外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「PEファンドへの転職願望を投資銀行に伝えるとNG?」面接でのセカンドキャリアの伝え方

こんにちは、外資就活編集部です。

現在就活真っただ中の学生であっても、うっすらと将来的な転職を考えているのではないでしょうか。
しかし、企業や伝え方によっては、転職希望を少しでも匂わせただけでそれ以降は質問されることもなく、選考が事実上の終了を迎えることも多々あります。

今回の記事では、転職希望はあるけれど、どこまで企業に伝えていいのか、どう伝えたらいいのかについて悩んでいる、そんな学生に対して必読の内容となっています。

ただ、全ての業界を対象に解説をするのは範囲が広すぎるため、今回は具体例として金融業界を例にとって解説していきます。題材としては主に金融業界志望の学生がひそかに考えることの多い、PEファンドへの転職願望が志望動機としてふさわしいものなのか、というテーマで記述していきます。

はじめに

特に投資銀行志望者の中には、将来的にPEファンドに行きたいからという理由で投資銀行業界を志望する方も多いと思います。その理由の代表的なものとして、投資銀行でM&Aに関する専門知識や経験を積み、PEから声がかかるように準備したいという考えの方が多い気がします。このような志望動機に対して、投資銀行のバンカーはどのように評価しているのでしょうか。

例え金融以外の業界を志望していても、転職希望を会社側に以下に伝えればいいのかという点はどの業界も共通しているので、為になると思います。最後までお付き合いいただけると幸いです。

※PEファンドとは:(プライベートエクイティファンドのこと。世界的に有名なプライベートエクイティファンドには、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)やカーライル・グループ、ブラックストーン・グループなどがあります。また、日本発のファンドではユニゾンキャピタルなどが有名。)

PEファンドへの転職志望はリスクの大きい志望動機

結論から言うと、投資銀行部門の志望動機として「PEファンドに行きたいから、その前に投資銀行で働きたい」ということは避けたほうがよいといえます。選考段階でPEファンドへの転職願望を伝えただけで面接官によっては不採用となる可能性もあります。

避けたほうが良い理由は、大きく分けて3つあります。

①短い期間で辞めそうと解釈される。入社できても昇進に影響

投資銀行部門に4~5年くらい勤めると、ある程度の専門性が認められ、PEファンドへの転職も視野に入ってきます。PEファンドへの転職は、投資銀行で昇進しきった人たちというよりは、投資銀行で金融の基礎をしっかり身につけた若手が中心です。

何故若手かというと、投資銀行業界は長く勤めるほど、転職をするうまみが減ってくる業界だからです。投資銀行で昇進して行った場合、待遇も良くなりますし、若手の時と比べて相対的に勤務時間量も減ってきます。そうすると、PEファンドに転職してまた新たな環境でゼロからスタートするよりは、投資銀行業界にとどまる事が得策だと思えてくるでしょう。

したがって、採用段階からPEファンドへの志望度が高いことを伝えてしまうと、投資銀行には短い期間しか在籍しない可能性が高いと解釈されます。また仮に入社できたとしても、昇進にも影響が出てくることは間違いないでしょう。

外資系投資銀行の中でも、採用した人材にはなるべく新卒から長くとどまって欲しいと考える企業もあります。例えば、かの有名な外資系投資銀行であるゴールドマンサックス社は、新卒には企業文化を継承して欲しいという思いを持って採用しています。

②PEファンドへの志望動機が正しいか、深く問われてしまう

当たり前の話ですが、PEファンドに行きたいと伝えてしまうと、PEファンドに行きたい理由を聞かれることになるでしょう。少なくとも、PEファンドへの熱意を伝えれば伝えるほど、なぜPEファンドに行きたいのかを深堀される可能性は高まります。

しかし、PEファンドについて正しく理解できている学生はごく稀です。社会人であっても、PEファンドの業務内容などを知る機会はあまりありません。事前にかなり調べている人ですら、おおざっぱな業務内容しか把握していない場合がほとんどですし、自分の得た知識に間違いなどが含まれている可能性はあります。

さらに、PEファンドまでのキャリアパスとして、必ずしも投資銀行が圧倒的に優位な転職元ではありません。もちろん、投資銀行の知識がPEファンドで活きるのは事実ですが、コンサルタントやマーケターなど、ある程度バランスよく人材を獲得したいと考えるPEファンドが多いのも事実です。

むしろ、金融知識よりも経営に関する知識や、幅広い業界知識を持つ人材を求めるPEファンドの方が多いといっても過言ではなく、元コンサルタントや元マーケター、元官僚や公的金融機関出身者のほうがPEファンド業界では現状、不足しています。

③PEファンドへの志望動機を深堀りするより、外銀への志望理由を深掘りした方が効果的

もちろん、しっかりとした考えを持っていれば、PEファンドへの志望動機や、コンサルティングファームや外資系メーカーではない理由を述べることはできるでしょう。

しかし、これらを述べるのは、投資銀行部門に入社したい理由を答えるよりも難しいことがほとんどです。PEファンドの志望動機や、コンサルティングファームやマーケターではない理由などをしっかり準備する時間があったら、その時間を使って外資系投資銀行に行きたい理由を深掘りしたほうが効果的でしょう。

PEファンドへの関心の伝え方

以上のように、PEファンドへの転職を前面に押し出すのはあまり好ましいとは言えません。しかし、関心があるのに関心がないと嘘をつくのはよりマイナスになるでしょう。このため、PEファンドに関心がある方はやんわりと伝えるというのが良いと思います。

たとえば、「PEファンドでのキャリアにも関心はあるが、将来のキャリアについてはもう少しよく考えてから意思決定をしたい。」といった表現であれば、上記のようなリスクは小さくなるでしょう。

投資銀行に勤めている人たち自身も、自分のキャリアについては日ごろから悩んでいます。このため、先々のキャリアについて明確な答えが出ていないということはマイナスにはなりません。むしろ、60歳までのキャリアプランがこと細かく決まっているような学生のほうがうさんくさいと感じられるでしょう。

このように、志望動機を表現するときは、動機そのものはもちろんのこと、伝え方も非常に重要になります。PEファンドへの転職希望を伝えるにしても、企業の傾向を掴んでから当たり障りなく、あくまで話のネタ程度に転職希望を伝えることが賢明です。

ただし、投資銀行からPEファンドに転職する人は事実として珍しくありませんから、PEファンドに関心があることがゼロだと隠さなければいけないというわけではありません。例えば、昼食会や、インターン中の懇談会など、社員の方とフランクに接する際に、プライベートエクイティ業界への転職ルートを探ることは問題ないでしょう。

まとめ:PEファンド以外でもセカンドキャリアの話をすると同じリスクが発生すると心得よ

PEファンドに行きたいから投資銀行に行きたいという学生と同じように、ヘッジファンドやその他に転職したいから投資銀行に行きたい、起業したいから投資銀行に行きたいと考えている学生も時々います。

ただし、これらもPEファンドに行きたいと主張しすぎるべきではないのとまったく同じ理由で、あまり全面に押し出すべきでありません。「このようなキャリアを歩みたいから投資銀行に行きたい」という主張は、ほとんどの場合で同じトラブルのもとをはらんでいます。

まとめると、セカンドキャリアの話をする時に心すべき事は次の2点です

  • セカンドキャリアの話をすると、「なぜそのセカンドキャリアを志望するのか?」という余分な志望動機を聞かれる可能性が高い
  • セカンドキャリアが決まっている場合、投資銀行以外の有効なファーストキャリアを選ばない理由を説明させられる可能性が高い

上記の2つは、往々にして、シンプルに投資銀行部門への志望動機を述べる場合よりも難しく、間違った情報に基づいた志望動機を話してしまうリスクが大きくなります。
そのうえ、仮に正しく伝えられたとしても純粋に投資銀行部門への志望動機を述べた場合と比べて、高い評価を得られるとは言えません。

以上の点を踏まえながら、志望動機はしっかりと言葉を選んで伝えましょう。自分や相手に嘘をつくのは好ましくありませんが、考えていることをすべて包み隠さず話すのが最善とは限りません。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)