外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

外銀内定者の4割はサマーインターン落ち?!インターン全落ちからの外銀内定獲得談 ー外資系投資銀行に受かるための対策シリーズ (6)

はじめに

はじめまして。某米系投資銀行に内定したWhiteと申します。
外資系投資銀行のサマーインターンも佳境を迎えていますね。もしかすると、皆様の中には「外銀のサマーインターンに応募したけど全滅…。もう外銀は受けるのやめようかな…」と思っている方も多いのではないのでしょうか?

しかし、まだあきらめてはいけません。外銀選考は最後まで粘ったもん勝ちです!

実際に私はサマーインターンにめちゃくちゃ落ちましたが、それでも粘り続けて最後の最後に米系投資銀行からオファーをいただくことができました。今でこそ外銀内定者だともてはやされていますが(笑)、当時は悲壮感でいっぱいでしたし、インターン充の友達を見ては眠れぬ夜を送っていました。このコラムを読んで、サマーインターン全滅でも一発逆転が可能だということを知ってもらい、ぜひ本選考へ挑んでいただきたいと思います。

なお今回の話は、外銀フロントオフィスを想定しております。職種によっては事情が異なる恐れがありますので、あらかじめご了承ください。

サマーインターン全落ちでも外銀フロントオフィス内定

内定者の4割はサマーインターンに参加していなかった

皆様の中には、「サマーインターン全滅といっても、ハイスペックな経歴だから内定をゲットできたのでは?」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんので、はじめに簡単に自己紹介させてください。

【筆者の経歴】
・都内私立大学文系
・留学経験ナシ
・サークル幽霊部員
・知的なバイト経験ナシ(肉体労働オンリー)
・特技・資格ナシ
・金融知識ナシ

サマーは現内定先のインターンに応募するも面接で落選→その後、冬選考を経て無事に内定獲得!

特段際立った経歴ではないことがお分かりになったかと思います。それでは本題に参りましょう。

「外銀のサマーインターンに落ちたのですが、本選考では不利ですか?」
説明会で必ず聞かれるこの質問。実際私もこれがすごく不安でしたし、内定した今でも後輩たちから耳にタコができるくらい聞かれます。

結論から申し上げると、外銀全体の傾向としては若干不利な程度です。ただし、会社や部門によって採用方針も違うので、すべての外銀で不利になるわけではありません。例えば募集人数の非常に少ない部門では不利になる可能性が高いですが、一定数以上の採用を計画している部門(IB部門やマーケット部門)ではそれほど不利にはならないでしょう。

私が知っている範囲で言うと、フロントオフィス内定者のうち4割強は複数の外銀インターン参加者、4割がインターン不参加者(サマーインターンに落ちた人も含む)、残りが海外採用でした。このうち、サマーインターンで直接内定した人はほぼいません。

ただし、インターン参加者は冬の選考でも面接に呼ばれる確率が高いので、インターンに参加しなかった方はこの4割のパイを不特定多数の学生たちと競うことになるわけです。

エントリーシート(ES)は見た目にこだわるべし

外資系就活生の間でまことしやかに囁かれる、「インターンに落ちると本選考はESで切られる」という噂。実はこれ、外銀に関しては全く当てはまらないと言えるでしょう。

実際、ES落ち、Webテスト・テストセンター落ち、グループディスカッション(GD)・面接落ちの全てを経験をした私ですが、本選考では無事に通過していますし、ES落ちした企業に内定しております。

なので、決して諦めずにESを書いてください。そして出来るだけ多くの人にフィードバックをもらい、読みやすいESにしてください。会社にもよりますが、外銀はESであまり切らず、とりあえず面接に呼んでから選考する傾向にあります。社員は仕事で忙殺されているので、パッと見で読みやすそうなESから読んで面接に呼ぶ人を決めていきます。なので改行や句読点の位置に気を付けて綺麗な文章を心がければ、ES通過率はぐっと上がります。

下記のリンク先にあるコラムも参考にしてください。
【20卒/外資系】サマーインターンのエントリーシート(ES)で課される項目まとめ

面接では夏からの成長を見せつけろ

無事、面接に呼ばれたらもうこっちのものです。面接ではインターン落ち組はむしろ有利だと私は考えています。理由としては、以下の2点が挙げられます。

1. 応募者全体でみると就活におけるレベルがまだ低く、志望動機が粗削り

先述した通り、サマーインターンに落ちてしまった学生は、内定の枠を不特定多数の学生たちと競う必要があります。しかし彼らの中には、記念受験的な学生や日系への面接練習として外資の選考を利用している学生も多く含まれています。

こういった学生たちの志望動機は未熟なものが多く、サマーインターン応募時から準備していた学生たちに比べると応募者全体のレベルとしてはそれほど高くはありません。そのため、ある程度しっかりした志望動機があればIBではジョブまで、マーケットでは2、3次面接まで行くことはそれほど難しくはないのです。

2. インターンに参加していない分、面接官が自分に対して先入観を持っていない

サマーインターンへの参加は一見選考に有利ですが、そこでヘマをしてしまえば社員にその時の印象が残ってしまい、本選考で早々に落とされてしまうリスクが高まります。仮にグループ面接であなた以外の全員がインターン参加者だとしても、彼らの評価が特筆すべきものでない限り面接官は全員を対等に評価してくれますし、彼らの評価が低ければむしろラッキーです。面接官はインターンで能力を発揮できなかった彼らよりもあなたの可能性を見てみたいと考え、次の面接やジョブに呼んでくれるでしょう。

とはいえ、サマーインターンの面接時よりも確実に成長できていることを見せなければ無意味です。夏の時点では知識を問われることはあまりありませんし、多少失敗しても学生の初々しさとして面接官も大目に見てくれるでしょう。

しかし、冬は本番です。面接官は今後一緒に働くことのできる人間を求めているので、あなたの一挙手一投足を評価しています。金融業に関する入門書は必ず読んでおくべきですし、経済の時事問題や見通しなどもおろそかにせず、最低でも他人に説明できる程度には理解しておきましょう。

【おすすめ入門書】


まず最初に読むべき一冊。バリュエーションの方法が書いてありながら、さらっと読めます。


Excelを使ったDCF法のやり方やマルチプルの説明、マーケット部門に必要な知識も詰まった一冊。CAPMってなんだっけ?といったど忘れ防止のためにも常に持っておくと良いです。

また、なぜサマーインターンに来なかったのか聞かれることもあるので、そういった場合は「夏の時点では力不足で落とされてしまったけれど、その後必死に努力をしたので見ていただきたいです!」と宣言しておきましょう。面接官も悪い気はしないはずです。ちなみにここでの倍率は約3〜5倍です。

ジョブでは最終発表で輝け!

《IB(投資銀行)部門》
IB部門であれば、一次面接を通過すると次がジョブになります。ジョブはサマーインターンと同じ要領で行われ、指定された企業の買収提案をチームごとに発表するといった内容が一般的です。

ここで気を付けたいのがグループワークです。IB部門の場合、チームに1人は夏インターン経験者がいることが多く、彼らにワークの主導権を握られてしまう可能性が高いです。もちろん知識や経験の面では彼らの方が有利なので、バリュエーションなど複雑な計算は彼らに任せ、自分は買収ストーリーやスライド作成をするというのも手です。

ただし、最終発表はしっかりと頑張ってください。ここは社員が最も学生を見る場面なので、ワーク内容をしっかりと理解し、チームの誰よりも質問に的確に答えるべきです。ここでおすすめなのは買収ストーリーの担当です。社員からの質問も多く飛んでくるのでチャンスが多いということと、定量的な質問よりも答えやすい質問が来るからです。

グループワークでは誰よりもしっかりやっていたのに、最終発表がうまくできなかったために全く評価されなかった学生を私は何人も見ています。逆に言えば、グループワークが散々でもここで巻き返すことができれば内定獲得の可能性は限りなく上がります。ちなみにここでの倍率も3〜5倍です。

《マーケット部門》
マーケット部門では、ジョブを設けている会社と面接だけの会社があります。ジョブがある場合は事前に告知してくれることが多いので、上記のIB部門のジョブと同じような要領で臨んでください。また、デスク見学等の時間に権力のあるトレーダーやセールスの近くに座ることができたなら、恥ずかしがらずに高度な質問をして好印象を与えておくと良いでしょう。

面接だけの場合は少し厄介で、株式部門や債券部門などに分かれたうえ、さらに個人によって面接の回数も変わってきます。一回の面接で数時間取られたり、延長という名目で告知なしに面接を増やされたりもするので、それぞれの選考がどのくらいの段階に来ているのかをしっかり聞いておくと多少は気が楽になると思います。

また、なぜ株(または債券)なのか、マーケットの見通し、地頭を問われる数理問題など質問も多岐に渡ります。トレーダー志望の場合、数理能力の比重が高いので事前の勉強は不可欠だと思います。一方でセールス志望の場合は、社員との相性がすべてなので清潔感とコミュ力さえあればあとは運次第かもしれません。

他部門に関しては、ジョブが特に設けられていないので日系のように何回も面接を繰り返します。リサーチ部門などでは、深い経済知識を持っている学生も多いですが、内定者を見てみると皆が皆、専門的というわけでもありません。深い知識も大切ですが、リサーチへの情熱をアピールすることが肝心だと言えるでしょう。

面接での質問については以下のコラムも参考にしてください。

これで内定!外資系投資銀行志望者のための面接過去問183選

スーパーデーは体力勝負で乗り切れ

ジョブを通過した後はいよいよ最後の難関、「スーパーデー」です。朝から晩までひたすら部長クラス以上の社員と面談します。昼休憩で食事が出ることもありますが、食べられるかどうかは運次第でもあります。ここまでくればインターン参加者と不参加者の差はかなり小さくなり、9割は体力勝負になります。

もちろんインターン参加者の方が面接慣れしていることが多いため、事前に入念な面接練習をしておくべきですし、逆質問の内容もより専門的なものにしていくべきです。選考レポートに載っているようなベーシックな質問から、「なぜ他社じゃなくてうちなのか」「ほかに選考が進んでいる会社があるのか」「内定を出すから他社の内定をいまここで断って」等、かなり圧迫に近い質問まで念入りに訊かれます。

内定まであと一息ですが、長丁場になってくると緊張と疲労感でどうしても受け答えが雑になってしまいます。くり返しますが、スーパーデーは9割が体力勝負です。これは決して冗談ではありません。外銀に体育会系学生が多いのは、彼らがスーパーデーを乗り切れるスタミナを持っているからだと私は考えています。よほど体力に自信がある人でない限り、必ず途中でバテます。カバンにはチョコレートなどの非常食や栄養ドリンクを忍ばせ、ばれないように適宜休憩を取りつつ乗り切ってください。ここでの倍率は2倍前後です。

最後に

スーパーデーを無事に通過したら早ければ即日、遅くとも2、3日以内に内定の連絡が来ると思います。もし連絡が来なくても落ち込む必要はありません。外銀は人の入れ替わりが激しく、日本企業のように会社ごとにカラーがあります。たとえA社に合わなくてもB社で内定を獲得することもありますし、業界が狭いので将来的に転職してA社で働くこともあります。正直なところ、どの会社が合っているかはジョブに参加するまではわからないのが普通です。一つの会社にとらわれすぎず、可能な限り多くの企業に応募することが肝心です。がんばってください!
また、外資就活のコミュニティでは外銀のトピックもございます。ご参照下さい。


外資系投資銀行に受かるための対策シリーズの記事

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)