外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【3分選考対策】J.P.モルガン(アセットマネジメント部門)の選考対策まとめ

目次

J.P.モルガン(アセットマネジメント部門)に内定する3つのポイント

こんにちは、外資就活 外銀チームです。

今回はJ.P.モルガン(以下、JP)のアセットマネジメント部門に内定するための選考対策について、以下の3点と詳細な選考ごとの対策からお伝えします。

・JPのアセットマネジメントである明確な志望動機
・カルチャーに合うチームワークを持っているか
・投資銀行で価値を出せる能力があるか

※ 本コラムの情報は外資就活会員限定コンテンツ「選考体験記」から抽出しています。

JPのアセットマネジメントである明確な志望動機

まずJPには「JPのアセットマネジメントである明確な志望動機」が必要です。

外資系投資銀行は、そもそもの採用人数が少ないですが、その中でも特にアセットマネジメント部門の採用人数は僅かです。そのため企業としても、内定を出した後に断られてしまうことを避けたいため、学生が本気で内定を出せば来てくれるかどうかを見極めようとします。自分の背景や今後のキャリアプランから納得感の強い志望動機を伝える必要があります。

カルチャーに合うチームワークを持っているか

次にJPには「カルチャーに合うチームワークを持っているか」が必要です。

JPは外資系投資銀行の中でも比較的穏やかな社員が多く、チームとの良い協力関係の中で仕事をする社風があります。

そのため例えばグループディスカッションの場では、柔軟にチームをまとめる方向や、チームとして良いアウトプットを出すことに意識を向ける必要があります。

投資銀行で価値を出せる能力があるか

最後にJPには「投資銀行で価値を出せる能力があるか」が必要です。

上記のポイントでチームワークを挙げましたが、そうは言ってもクライアントの高い水準を越え続けることが求められる外資系投資銀行。学生に対して、ハードな環境を乗り切る能力があるかどうかは常にチェックされます。ただチームワークをアピールするだけでなく、さらにその中で自分が十分な能力を有している事をアピールする必要があります。

具体的にどのような力が求められるかは、以下のコラムを参考にして下さい。

選考フロー

ES→WEBテスト→グループディスカッション→1次面接→2次面接→3次面接(スーパーデイ)→内定

選考フローは上記の通りです。以下で詳しく解説したいと思います。

ES:内容だけなく、英語力のチェックも

設問内容
・第1志望部門への応募理由を記入してください(400文字)
・第1志望部門への応募理由を英語で記入してください(800 words)
・自己PR・その他特記事項などを記入してください(400文字)
・自己PR・その他特記事項などを英語で記入してください(800 words)
・これまでにあなたがチームの一員として取り組んだ案件(プロジェクト)において、自分が果たした役割や貢献、さらにそこから得た反省点を英語で記入してください(800 words)

少数精鋭の特殊な部門。志望動機はしっかりと。

JPのアセットマネジメントのESでは志望動機を特に明確にしましょう。

アセットマネジメント部門の採用人数はごく少数です。そのため学生の優秀さはさることながら、「何故アセットマネジメントなのか」についての明確な解答が求められています。

JPはカルチャーとしてのチームワークを重視した社風を持っており、ESでも設問になっていることから、チームの中で自分なりにどのようなバリューを出してきたのか、それはJPでどのように活用出来るのかを伝える必要があります。

英語表現はネイティブによるチェックを受けよう

JPのESにおいて特徴的な点は、英語を重視している点です。他の外資系投資銀行でも同様に英語によるESの提出を求められている場合がありますが、スタンダードな志望動機と自己PRだけでなく、「人間性」をアピールする設問において長い英文が求められています。十分な表現を実現するため、通過者の感想の中にもネイティブによるチェックを依頼したという声がよく見受けられました。

通過者感想例:
・JPモルガンは特に英語を重視すると聞いていたので、英語の設問に関しては、ネイティブに頼んで文法のチェックをしてもらい、修正するようにした。
・英語でのESは海外の友人に添削を頼んだ。
・LANG8などのサイトがあるので、是非利用すべきである。

筆記試験:最適準をクリアすることが重要

玉手箱のwebテスト
・試験形式:言語、非言語、性格診断で制限時間は約60分

選考時期によってはwebテストが課される場合があります。しかしながら実施されない時期がある事実や通過者の感想から、重きを置かれているのはESであることが推測されます。特別な用意は必要なく、基本的な対策を行えば問題はありません。

グループディスカッション:アウトプットよりも議論の過程を

※実施がされていない場合もありますが、実施される場合は1次面接と同時に行われる場合があるそうです。

選考内容
テーマ:今後日本で伸びる産業は何か
時間:20分
参加者:学生4人、面接官2人(中堅男女)

短時間の中で、柔軟にチームを導く

資料が無い点や時間が短い点、発表者が一人であり質疑応答やFBが無い点から、このGDではアウトプットではなくGDの中でどのように振舞っているかが評価点になっている事が推測されます。

実際に、通過者の中には議論をタイムキーパーや議論のズレを修正する役割を担うことで通過した例があります。JPの社風であるチームワークをグループ全体で生み出せているのか、もしくは生み出すためにバリューを発揮出来ているかがポイントになっています。

通過者感想例:
・議論を主導してくれるメンバーはいたので、私はタイムキーパーと、議論の軌道修正を担当していた。議論が脇道に逸れた時にそれとなく軌道修正をしたことが評価されたと思う。

1次面接:短い時間の中で、積極的なアピールを

選考内容
面接官:2 or 3人
学生:3 or 4人
時間:20 ~ 30分
内容
・大学の専攻の選択理由
・業界、J.P.モルガンの志望理由
・周囲の人から持たれているイメージ
・過去の失敗とそこから得た教訓
・グループワークの際に最も必要だと思う要素、気をつけていること
・最近気になったニュースとその理由

1次面接ではグループ面接が行われます。面接時間が短く、1人あたりでは最大でも10分程度の時間しか話す余裕がありません。

質問の内容はスタンダードな内容が多く「Why JP」「Why アセットマネジメント」を織り込み、加えて「自分が如何にJPのアセマネにふさわしいか」をアピールする必要があります。また周りの学生の時間に割り込むような姿勢の場合、チームワークが無いと受け取られる可能性もあるため、時間内に端的に答える必要があります。

通過連絡:3日後にメールで

通過者感想例:
・若めの社員が多く、和やかな雰囲気だった。
・学生の数が多く、一人あたりの話す機会が少なかった印象。
・オーソドックスな質問しか聞いてこず、日系企業のような面接であった。
・恐らく大切なのは、端的に自信をもって話す事。
・面接官の方が相槌をうってくださったり、笑ってくださったり、和やかな雰囲気。

2次面接:「なぜアセットマネジメントか」を明確に

選考内容
面接官:3人(1次より年次、役職が高くなる)
学生:1人
時間:20分 * 3人
内容
・志望理由
・なぜ他社ではなくJPモルガンか
・自分がJPモルガンにあっていると思う点、合ってないと思う点
・アセットマネジメント業界はこれから伸びると思うか。

3次面接においても同様のことが言えますが、1対1で面接をする中で一問一答形式で答えるのではなく、普段の会話のように柔軟にコミュニケーションを取ることで「一緒に働きたい」と相手に思わせる事が重要です。

2次面接では1次面接に比べて年次が上がり「本当にアセットマネジメントという仕事を志望しているかどうか」がキーとなります。1次面接に比べて自分の話した内容から面接官が疑問に思った点が掘り下げられ、業務や部門に関する理解度をチェックされている事が通過者の感想からも分かります。さらに加えて「JPのアセットマネジメントである理由」も求められています。

通過連絡:3日後にメール or 翌日に電話で

通過者感想例:
・1次面接よりもかなり突っ込んだ質問が多く、個人をよくみようとしているのが伝わった。
・受け答えに対して、素直に気になった点について質問してくる感じ。
・質問は鋭く自分なりの資産運用業界への考えや意見を明確に持っている必要がある。
・女性の方も多く感じた。
・一見するとオーソドックスな質問しか聞かれないが、簡単な質問を通じて、論理的思考力やコミュニケーション能力を見ていると考えられる。

3次面接:「なぜ自分がJPにふさわしいか」を伝える

選考内容
面接官:6人(MDクラス)
学生:1人
時間:15分 * 6人
内容
※面接官によって異なる
・志望理由
・なぜJ.Pモルガンか
・アセットマネジメント部門で何をしたいのか
・大学生活で一番頑張ったことは何か。
・チームワークの定義
・キミって面白い人?
・キミって情熱的な人?

最終面接は複数回のMDクラスの社員との面接です。二次面接で基本的なラインは突破していると考えられているため、最終で問われるのは「本当にJPに来たいと思っているのか」「一緒に働きたいか」「内定を出した場合に本当に来てくれるのか」という視点です。

オーソドックスな質問が基本ではありながらも、穏やかな会話で終わる場合や面接官の反応がとても薄い場合、自分の話した内容に対して鋭く詰めてくる場合など、あらゆる角度から学生を見ていることが分かります。

どのような面接官が出てくるのか、どのような質問をされるのかを予想するのは最終面接では困難です。通過者の感想にも「予測が出来ず、ありのままの自分で臨んだ」という意見がありました。

通過連絡:翌日に電話で

通過者感想例:
・和やかな雰囲気、厳かな雰囲気、両方ありました。
・見られるところはしっかり見られているので、気を抜かずに面接に臨むべきである。
・人数もかなり絞られていたため、入社志望度や部下にして良い人間かどうかをありとあらゆる質問で見られていた印象を受ける。
・ここまできたら運と相性だと思ったので、飾らずに自分を出すようにした。

J.P.モルガンの研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)