外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

たかがGD、されどGD【現役20卒就活生による就活日誌vol.3】

こんにちは、外資就活編集部です。

年末に向けて外銀・外コンの選考が佳境を迎え、日系の選考も始まりつつある中で、同じ就活生がいま「何を考え」「何をしているのか」気になる人も多いかと思います。
そこで連載しているのが現役の20卒就活生の就活日誌。

今回は 12/3(月)~12/15(金)の2週間。
同じ業界を志望している人も、していない人もにゃんこさんと一緒に、就職活動を乗り切りましょう。

にゃんこさん(仮名)
関東の私立大学の学部生
志望業界:金融・IT系
大学生活:オールラウンドスポーツサークルに所属。ゼミは金融系。お酒と就活は頑張っています。彼女はいません。
12月の目標:12月のコンサルの選考で力を付けて、本命の日系の選考に備える。

12/3の週の一言

日系企業のインターンシップ選考が徐々に始まってきているが、昨年末から就活を意識して動き、ある程度志望が固まったので最近はただひたすら志望動機や学生時代力を入れたこと、自己PRなどを煮詰めている。

面接練習のために数社エントリーしたので結果の連絡を待ちたい。
日系志望のニャンコはこの時期少し余裕があるが、だからこそ外資系を受けている友人たちと同レベルの対策をする事に時間を充てて、日系企業の選考に備えたい。

12/3からの一週間

12/3(月)【志望動機見直し】

この日は夕方まで講義。
授業が1コマ休講になったので、志望する業界への志望理由を詰めた。面接でどんなに突っ込まれても大丈夫なような抜かりない志望動機にしたい。

ある程度煮詰まったらその業界の企業に内定した先輩や、夏のインターンで連絡先を頂いた第一志望の社員さんに連絡して実際の面接の前に壁打ちをしたい。

12/4(火)【リクルーター面談】

この日は夏に参加した企業のリクルーター面談があった。

志望度が高いので本番の面接に備えてなぜその業界、なぜその職種、なぜその企業、なぜその部門、なぜその部署なのかを「採用側の知りたいことは何か?」という点に注意して自分なりに詰めてから臨んだため、有意義な面談にする事が出来た。

12/5(水)【ES提出】

この日は夏にインターンに参加することが叶わなかった某日系金融機関の冬インターンにエントリーした。

第一志望の業界の企業なので、持ち駒を増やすためにもどうにか冬インターンに参加したい。添削をお願いした19卒の先輩方には、夏のESより格段に良くなっているとの評価をいただいたので、自信をもって提出できた。通過を祈りながら選考結果の連絡を待ちたい。

12/6【抽選結果連絡】

先日申し込んだ1dayインターンの抽選選考結果が届いた。

夏に参加したインターンを記入する欄があったので、暗にコンサル・投資銀行のサマーインターン参加者を集めていると思っていたがそうではなかった模様…今度出す5daysのインターンの選考は今回と違ってアンケートだけではなくESの設問もあるのでしっかり練りこんでエントリーしたい。

12/7【長期インターン・飲み会】

長期インターン生として勤務する企業で業務。

業務後は引退したサークルの後輩に呼ばれて、サークルの飲み会に参加した。
就活は志望もおおかた固まってきて一時期より落ち着いてきたので、大学の友人たちとの時間も大事にしていきたい。
引退してもなお、先輩先輩と慕ってくれるのはとてもうれしいことである。

12/10の週の一言

今週は念の為受けているコンサルの選考があったためその選考の様子についてお話ししていきます。

12/10からの一週間

12/10(月)【GD①】

コンサルのGDがあった。この時期の外コンなのにあまりにGD慣れしていない人ばかりで、正直相当やりにくかった。ただこのような場面でもできる人はスムーズに進められるのだろうし力不足を感じた。基本的な考え方のステップを飛ばしている人相手にもうまく説得できるようにならなければならないと感じた。

12/11(火)【就活同期と飲み】

少し前のインターンで一緒だった人たちと飲み。バックグラウンドが違う人だったり、高校の頃から起業をしていたり、1年の頃から長期インターンをしていたりと自分よりもすごい人たちばかり。刺激になったので明日からまた頑張ろうと思う。今日は飲みすぎたので頑張らない。

12/12(水)【GD②】

比較的少人数のGD。ここは夏に参加したインターンをES提出の際に書かされていたので、ある程度グループ分けで調整がされていたような気がする。

他の外銀志望者の知り合いと同じグループになったが、資金周りのことばかり気にしていたり外銀感が出すぎていた気がしていて案の定落ちていた。自分の受けている業界以外のところを受ける場合にはマインドセットを合わせなければならないと感じた。

12/13(木)【GD①結果連絡】

やはりダメだった。全くといって議論を回すことができなかったので当然。反省して日経新聞を読み漁って参考になりそうなものを探す。

12/14(金)【GD②結果連絡】

こちらは通っていました。グループのアウトプットの質はあまり高くはならなかったが(自分にも責任がある)、自分がそう考えるのに至った過程をしっかり周囲に提示していたのを面接官も評価してくれたのかもしれない。

編集部より

第一志望の企業に受からなかった場合を想定して、コンサルを受けていたのはとてもよい選択でしたね。年始からは日系の選考も本格化し、内定を持っているのと持っていないのでは大きな差が生まれます。

リスクヘッジでも他業界を受けておくことは、内定を貰えれば心の安定、またGDや面接の練習にもなるのでオススメです。

冬から日系にシフトするのは不安、といった方もいるかも知れません。
そんな方は3年冬から本格開始でゴールドマンIBD・戦コン・5大商社内定を完全制覇!類を見ない天才就活生が語る選考突破術【19卒トップ就活生が語る⑨】をぜひ読んでみてくださいね。

再来週もお楽しみに!

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


目次

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)