外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

KPMG FAS

KPMG FAS

M&A・戦略コンサルティング

KPMG FAS

企業紹介

長期的なビジネスパートナーとして、クライアントの成長に貢献する

クライアント企業の経営戦略の立案から、M&Aや事業再生など変革を期す大胆な施策の実行、一方で企業に潜む不正リスクへの対応や拡大する海外事業を含めたグループ統治の確立まで。
KPMG FASは、企業経営に大きな影響を与えるこれらの重要な局面において、顧客企業の持続可能な成長と長期的な成功を支援しています。 KPMG FASは社会の公器としての高い職業意識を持ち、また組織のDNAとして中立性を重んじる姿勢があります。公正で活力のある資本市場の発展に資するべく、業界の先駆者としてフィナンシャル・アドバイザリー・サービスを切り拓いてきました。
首尾一貫しているのは、クライアント企業の長期的なビジネスパートナーとして信頼に足る高い品質と、プロフェッショナル一人ひとりがクライアント企業の経営の革新を必ず結果に結びつけるという強いコミットメントに他なりません。
それは今後も揺らぐことのない、私たちのクライアントに対する価値であり続けます。


FAS事業での圧倒的な実績

M&Aの戦略立案段階から契約締結後のPMIまで、KPMG FASではクライアント企業に寄り添いながら一貫したサービスを提供。M&Aのプロセス毎に専門的なアドバイザリーサービスを提供しつつ、常に全体を見すえたサポートを行うことが可能です。
それぞれのフェーズにおいては、例えば戦略立案の段階やビジネスデュ―デリジェンスでは戦略コンサルなどと、価格交渉・契約交渉の段階では投資銀行などと競合することになりますが、守備範囲の広さを活かした幅広いサービスと各分野における専門性の高さこそが、他のサービスプロバイダーとの大きな違いと言えるでしょう。


個人の強みや個性を活かすことが基本

当社では、能力やスキル、経験、今後挑戦したいことなど、各個人の強みや個性を活かし伸ばしていくことを重視しています。M&Aは案件によって様々な特徴があり、必要とされる知見も異なります。またM&Aは、一人で行うものではなく、様々な分野のスペシャリストからなるチームを編成して取り組みます。
つまり、人材の多様性が極めて重要であり、またそれが当社の強みでもあるため、固定化されたキャリア形成の仕組みではなく、個々人に合わせた柔軟なキャリア形成を可能とする仕組みづくりに努めています。

様々なスキルを持ったプロフェッショナルが集まるプロジェクトルーム

社員紹介

佐藤 邦彦 / 2019年入社

Strategy & Integration/アソシエイト

東京大学文学部にて社会学を専攻。大学卒業後に日系総合コンサルティングファームに入社し、主に金融機関に対して決算業務のオペレーションの効率化を支援するプロジェクトに携わりました。当該プロジェクトの支援を通じてM&Aによってクライアントが急速に組織体制・事業内容を変革させる姿を目の当たりにし、またM&Aの面白さ・奥深さを感じたことから、コンサルティング×M&Aとして自身のキャリアを更に追求すべくKPMG FASに入社しました。山形県出身ということもありお酒が好きなため、社内の人とは業務を通じたコミュニケーションはもちろんのこと、業務後は美味しいお酒を飲みに行って日々親睦を深めています。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在は事業の売却を検討しているクライアントに対して、セパレーション領域に関するアドバイザリー業務を行っています。M&Aのフェーズは、ディールが始まる前のPre-Dealフェーズ、買い手と売り手の間でデューデリジェンスや交渉などを行うIn-Dealフェーズ、ディール後にPMI(=Post Merger Integration)と呼ばれるプロセスを経て企業統合を進めるPost-Dealフェーズの3つのフェーズに分かれるのですが、現在私が関わっているプロジェクトはPre-Dealフェーズの案件になっています。具体的な業務の内容としては、現在売り手側の企業のある事業部を外部へ切り出した際の企業の価値の算定、当該事業部の切り出し時及び売却後において人や資産、ITなどの観点で重要な問題となる事項の検討を行っています。M&Aというと、関係者の取りまとめを行うフィナンシャルアドバイザリー(FA)業務や、バリュエーション、デューデリジェンスをイメージする方が多いと思いますが、セパレーション領域の検討事項はM&Aの成否に直結する事項であり、ディール前後において極めて重要な領域になっています。検討すべき事項が多岐に渡り、かつそれぞれの論点をかなり深いところまで掘り下げることが求められるため非常にタフなプロジェクトですが、それゆえに非常に学びが多いと感じています。また、今まで買い手側の企業に対する支援は複数行ってきましたが、今回は初めて売り手側企業へのアドバイザリー業務ということもあり、M&Aのプロセスが今までよりもより立体的に把握できるようになったと感じています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

KPMG FASを選んだ理由としては、「業務内容」と「人」の2つが挙げられます。
業務内容については、冒頭のプロフィールにも記載した通り、コンサル×M&Aという軸で自身のキャリアを追求するに際して、FASが最もキャリアパスとして合致したことが主な理由になります。また、複数あるFASの中からKPMG FASを選んだ理由については、M&Aのディールを横断的に関与できるからという点が大きいです。上述したとおり、M&AはPre-Deal/In-Deal/Post-Dealの3つのフェーズで分かれているものの、3つのフェーズは個々に独立したものではなく、相互に連関したものになっています。KPMG FASのコンサルティングチームはStrategy & Integrationという部署名からも分かる通り、M&Aの戦略立案などを行う上流工程のPre-Dealから、統合後のPMIを行うPost-Dealまでの全フェーズをカバーしているため、個人としてM&Aに幅広く関与できる点が魅力的だと考えました。
人については、面接を通してこの会社で働きたいと感じたことが大きな理由です。面接時の採用担当だった方がケース面接などのディスカッションを通じて、ハード面でとても優秀だと感じたのと同時に、年齢的に若く業務経験が浅い私に対しても、面接官と応募者という枠組みを超えてディスカッションしていただけた点が、驚きかつ魅力的でした。また、仕事に対する価値観や考えていることなどのソフト面についても、ディスカッションを通じて共感できる部分が大きかったことから、KPMG FASに入社しました。

今後どうしていきたいですか

長期的には、組織や場所にとらわれずに仕事ができるコンサルタント、ビジネスマンになりたいと考えています。新卒時点では他のコンサルティングファームに入社したのですが、当時考えていたこととして、自分自身がある種「商品」として価値を提供すること、その過程の中で人一倍早く成長したいと考えていました。その考えは働き始めて丸3年経った今でも仕事に対する価値観の核として残っています。「成長」というと聞こえはいいですが今になって考えると、成長とはなりたい自己像や目標と今の自分とのギャップを埋める作業に他ならないので、非常にタフな過程だと日々感じています。また、これまでの経験上、自分が大きく成長したと感じた局面には常に周りに優秀な人がおり、切磋琢磨できる環境だったので、少数精鋭のKPMG FASは自分の今後のキャリアを考える上でも非常にいいファームだと考えています。

KPMG FASの魅力は?

入社前の面接時、及び入社後実際に働いている時の双方で感じていることですが、KPMG FASの魅力は、「働いている人」に尽きると思います。人の魅力は様々な指標によって計られると思いますが、KPMG FASで働いている人はハード面・ソフト面共に魅力的だと感じています。
ハード面については、各人が専門とする領域は異なるものの、プロフェッショナルと呼べるだけのスキルセットを持っていること、そして絶えず自身の能力を高めようとしている点が魅力だと考えています。少人数でありながら一つの会社の中で、財務・会計・戦略・事業再生・フォレンジック(不正リスクコンサルティング)など、これだけの幅広い専門知識を持った人材を抱えるファームは少ないのではないかと思います。
一方でソフト面については、自らがプロフェッショナルであると認識しているからこそ、一緒に働いている同僚の能力・価値観・バックグラウンドに対してもリスペクトを持っていることが魅力として挙げられます。業務において、職位によって求められる役割は異なるものの、年齢やタイトルに関係なくディスカッションの中で発言を通してバリューを出すことが求められること、また発言者に関わらず価値のある発言を積極的に取り入れるカルチャーが非常に強いと思います。
また、コンサルティング業務を行う会社は他の事業会社と異なり特定の資産を持っておらず、クライアントに提供できる価値、及び会社自体の価値は働いている人次第だということを考えると、人が魅力的であるということは、働いている人にとって魅力であると同時に、会社全体としての魅力であり、そこがファームとしての価値源泉だと考えています。

西山 格之進 / 2018年入社

Deal Advisory/アソシエイト

大学では部活動に没頭しており、ゴルフ漬けの生活を送っていました。大学院では心機一転して勉強に励み、データサイエンスのゼミで企業との共同研究に明け暮れました。大学院修了後は外資系証券会社を経て当社のコーポレートファイナンス部門に入り、前職から一貫してM&Aアドバイザリー業務に従事しています。職業柄どうしても平日は仕事一辺倒になるため、休日は妻と美味しいものを食べたり学生時代の友人や職場の同僚とゴルフに行ったりなどして、積極的にリフレッシュすることを心掛けています。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

コーポレートファイナンス部門は、フィナンシャルアドバイザリー(FA)、企業価値評価、無形資産評価、会計監査サポートといったM&A関連業務を幅広く提供しており、私はその中でもFA業務に集中的に取り組んでいます。FA業務においては、M&A戦略の提案、買い手・売り手候補のリストアップ、デューデリジェンスの進捗管理、事業計画策定、企業価値評価、相手方との条件交渉など、M&Aニーズの掘り起こしからディールの最終局面まで1つのチーム(5名前後)で継続的にクライアントを支援します。

この会社を選んだ理由は何ですか?

理由は大別すると3点あります。1点目は、M&Aアドバイザリーの案件数が豊富であり、多数の案件経験を通じてFA業務の専門家として早期に成長できると確信していたからです。2点目は、人事評価にメリハリがあり、正しい方法で努力すれば報われやすい環境のため、高いモチベーションを保って仕事に邁進できると考えたからです。3点目は、面接相手(=現在の上司)のキャラクターがいずれも濃かったので、一緒に働いたら面白いのではないかと直感したからです。

今後どうしていきたいですか

引き続きFA業務の専門性を磨いていき、M&A案件を最初から最後まで自力で回せる能力を身に付けることが当面の目標です。中長期的には、上司が受注した案件を執行するだけでなく、自分自身の手でクライアントからM&Aアドバイザリー案件を獲得できるようになりたいです。また、私は日本生まれ日本育ち留学経験無しのドメスティックな人間ですが、当社は世界各国に拠点を構えており、海外駐在の門戸が広く開かれているので、チャンスを逃さず挑戦したいと考えています。

KPMG FASの魅力は?

当社の最大の魅力は、専門的な技能とフレンドリーな人柄を兼ね備えたメンバーが揃っていることだと思います。M&A関連のトピックで悩ましい点が出てきた際に、社内をあたれば詳しい人が必ず見つかり、真摯なアドバイスをもらうことができるので、まだまだ修行中の身である私にとって最適な成長環境であると感じています。また、業務外の場では、ゴルフやフットサルのイベントが定期的に開催されるなど、プライベートな交流の機会が多くあり、良い意味で公私混同しながら楽しく仕事に取り組みやすい雰囲気だと思います。

KPMG FASの特集記事

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 1. M&A・戦略コンサルタント
2. フォレンジック・コンサルタント
※ 1, 2の職種につき、募集内容・条件が異なります。
詳細は下記をご確認ください。
仕事内容 1.M&A・戦略コンサルタント
経営戦略の策定や対象企業の選定から、デューデリジェンス、バリュエーション、価格交渉、そしてM&A成立後のPMIの実行に至るまで、M&Aに関するすべてのフェーズにおいてクライアントに専門的なアドバイザリーサービスを提供する

2. フォレンジック・コンサルタント
企業におけるクライシスの予防・発生時の対応について、データサイエンス(機械学習、統計分析、画像解析、自然言語処理等)を駆使し、クライアントと連携しながら課題解決に向けたアドバイザリーサービスを提供する
給与 1. 年収:5,700,000円〜
※ 残業月30時間を想定した金額
※ 業績賞与別途

2.年収:6,300,000円〜
※ 残業月30時間を想定した金額
※ 業績賞与別途
諸手当 残業手当、交通費支給あり
勤務地 1. 東京事務所 または 希望により大阪事務所

東京事務所
東京都千代田区大手町1丁目9番5号 大手町フィナンシャルシティ ノースタワー

大阪事務所 ※ 研修期間中は東京事務所勤務となります
大阪府大阪市中央区瓦町3丁目6番5号 銀泉備後町ビル

2. 東京事務所
※大阪事務所での勤務は現時点では予定しておりません
応募資格 1. 2023年3月~2024年9月に大学・大学院を卒業(修了)見込みの方で、インターンを除く就業経験のない方
※ 国内外の大学を含む

2. 以下の全ての要件を満たす方
- 2023年3月~2023年9月に大学院(理系)を修了見込みの方
- 研究においてPythonまたはRを利用して機械学習・統計等の解析を行っている方
- インターンを除く就業経験のない方
2023年度卒向け応募について 4月1日よりエントリー受付開始!
マイページよりご応募下さい。

【応募締切】
1. M&A・戦略コンサルタント
6月25日 12:00応募〆

2. フォレンジック・コンサルタント
8月 インターンシップ:5月31日 12:00応募〆
9月 インターンシップ:6月30日 12:00応募〆
お問い合わせ FAS-newgradsre@jp.kpmg.com

会社データ

設立日 2001年9月
事業内容 M&Aや事業再生を含むディールアドバイザリーとフォレンジック(不正調査)領域を中心にサービスを提供しています。
URL home.kpmg/jp/fas
住所 東京都千代田区大手町1-9-5
大手町フィナンシャルシティ ノースタワー
資本金 9,450万円
代表者 代表取締役パートナー 知野雅彦
代表取締役パートナー 松下 修
代表取締役パートナー 岡田 光
従業員数 572名(2021年3月現在)
新卒採用HP https://recruit.kpmg-fas.jp/

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)