外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【新入社員向け】新卒コンサルタント1年目が味わった3つの苦悩

はじめに

はじめまして。2012年に某理系大学院を卒業し、現在某コンサルティングファームで働いています。コンサルタントはとても刺激的な仕事で、ファーストキャリアとした自分の選択は間違っていなかったと感じています。給料もけっして悪くありません。
しかし、コンサルタントになってからの1年間は辛いこともかなり多かったです。1年目ではありますが、耐えきれず辞めていってしまった同僚も見受けられます。

コンサルタントは一般に「高給」「成長の速さ」「グローバルでの活躍」等々ポジティブなイメージが多い職種です。上記のメリットがあることは否定しませんが、前提として乗り越えなければならない様々な壁があります。自分の一年目の実体験をベースに、コンサルのリアルな姿を書いていきます。

1.周囲との実力差

まず実際に働いてみて感じたのは、先輩や同期との実力差です。皆、まったく未経験の分野でも数時間でキャッチアップし、クライアントと対等な議論をしています。要領が悪く、ゆっくりじっくり考えていくタイプの自分にとっては、これは大きな衝撃でした。

仕事は財務分析や事業デューデリジェンス、エクセルマクロやパワーポイントでの資料作成、ヒアリングスキルや語学力、クライアントとのネゴシエーション等、要求されるスキルは多岐にわたります。上司や先輩に聞こうにも、彼らも大量の仕事を抱えていますから、じっくり教えてもらえることなどほとんどありません。

私は最初のプロジェクトに入った当初、自分へのタスクの大きさに戸惑い、「いや、こんなの無理に決まってるだろ」と考えた結果、キャッチアップに失敗しました。しかし、2つ上の先輩や年下の同期はそれらのスキルをかなり高いレベルで習得し、活躍していました。「めんどくせーなー。こんなのわかんねーよ。早く休んで遊びたい。。」等々ぼやきつつも、サクサクキャッチアップしていく姿は圧巻でした。

私もその姿を間近で見て、土日フルで使ってキャッチアップを試みたものの、生来の要領の悪さがたたり、仕事で使えるレベルにはまるで達しませんでした。直上の上司には、「おまえ向いてないから他の仕事探した方がいいんじゃないの?」とも言われました。そこからなんとか巻き返し、最終的にはまずまずの評価をもらえたものの、実際にプロジェクトに従事している時は非常に辛かったです。食欲も減退し、ふと気付くと涙が出ていたりと、うつ病一歩手前の状況まで追い込まれていました。本当に危なかったです。

周りと比較してしまうのは仕方がないのですが、重要なのは自分のバリューをどこで出すかということ。要領の良さやスピードは追いつけるよう努力しつつも、チームの中で自身の役割を見つけていくのがとても大事です。必死にもがいていく中で、やっと見つけられつつあるのが今です。

これは、あくまで私見なのですがコンサルティングファームに入って打ちのめされて、ボロボロになってやめていくよりは、事業会社でじっくり経験を積んだ方が、最終的には良いキャリアを歩めるのではないかと考えています。もちろん、自分の頭の回転に自信がある人は、ぜひコンサルで力を試してみてください。

2.膨大な仕事量

「悪いんだけどさ、明日までに提案資料のドラフト作っておいてくれない?参考資料は後で送っておくから」とか、「(金曜夜に)2週間であのクライアントの業務分析やってもらうことになったから、月曜までにドラフトよろしくね」とか、ムチャな仕事の振り方をされます。

仕事が空いたときは20時ぐらいに帰れることもあったりしたのですが、基本的には終電、少し忙しくなってくると2時にタクシー帰りということもざらでした。女性だろうが新婚ほやほやだろうが、お構いなしです。
「プライベートも大事!」という考えを持っている人には、正直お勧めしません。平日は仕事に全て捧げるつもりでないと、やっていられないでしょう。

なお、いくら遅くまで残っていても褒められることなどありません。「え、3時までやっててこのレベルのアウトプットなの?ゴミだね。」と言われることが日常茶飯事。上司も悪意があるわけではなく、思ったことを素直にいっているだけなので、余計凹みます。何よりも最初につけるべきスキルは、スル―スキルなのかもしれません。

3.徹底的な詰め

何か発言するたびに、「なぜそう思ったの?」「根拠はどこにあるの?」「本当にそれが唯一の正解だと言えるの?」「どうやって検証したの?」等々逐一厳しいツッコミがきます。それに答えられず詰まったり、「わかりません」と言った瞬間に、「なんでわからないの?」「わかるまで考えなかったのはなぜ?」「あの人に聞けばわかるのに、なんで聞かなかったの?」「やる気あるの?」「やる気あるならなぜ出来なかったの?」「今後のアクションプランは?」等々さらに過激に問い詰められます。

ロジックとファクトを常に用意しておかないと、ただ詰められるだけで一日が終わります。「適当」「なんとなく」は確実に糾弾されますので、人によっては苦しくて仕方がないのではないのでしょうか。

事業会社から中途で入ってきた方がいましたが、彼は年下のマネージャに一日中「なぜ?」「どうして?」と問い詰められていました。ロジカルでない人は排除されるので、結果的にそういった人しか残りません。精神的、体力的に余裕があるときは「詰め」もトレーニングだと思って楽しめるのですが、追い詰められている時に連続で詰められると、どうしようもなく落ち込みますね。

おわりに

いろいろ書きましたが、コンサルタントとして働くには良い面もたくさんあります。給料は悪くないですし、仕事の幅もどんどん広がります。また変な社会慣習や上下関係もまったくないので、働いていてとても楽しいです。最初のスキルが低くても、素直に頑張り、かつ精神を病まなければ、十分キャッチアップは可能です。

頑張ってくださいね。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)