外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

まったり働き、ガッツリ稼ぐ!?資産運用業界への就活

はじめに

みなさん、こんにちは。

就職活動に当たっては様々な業界を見ることになると思いますが、多岐にわたる業界の中でも一体どんな仕事をしているのかイメージがわかない業界も多いのではないでしょうか。特にみなさんの日々の生活とはなかなか接点のない金融業界などの業界については、その業務の実体が把握しづらく、単純な業界へのイメージしかないまま就活に臨んでしまう就活生も少なくないようです。

今回はそのような職種の中の一つである資産運用会社の実際の業務や業界の内情について概要をレポートします。ぜひ就活に向けての企業研究や情報収集に役立ててください。(2016年5月 一部改定)

Asset Management

資産運用会社とは?

何をやっている会社なのか

文字のごとく「資産運用」を専門に行っている会社です。『顧客のバランスシートの左側の“資産”の管理を行い、その対価としてfee(報酬)を受け取る』ビジネスを行っています。資産運用とはいっても、証券会社のプロップトレーダーのように自己資金を運用しているのではなく、顧客から預かった資金を用いて、顧客の代わりに運用を行うことが仕事となります。

勘違いされる方が多いのですが、顧客のお金を用いているので、「運用収益=会社の収益」とはならず、顧客からの「運用委託報酬」が会社の収益になります。投資や資産運用となると、「市場に勝つ」ことが注目されがちですが、新卒採用を行っているような運用会社はフルラインの投資戦略を提供しており、パッシブ戦略など必ずしも「超過収益」を提供することが仕事でない点にも注意が必要です。

投資信託と投資顧問の2本を業務の柱としている会社が多いです。両者の違いはざっくり言うと金主の違いです。投資信託は「個人」のお金を預かっているのに対し、投資顧問は「機関投資家(主に年金)」のお金を預かっています。

どんな仕事があるのか?

ファンドマネジャーや株式アナリストなどの運用フロントに目が行きがちですが、資産運用会社の業務は多岐にわたります。大きく分けると、運用系、営業系、管理系(総務・経理など)に分けることができると思います。

運用系
フロント、ミドルバックに大別されます。フロントは投資判断を行うファンドマネジャー、個別企業の分析を行うアナリスト、内外の経済状況を調査するエコノミスト、数理モデルを用いて資産価格の振舞を調査するクオンツアナリストなどがあります。

チームごとに分析→運用益への結びつけを行うのが仕事となります。各資産クラス、運用手法ごとに専門チームを作って業務にあたるのが一般的です。

また、ファンドのパフォーマンスの理由について顧客に説明することも、ファンドマネジャーの重要な仕事の一つです。運用会社にいるアナリストは、セルサイド・アナリスト(証券会社にいるアナリスト)との対比で、バイサイド・アナリストと呼ばれます。業務自体は両者とも似通ってはいますが、セルサイド・アナリストが、社外の投資家に調査・分析を提供し、幅広い投資家の収益に貢献することを目的とすることに対し、バイサイド・アナリストは社内のファンドマネジャーに調査・分析を提供し、ポートフォリオの収益に貢献することを目的とする点で異なります。

ミドルバックはファンドのリスクをコントロールするリスク管理、ファンドマネジャーの発注に従い売買執行を行うトレーダー、ファンドが保有する資産の資金決済・時価の算出、ファンド全体の財務諸表の作成を行う計理業務などがあります。

計理業務は一見地味な事務作業に見えるのですが、海外とのやり取りも多く、また運用関連の法令・自主規制ルールに精通する必要があるため、意外と専門性は高いです。

営業系
営業系は、営業フロント、商品企画、リテール業務などの職種があります。営業とはいっても、いわゆるリテールへの直接的な営業は無く、営業先は主に、販売代理店(銀行・証券など)、年金・基金系(年金基金・学校法人・一般企業など)、金融法人の自己勘定部分(生損保・銀行など)の3つに大別できます。既存のファンドの売り込みも当然行いますが、顧客の要求に基づいてオーダーメイドの運用ソリューションを考案・提供する運用コンサルティング的な側面も大きいようです。

商品企画業務は、新しい商品(ファンド)を作ることが業務となります。あるテーマファンドの成績がいいのは、そのファンドマネジャーが優秀だったわけではなく、テーマを選定した商品企画の人間が優秀だったといわれることも。

リテール業務は、ファンドのマーケティング、個人投資家への対応が業務となります。具体的には、個人投資家向けの資料作成(販売促進用資料、債券・為替などのウィークリーレポートや、定期運用報告書など)を行っています。また、販売会社向けのセミナーや個人投資家に対するセミナーも行っています。

日系の運用会社の場合、基本的にコース別採用ではないので、これらの内のどこかに配属されることとなります。会社によってフロントへの行きやすさは異なるので、OB訪問などして事前に調査しておくことをお勧めします。

余談ですが、運用フロントに限らず転職機会は多いようです(特に計理などの運用バックオフィス、営業フロントは運用フロントよりも転職需要はあると聞きます)。どの業種においても専門性が高いことが、この業界の魅力の一つだと感じます。

資産運用会社への就活

ここでは、資産運用会社の選考に関して、自身の経験も交えながら書いていきたいと思います。

情報収集には細心の注意を

運用会社の採用活動は、とにかく「ひっそり」と行われるので、情報収集には特に気を使いましょう。多くの企業がマイページなるものを作っていないので、数少ないイベント情報もうかうかしていると見逃してしまいます。企業の中には、選考参加に必須の説明会を開くところもあるので、「情報への敏感さ」が結果を大きく左右するでしょう。

業界研究は早め早めに

とにかく業界研究は早めに行いましょう。業界自体が特殊かつ会社説明会の機会も多くはないので、ESや面接で説得力のある返答を行うためには、ある程度独力で業界に関する知識を深めなければなりません。資産運用会社の概要をつかむには、以下の本がおすすめです。

時間に余裕のある方は、学生団体Share-Projectが主催している勉強会に参加してみるのもお勧めです。

また、日経新聞などで運用業界周りのニュースにも目を通しておいた方が良いでしょう。面接で結構聞かれます。

面接官が運用フロントの人であった場合、例えば「どんな企業の株価が上がると思う?」など専門的なことが聞かれることがあります。論理が通っていれば十分だと思うので、基本的な会計・経済の勉強はしておきましょう。

日系の企業

日系企業の場合は、大抵どこかの金融グループに属しているので、資本関係はチェックしておきましょう。いくつかの企業をご紹介します。

野村アセットマネジメント
日系の中では圧倒的な受託資産残高を誇る会社です。

DIAMアセットマネジメント
みずほと第一生命が折半で出資している資産運用会社です。

三菱UFJ国際投信
‘グロソブ’で有名な会社。一応三菱グループに属します。

大和住銀投信投資顧問
大和証券と住友銀行の資産運用会社が合併してできた会社で、日本株の運用に強みを持っています。金融庁の上の階にオフィスがあります。

日興アセットマネジメント
オフィスがミッドタウンにあったり、社長や人事部長が外国人だったりととにかく外資っぽい会社。

ニッセイアセット
日本生命グループの資産運用会社です。

みずほ投信投資顧問
みずほグループの資産運用会社です。

大和証券投資信託委託
大和証券グループの資産運用会社です。

外資系の企業

年によって新卒採用を行う会社・部門がかなり変わるので、どの部門が採用を行うのかを注意深くチェックする必要があります(アセットマネジメント部門と一区切りにされている場合が多いため)。大手金融グループに属す会社(ゴールドマン、JPモルガンなど)は、他の部門と共に選考活動が行われます。

また、独立系大手(BlackRock、Fidelityなど)は大々的な新卒採用を行わないので、興味のある方はグローバルのリクルーティング採用をこまめにチェックしましょう。長期のインターンを通しての採用になると思います。

「まったり高給」は真実か?

「アセマネ=まったり高給」とは、しばしば言われていることです。

「泥臭い営業もなく、定時退社。基本的に東京勤務で金もいい」と2chでは楽園のように描かれることもありましたが、一体どの程度当てはまっているのでしょうか?

給与について

有価証券報告書から、日系運用会社の平均年収を計算してみると、700万円台から1,000万円を超えるところまで、会社によってかなりのばらつきがあります。他の日系企業に比べたら高め……と言ったところでしょうか?おおよそ、30代のうちには年収1,000万を超えるという企業がほとんどのようです。

「まったり度」について

肉体的にはそこまできつくないようです。朝は早いですが、残業も多くなく(18時から20時には大抵帰社できる)、組織もフラットなところが多いため、居心地は良いようです。

時間的に余裕もあることから、早稲田や一橋などの夜間大学院に通っている人も多いようです。しかしながら、巨額の資金を動かす仕事ゆえに、投資判断を行うファンドマネジャーや売買執行を行うトレーダーの精神的な負担は大きいという声も聞こえます。

おわりに

いかがでしたか?本記事をきっかけにみなさんが資産運用業界に興味を持ってくれたら幸いです。

もちろん、この内容だけでは十分な就活対策とは言えないので、これを機に会社に足を運んだり、OB訪問などをして、「生」の情報をつかんでいってください。資産運用業界は「情報をいかにキャッチするか」がとても重要です。

就職活動は大変だとは思いますが、新しい世界を知る機会でもあるので、食わず嫌いせず楽しんでいろんな世界をのぞいてくださいね。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)