外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

J.P.モルガン

J.P.モルガン

外資系金融

J.P.モルガン

企業紹介

J.P.モルガンについて

J.P.モルガンは200年以上の歴史を誇る世界有数の総合金融機関であり、世界の事業法人・機関投資家・政府機関、米国の個人のお客様に革新的で包括的なソリューションを提供しています。「一流のビジネスを一流の方法で実践すること」を使命とし、会社も社員も最も高い倫理感を保つことで、世界で信頼され尊重される金融機関となることを目指しています。人材教育、ダイバーシティに注力し、また良き企業市民として地域社会に貢献すべく、様々な社会貢献活動を行っています。
日本においては、JPモルガン証券株式会社、JPモルガン・チェース銀行東京支店、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の3社が事業を展開しています。投資銀行、債券・株式、為替資金などのマーケット業務、資金決済や貿易金融、資産管理の媒介、資産運用などのサービスを事業会社、金融機関、機関投資家、政府機関などのお客様に提供しています。

ニューヨークオフィス


社会貢献

当社およびJPモルガン・チェース財団は、世界経済や社会問題の解決に貢献するため、世界の様々な非営利団体や慈善団体の活動を支援しています。また、当社社員は地域に根差した様々なボランティア活動に積極的に参画しています。

社員によるボランティア活動も活発です


職場環境

J.P.モルガンは、社員が働きやすい環境作りと社員のワーク・ライフ・バランスの向上を目指して様々なサポートを提供しています。

■妊娠・出産・育児のあんしんプログラム: 出産後も女性に安心してかつ希望を持って仕事を続けてもらうための様々な支援プログラムです。育メン男性社員が利用できるプログラムもあります。産前産後休暇および育児休暇から、復職後の時短・時差出勤、保育所補助金やクーポン等の支援など充実した内容になっています。社内には搾乳室が設けられており、当社では多くの女性が子育てをしながら仕事を続けています。

■フレキシブル・ワーク・アレンジメント: 職務状況や家庭環境に合わせて多様な働き方ができるよう、フレックスタイム、時差出勤、短時間勤務、在宅勤務等の勤務体制を整備しています。

■社員支援プログラム: 第三者機関を通じて社員が個人的にカウンセリングを受けることができるサービスを提供しています。職場や仕事、キャリアについての悩み、結婚・離婚・出産や家族の問題、健康や病気の問題などを相談することができます。

■ウェルネス・プログラム: 健康診断・人間ドック、ウェルネス診断、カウンセリング、万歩計を用いた健康増進プログラム、栄養管理や疾病などについての啓蒙セミナー、ニュースレターによる情報提供などを行っています。

■社内クラブ活動: 社員がヨガや卓球などのクラブを自主的に運営しています。クラブ活動は社内ネットワークの構築や社員のリフレッシュに役立っています。

東京オフィス最上階にはコーヒーショップもあります


研修制度

J.P.モルガンでは、社員が能力を最大限に発揮できるよう、内定時点から各種支援体制、トレーニング制度などを整えています。
内定者向けプログラム:
■バディー制度
内定者1名に対して先輩社員1名を「バディー(Buddy)」として任命します。内定者は入社に向けての心構えを確認したり、不安な点などを相談することができ、バディーは内定者が社会人生活をスムーズにスタートさせることができるようサポートします。
■入社前研修
各個人の能力や業務上のニーズに応じて、語学力や金融知識を向上させる研修を実施します。

入社後研修プログラム:
■入社後研修
採用部門を問わず東京オフィス全新入社員を対象に1~2週間の研修を行います。座学の研修では各部門の業務内容や各種社内コミッティ(ボランティア、女性社員のサポートなど)等について、体験型研修ではビジネスマナーやチームビルディング、リーダーシップについて学んでいただきます。
また、入社後1~2年目には海外研修を実施している部門もあり、世界中から集まる同期社員と切磋琢磨しながら、最新の金融知識を習得することができます。

トレーディングフロアの様子

社員紹介

J. Hirota / 2014年新卒入社

オペレーションズ部門

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

入社して1、2年目は東京オフィス内のシステム改変のプロジェクトに携わっていましたが、3年目以降はグローバル・プロジェクトの東京チーム代表として海外のチームと一緒に働いています。日本のマーケット特有の慣習を海外メンバーに理解してもらうことや,海外仕様vs日本仕様の意見をぶつけ合う議論は大変でしたが、プロジェクトが完了した後の達成感,そしてプロジェクトで知り合った海外メンバーとのネットワークは他の業務では味わえない醍醐味です。グローバル・プロジェクトに携わったことはその後の業務でも活かされ、問題解決力の向上に役立っています。現在もまた海外チームと一緒に別のプロジェクトに取り組んでいます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学でプロセス設計の研究をしていたので,プロセスの効率化やプロジェクトに興味を持っていました。現在所属しているオペレーションズ部門は日常業務に加えて業務改善のためのプロジェクトに携わることができることから、この部門を志望しました。入社前に金融の知識がなかったことが大きな不安でしたが,いざ入社してみると、日々業務をこなしながら多くのことを学ぶ環境にあることに気づきます。もちろん業務だけでは足りない知識は自分で調べたり,上司や同僚に聞いたりしますが、気づけば自分よりシニアな社員から金融に関することを聞かれたりするようになっており、とても充実した日々を送っています。

今後どうしていきたいですか

入社してから現在まで一貫して債券担当のオペレーションズ部に所属していますが、最初の2年間は営業のサポート、3年目以降はトレーダーのサポートと、同じ部門内でも業務内容が全く異なる2つのチームを経験しています。営業とトレーダー双方のサポート経験を活かし、2年目以降は複数の業務効率化のプロジェクトにも携わっています。プロジェクトに携わると,自分が日々業務で関わっているプロセス以外の側面やマーケットルールなどを勉強することができます。刻々と変化する世界経済動向や金融関連規制に対し、各金融機関は柔軟かつ迅速に対応することが求められます。その中でJ.P.モルガンのプロジェクトチームの一員としてマーケットチェンジに携われていることを誇りに思っています。

R. Takeda / 2015年中途入社

マーケッツ部門、ヴァイス プレジデント

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私は入社直後から重要なお客様を何社も担当させて頂きました。プレッシャーも感じましたが、J.P.モルガンが提供できる金融サービスには自信がありました。実際に営業を始めると、お客様は私たちをパートナーとして尊重してくださり、J.P.モルガンを今まで以上に必要としていただくことができました。その結果、あらゆるランキングの順位が上がり、当社のプレゼンス向上に繋がりました。これは株式調査部と営業が一体となって初めて成し遂げられることであり、これほどまでにチームワークの良い職場で働けることを幸せに思っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

J.P.モルガンで最も魅かれた点は、一緒に働きたいと思える人たちの存在とチャレンジングな環境でした。就職活動中、J.P.モルガンで一緒に働くことになる株式調査部や営業の方たちと何度も話をするうちに、全員が同じ方向や目標に向かっている様子に強い勢いを感じました。そして、自分もこのサクセス・ストーリーを作り上げる一員になりたいと強く感じました。よく考えた末に、今の自分が持つもの全てを発揮でき、最も大きく貢献できる場がJ.P.モルガンだと確信し、転職を決めました。今振り返っても、あの時の判断に間違いはなかったと感じています。

今後どうしていきたいですか

大学在学中に同業他社数社でインターンを経験し、いつ何が起こるかわからない金融業界ならではの緊張感とプレッシャーに魅かれました。大学卒業後は、新卒で欧州系投資銀行に入社し、日本株の営業に従事しました。その後、当時のお客様であった運用会社側のことをもっと知りたいとの思いから米系運用会社に勤務、その後2015年9月より現在の仕事に従事しています。いわゆるセルサイドとバイサイドの両方を経験したことでプロダクトへの知識が広がり、お客様目線で物事を考えられるようになったことは、何事にも変えがたい自分の強みとなりました。今後も規制強化等で大きく変化していくであろう投資家のニーズに柔軟に対応しながら、チーム一丸となって、さらなるプレゼンスの向上に努めていきたいと考えています。

S. Mori / 2012年新卒入社

投資銀行部門、アソシエイト

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

投資銀行業務には大きく分けて2つの業務があります。一つはM&Aアドバイザリー、もう一つは資金調達です。M&Aとは企業の合併や買収を指します。J.P.モルガンはグローバル企業ならではのネットワークを生かし、国境を越えた案件に携わっています。例えば、日本企業が海外企業を買収する場合、海外チームと連携し、買収ターゲットの選定から、売り手との交渉、買収完了まで、全てのプロセスにおいてお客さま企業に対して様々なアドバイスを提供します。一方、資金調達業務は、企業が必要な資金を調達する手段として、株式や債券を発行する際の引受業務を指します。個人的には、海外チームとの接点が多く、日本企業の海外展開を見届けられるM&Aが特にエキサイティングだと感じています。また、数多くの案件に携わることができることも魅力です。一人一人の希望を聞いて成長機会が与えられるのもJ.P.モルガンの良いところだと思います。

この会社を選んだ理由は何ですか?

投資銀行の雰囲気は外からではわかり難いと思ったため、インターンシップを通して確かめたいと考えました。就職活動中に色々な投資銀行の方と話す機会がありましたが、最終的には一緒に働く「人」が重要と思い、J.P.モルガンに決めました。インターン中は社員とデスクを並べて一緒に仕事をし、サマーパーティー等の社内イベントにも参加させていただき、チームの様子を間近で見ることができ大変充実した日々を過ごしました。また、先輩社員から丁寧に仕事を教えていただき、非常に勉強になりました。仕事に真面目に取り組み、クオリティの高いアドバイスを提供することを信念に日々精進する社員が多いこと、またチームワークを重視し、年次に関わらず個々の意見を尊重するフラットな環境に大きな魅力を感じ、J.P.モルガンへの入社を決めました。これからインターンシップに参加する皆さんも、社風が自分の肌に合うか吟味出来る貴重な機会ですので、積極的に社員と話すことをお勧めします。

今後どうしていきたいですか

提供したアドバイスに対してクライアントから感謝の言葉をいただいた時に最もやりがいを感じます。この仕事はクライアントに付加価値を感じていただいてこそ、存在意義があると私は思っています。まだ入社一年目の頃、ある案件の打ち上げの際に、大手企業の社長様から「森さんが頑張っていたことはよく知っていますよ、ありがとう。」と直接おっしゃっていただいた時には感極まりました。また、日々のお客様とのやりとりの中でもお礼の言葉をいただくと、次もクライアントのために頑張ろうというやる気に繋がります。常に、「J.Pモルガンだからこそできること」が何かを意識し、付加価値を出せるよう今後も日々努力を続けたいです。

オフィス最上階にはJ.P.モルガン社員専用のカフェがあり、コーヒーやスナック類をはじめお弁当等も販売しています。

Work Cafeと呼ばれているカフェテリアでは休憩時間に本を読んだり、チームメートと昼食を食べたり、思い思いの時間を楽しんでいます。

社内のいたるところに.P.モルガンアートコレクションが飾られています。

実施要項

募集種別 夏インターン
募集職種 【サマー・ワークショップ開催部門】

■トレジャリー・サービス部門:8月9日-10日

■投資銀行部門:8月14日-17日/8月20日-23日、両日程とも同じ内容です。どちらの日程も空けておいていただけるとありがたく存じます。

■マーケッツ部門:8月22日-24日 (事前懇親会8月10日)

■リサーチ部門:8月27日-31日

■オペレーションズ/コンプライアンス部門(合同開催):8月最終週に3日程度予定

【応募方法】
J.P.モルガン採用HP(jpmorgan.com/careers)よりオンライン応募フォーム提出。2部門まで併願可能。

【応募期日】全部門共通 2018年7月1日 23:59
仕事内容 【選考の流れ】
1. オンライン応募フォーム提出 
2. WEBテスト*(受検期間:1週間)
3. 面接

*応募フォーム簡易スクリーニングに合格された方にはWEBテスト受検案内をお送りします。
給与 なし
諸手当 関東圏外から面接にいらっしゃる方には交通費を支給します。また関東圏外からサマー・ワークショップに参加される方には交通費支給と宿泊手配いたします。
勤務地 J.P.モルガン東京オフィス
千代田区丸の内2-7-3東京ビルディング
応募資格 日本国内の4年制大学または大学院を2020年3月までに卒業・修了予定の方で、東京オフィスで実施される選考プロセスおよびサマーワークショップに全日程参加可能な方
お問い合わせ recruit.japan@jpmorgan.com

会社データ

設立日 1799年(米国)。日本では、2024年に会社設立100周年を迎えます。
事業内容 ニューヨークに本社を構え、資産、収益、時価総額において世界最大級の規模を誇るグローバル総合金融サービス会社です。日本では証券、銀行、資産運用を手掛ける3法人がグローバル・ネットワークを活かして事業を展開しています。
URL http://japancareers.jpmorgan.com/
住所 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング
資本金 非公開
代表者 会長兼最高経営責任者(CEO)ジェイミー・ダイモン
従業員数 グループ合計 約25.2万人(2017年12月末現在)
総資産 グループ合計 約2.5兆米ドル(2017年12月末現在)
売上高 グループ合計 約996億米ドル(2017年通期)
日本における募集会社 JPモルガン証券株式会社
JPモルガン・チェース銀行 東京支店
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
沿革 日本におけるJ.P.モルガンの歴史は、関東大震災の翌年に日本政府が初めて発行した震災復興公債を引き受けた1924年に遡ります。この功績が認められ、ジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアが日本政府より勲章を授与され、以後、日本で事業を広げるきっかけとなりました。一方、JPモルガン・チェース銀行の前身であるチェース・ナショナル銀行は、1947年に外国銀行として初めて東京支店を開設、その後、為替ディーリングのリーダーとして日本経済の復興とともに歩んできました。

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)