外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

絶対失敗しないエントリーシートを書くためのヒント

はじめに

就職活動も本格的にシーズン入りした頃、就活生の多くがエントリーシートの締め切りに追われ始めます。そんな中、初めに書きあげた文章を、納得がいかないまま使い回してしまっている学生も多いのではないでしょうか。

「学生時代にたいした経験をしていない」
「他の人と同じようなことしか書けない」
「団体の中で特に役職についていなかったので書きにくい」

上記のような悩みを持ちつつもどう改善すべきか分からず、ついそのまま提出してしまう…といったこともあるかと思います。
しかし、エントリーシートで応募者の大半を足きりする企業も多くある以上、ここを軽視することはできません。
そこで今回は、「1度書きあげたエントリーシートをより良いものにするためのヒント」をご紹介します。

「良い」エントリーシートにエピソードの奇抜さはいらない

ここで言う「良い」の定義は、「オリジナリティがある」ということです。
企業の人事は、何百、何千枚ものエントリーシートに目を通さなければなりません。すなわち、エピソードがよほど奇抜なもの以外は、大体が「その他大勢」に分類されてしまうということです。
「その他大勢」のエントリーシートはどれも似通った内容のため、評価の差がつけにくく、その結果、通過率も低くなってしまいます。

この「その多大勢」から脱却するために必要なのがオリジナリティです。

例えば、

「積極的にチームをリードした」

…という文章があったとします。
内容は良いですが、この書き方では具体的に何をしたのか分からないため、あまり印象に残りません。

では上記の内容をより具体的に、

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)