外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

これで内定!外資系コンサルティングファーム志望者のためのケース面接過去問67選

はじめに

就職活動において、トップ校の学生から常に高い支持を集める業界の1つに、コンサルティング業界があります。外資就活ドットコム会員に登録時選んでいただく志望業界の集計結果でも、18卒では第2位、19卒ではなんと第1位と、非常に人気の業界です。

コンサルタントの主な仕事は、顧客企業の経営課題解決を手助けすることです。企業の命運を左右する重要課題に対し、スピーディに情報収集・分析および仮説構築、戦略策定等を行う必要があるため、非常にハイレベルな頭脳が求められること、そして激務であることが広く知られています。

具体的な企業例としては、戦略系コンサルティングファームのBIG3と言われるマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーが挙げられます。他にも、ITコンサル系のアクセンチュア、IBMや、会計系のデロイト・トーマツ・コンサルティングなど、コンサルティング業界と一口に言っても様々なビジネス領域が存在します。

世界屈指の頭脳集団であるコンサルティングファーム、その選考において、最初に立ちはだかる壁が筆記試験です。
WebテストやSPIで求められる得点は約9割以上と非常に高く、会社独自のテストを行うところもあります。
油断することなく、以下の記事を参考にしっかり対策してください。小論文(ケース作文)についても出題例を掲載しています。

【参考記事】
【19卒】コンサルティングファームのWEBテスト・筆記試験対策

そして筆記試験通過後には、コンサルティングファーム特有の選考ステップである面接でのフェルミ推定、ケース問題が待っています。これらを通してコンサルタントとしての適性や思考力、コミュニケーション能力を評価されます。コンサルティングファームの面接では、志望動機や学生時代の経験以上に、このステップが重視される傾向にあるようです。

今回は、過去の選考で実際に聞かれた質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。
外資コンサルの面接

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)