外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

英語でビジネスをするために必要な3つの心がけ|外資コンサルの現場から

はじめに

外資系企業や総合商社に入ったら、否が応でも英語で仕事をしていかなければなりません。
そのうえではどういった心構えが必要なのか。

外資系戦略コンサルティングファーム現役社員に、外資系企業で活躍できる英語力を身につける方法についてインタビューしました。

私は入社するまでは海外での長期滞在などの経験はなかったのですが、入社後2年半の間に複数の海外のプロジェクトに参画し、長期間多国籍なチームメンバーと共に滞在し仕事をする機会に恵まれました。

これらの海外プロジェクトの経験を通して学んだ、コンサルティングファームを始めとした外資系企業において必要とされる英語力とそれを身につける方法について、以下の3つのポイントに分けてお話ししたいと思います。

1.発言内容を全て準備しておき、ミーティングでは一番最初に喋るようにする

これまでの海外経験を通して、日本人と英語がノンネイティブの外国人との間での英語を使う際の心構えの一番の違いは積極性だと思います。

英語が母国語でない外国人の中には、多少訛りがあっても自信満々に非常に早口でしゃべる人が多くいます。私はこういった積極性を日本人も少しは見習っても良いと考えています。

海外で働いている間は、特にミーティングやディスカッションで話す際に積極性が重要になります。はじめは、海外コンサルタントの議論のスピードに圧倒されてなかなか発言の機会を見つけるだけでも大変です。

また、多くの日本人の人が英語を話せないと感じているようですが、実際には英語を話せるのに、「訛っているかも」とか「上手く話せないかも」と躊躇している人が多いのではないかと思います。

先ほども述べましたが、英語がさほど上手く喋れないノンネイティブの外国人は積極的に発言をしていますので、気後れせず話すことが大切です。一度話し始めると意外とスムーズに話せるものだったりしますので。

とは言うものの、いきなり話し始めろといわれても困ってしまうのが実情です。

ここで、私が海外のプロジェクトで実際に試みた方法をお話したいと思います。コンサルティングプロジェクトでミーティングやディスカッションを行う場合あらかじめ議題が明確に設定されています。

ですので、

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)