外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【全業界共通】「給与が高いから志望した」と面接で話して大丈夫?~外資系投資銀行業界を例にポイントを解説~

はじめに

こんにちは、外資就活編集部 外銀チームです。

前回の「PEへの転職を志望動機にしていいのか?」という記事に続いて、就活生が志望動機の際に悩むことについて解説します。

以前は、外資系投資銀行(以下外銀)の選考の際には志望動機が重要である、という話をしました。その際には各社の業務面の特徴や、社風などと自分の就活の軸を絡めることが高評価につながる、と述べました。

しかし、外銀志望者の中には、業務面や社風よりも給与水準の高さに魅力を感じている方も少なくないと思います。この傾向は毎年のことで、公に口には出さなくても、各社の給与水準を比較した結果、外銀に興味を持った人も多いはずです。

けれども、選考が始まってからわかることですが、給与水準の高さを志望動機として伝える学生はそう多くありません。
そもそも、志望動機として「その企業の給与水準の高さ」を理由にして述べても問題ないものなのでしょうか?

今回は一ケースとして外銀業界を挙げますが、この記事は外銀業界希望者だけでなく、戦コンや、日系IBD、外資メーカー、総合商社希望者にも当てはまる内容になっております。最後までしっかり読んで、面接官に刺さる志望動機を作りましょう。

「お金を稼ぎたい」と伝えること自体は全くマイナスではない

結論から言うと、外銀業界においてお金を稼ぎたいと伝えること自体は全くマイナスではありません。

まず、外資系投資銀行に関わらず、就活生に人気の業界に勤めている人たちは、実はかなりの数の人がお金にプライオリティを置いて入社し、働いています。
もちろん、どの会社も志望動機として経済へのインパクトの大きさがプライオリティに含まれています。しかし、特に新卒に入社し、最初は泥臭い業務ばかりを行う間は、「高額な報酬」がモチベーションの源泉となることは自然なことです。

それでは、外銀社員は「お金を稼ぎたい」ということが働くモチベーションとして大きいことを隠しているのでしょうか?
これは人にもよると思いますが、ほとんどのバンカーは「お金を稼ぎたい」を口に出して言います。もっといえば、外銀からの転職者も多い投資ファンドなどでは「お金を稼ぎたいとちゃんと言え」と上司から言われることすらあります。

これはなぜかというと、投資ファンドでは成果給の割合がかなり大きいからです。企業にはよりますが寄りはしますが、運用益の20%を報酬として受け取る投資ファンドも珍しくありません。そして、その報酬の一定割合が企業全体のボーナスと連動している手数料体系となっています。そのため、自分たちが稼ぐことで顧客に利益が生まれ、さらに自分たちの実入りも大きくなります。自分自身が稼ぎたいと思っていないようでは、顧客に稼がせることなどできないという発想が企業にしみ込んでいるため、投資ファンドではむしろお金を稼ぎたいことをアピールすべきでしょう。

また、投資銀行部門の場合も、ヘッジファンドほど自分の業績が顧客の利益が一致しているわけではないにせよ、手数料ビジネスである点は変わりません。自分たちが稼ぎだしたアドバイザリー・フィーを「自分たちが生み出した価値」ととらえている側面があります。
そのため、「稼ぎたい」という発言は「顧客を稼がせたい」や「社会に価値を生み出したい」と本質的には同じであり、誇らしく発言できる内容だといえるのです。

したがって、お金を稼ぎたいと伝えることは全くマイナスではありません。
むしろ、お金を稼ぎたいと考えていない人は、やる気がなさそうに見えるとか、投資銀行には向いていないタイプだとか、そういったマイナスの印象を与える可能性すらあります。

但し「お金を稼ぎたい」は当たり前すぎて主たる志望動機になりえない

前述のとおり、お金を稼ぎたいと考えていること自体は伝えて構いませんし、どちらかというと伝えたほうが良い内容ではあります。
ただし、気を付けなくてはならないのは、お金を稼ぎたいこと自体は、主たる志望動機にはなりえないということです。その理由は主に3つあります。

1つ目の理由として、投資銀行を志すにあたっては高い給与水準をモチベーションにすることは当たり前のことだと認識されているため、「お金を稼ぎたいから投資銀行を志望しています」は、もはや何も言っていないのと同じだといえます。
つまり、お金を稼ぎたいかどうかと聞かれれば肯定しても問題ないし、いくつかある志望動機のうちの1つにはなりえますが、主たる志望動機にはならないということです。

2つ目の理由として、ほかの候補者も共通してお金を稼ぎたいと考えていることに注意しなければなりません。1つ目の理由の「当たり前のこと」と結論は同じですが、全員がお金を稼ぎたいと考えている場合にお金を稼ぎたいと主張することは、まったくもって差別化要素にはなりえないのです。

投資銀行で稼ぎたい理由を詰める

そして3つ目の理由は、お金を稼ぐだけなら投資銀行以外にも多くの手段があるという点です。

お金を稼ぐことを目的とした場合は、入社2年後には颯爽とヘッジファンドに転職したほうが効率的です。生涯勤めあげる業界ではないとはいえ、数年でやめてしまうつもりの候補者を積極的に採用するような業界ではないので、数年で転職すると主張する人は好まれません。

また、従業員として働いている限りは、どれだけ投資銀行業界の給与が高くとも資産家になることはできません。本当にお金が好きで、お金を稼いで富を築きたいというのであれば、リスクをとってでも起業して上場やバイアウトを目指したほうがよいでしょう。

以上の理由から、お金を稼ぎたいを第一の志望動機にしてしまうと、投資銀行でなくてもよい理由がいくらでも出てきてしまうのです。投資銀行に対してお金を稼ぎたいと伝える場合は、「なぜ投資銀行で稼がなければならないのか」といった部分を深掘りして行く必要があるでしょう。

「お金を稼ぎたい」を志望理由とするならば、その理由を深掘りすべき

もし「お金を稼ぎたい」を主たる志望理由にする場合は、他の学生との差別化が難しいと理解したうえで、「なぜお金を稼ぎたいのか」をしっかりと整理しておく必要があるでしょう。

お金を稼ぎたいと考える人は、大体下記の2パターンに分かれます。

1つ目のパターンは、人生を通してお金で苦労してきた実体験からお金を稼ぎたい場合です。具体例としてはお金がなくてお稽古事を習えなかったとか、お金がなかったから公立の中学・高校に行かざるを得なかった、などが考えられます。こういったバックグラウンドを持った人たちは、お金の重要性を人一倍わかっています。なぜお金が欲しいのかを聞かれたとしても、お金がないことの苦労さを語ることができれば納得のいく説明ができるでしょう。

2つ目のパターンは、適度に裕福な家庭に育った学生たちにあてはまります。具体的には、適度に高い所得とちょっとした資産はあるが、一生働かずに済むほどのお金はない、という人たちです。要するに、稼ぎ続けなければいまの生活を維持できないから、危機感をもって稼ごうとするのです。

実際、投資銀行の内定者もおおよそこの2パターンに分かれます。大富豪の子息が入社することはまずない一方で、私立の中高出身者が大半であり、名門女子高などの出身者も珍しくありません。そうでない場合は、郊外の一般家庭で育って、がむしゃらに努力をしてきたような折り紙付きの努力家がほとんどです。

ここで留意すべきは、1つ目のパターンの志望動機では給与の高さが志望動機になる可能性がありますが、2つ目のパターンの志望動機では面白い実体験や、熱意を伝えることは難しい傾向があるということです。

なぜなら、お金はないよりもあったほうがいいのは明らかですから、誰でも多かれ少なかれお金は欲しいと考えているからです。このため、実体験に基づいたエピソードや、自分の生い立ちや価値観に裏付けられた志望動機と比べて弱い志望動機にしかなりません。

お金を稼ぐために何ができるかを伝える

志望動機で「自分になぜお金が必要なのか」を整理したら、次に実際に自分の行動にどう影響するかについて説明しましょう。ただお金がほしいということをアピールは誰でもできます。そのため、そのモチベーションがどのように会社にとって有益なのかをしっかり説明しましょう。

お金を稼ぎたいと伝える場合にポイントとなってくるのは、お金のために必死になれるのかどうかです。

お金のために必死になれる証明として最も有効なのは、お金を稼ぐために努力した経験を話すことでしょう。

模範例をあげますと、

「私はお金が必要になったとき、インターネットで個人輸入したものを転売することによって稼いだ経験があります。効率的に転売をするために英語を勉強したし、海外と日本とで価格が違うものを懸命に調べました。実は〇〇って海外のほうが40%も安いんですよ。これにみんな気づかないから、私だけ大儲けできました。3か月でだいたい100万円くらいになりました。かなりの時間を割いたことを考慮しても、ふつうにアルバイトをするよりは稼げたと思っています。」

などというようなエピソードがあれば、非常に説得力のある「お金を稼ぎたい」というアピールができるでしょう。この場合は、理由なく「お金がほしい」という候補者と比べて、十分に差別化できるといえます。

お金がほしい具体的なエピソードがないなら,「お金を稼ぎたい」を補助的に使うべき

そうはいっても、お金を稼ぎたいことを全面的に押し出してしまうことに気が引ける人はいるでしょう。日本文化においては、お金稼ぎがよくないことであるかのような考え方が蔓延しているのは事実です。メーカーの選考などではお金が第一だと語った瞬間に落とされることも少なくありません。

また、お金を稼ぎたいとは思っていても、ほかの候補者よりもお金への欲求が強いわけではない方もいらっしゃるでしょう。実際、日本人にはお金のためだけには働けないという方は少なくありません。

お金への執着心がそれほど強くなく、お金がほしいことを示す具体的なエピソードがないような方は、お金に関する志望動機は補助的に利用したほうが良い場合が多いです。お金以外のモチベーションを志望動機として用いたうえで、お金がほしくないのかを聞かれたときに「いえ、お金はほしいです。将来こういうことに挑戦したいので、そのための資金にしたいと考えています。」などと答えれば十分でしょう。

官僚を目指さない理由を話すときに「お金」を志望動機にするのは有効

少しお金を引き合いに出した志望動機とは趣旨がずれますが、なぜ官僚を目指さないのか?について聞かれた際にお金を話題に出すことも得策です。

外銀に勤める人は多かれ少なかれ、世界にインパクトを与える仕事をしたい、大きなプロジェクトを支えたい、という傾向があります。そして、こういった価値観を面接で話すことは多いでしょう。

このため、面接では「官僚ではいけないの?日本のために、経済のために働くなら官僚のほうが良いと思うんだけど?」という質問がよく使われます。実際、日本の経済のために働きたいというのであれば、投資銀行よりも経済産業省のほうがずっと大きなインパクトを与えられるでしょう。

グローバルな課題に取り組みたい、国境をまたいだ交渉をしたい、という方向性の志望動機に対しては「外務省じゃいけないの?」と聞かれますし、経済を支えて人々の生活をよくしたいといえば「経済産業省じゃいけないの?」と聞かれます。

省庁の業務の目的意識は投資銀行の業務の目的意識とやや近いところがあり、仕事内容を踏まえて否定するのは難しいことです。

ここで、お金に関する志望動機を使うとよいでしょう。

例えば「官僚の仕事もとても魅力的ではありますが、プロフェッショナルとして働くからには、適切な水準の報酬を受け取りたいと考えています。」と答えるのもいいでしょう。

実際にこのように考えている方は官僚には向かないので、官僚ではない理由はきちんと示せるでしょう。官僚に適した人物像とは、ある意味では国のために自分を犠牲にできる人なので、そこまで自己犠牲の精神がない人は外銀が向いているかもしれません。

わずかな給与で投資銀行に引けを取らない時間の労働をするわけですから、よほどの覚悟がないと務まりません。

ちなみにお金の話は、コンサルティングファームは投資銀行の6割くらいの給与水準ですので、コンサルティングファームではない理由にも使えます。ただ、コンサルティングファームの仕事と投資銀行の仕事はそもそも大きく異なるので、報酬水準よりも仕事内容を理由に否定したほうが説得力は大きくなるでしょう。

まとめ

志望動機として「お金が欲しい」というのは伝えて構いません。むしろ聞かれたら伝えるべきことです。ですが、伝え方には注意しましょう。

「お金は欲しくないのか」と聞かれれば素直に欲しいと言って大丈夫ですし、官僚やコンサルティングファームなどではなく投資銀行が良い理由という文脈では、報酬水準の話をしてもかまいません。お金を稼ぎたいのかと聞かれて否定するのは、むしろおおきなマイナスになる可能性すらあります。

しかし、お金を稼ぎたいという話を積極的にしてもよいのは、お金への執着心が強く、お金儲けのチャンスを逃さないことを示せるようなエピソードのある方に限られます。また、加えて外資系投資銀行よりも所得が大きくなる仕事があるということも念頭において話すとよいでしょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)