mind if I start over.
・I’m a bit nervous and I seemed to have lost track of what I have been saying, would you mind repeating the question again.
・I seemed to have gotten a bit off track, however to sum up…
・That’s a very interesting question – let me think about the best way to answer this for you.
・Well, there are a couple of good ones I can talk about, but I think the one that is the most relevant is…
・I’ve never been asked that question before; I need a minute to think about it.
・I am wondering if you can just clarify what you mean by…

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)